05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自主規制という名の逃避

水曜日に外来に行ってケモして、当日に気持ち悪くなって、次の日の昼間には腹痛が出ました。

う~ん、この前の腹痛の犯人はリリカじゃなくて、イリノテカンの容疑が濃くなってきたな(--;)

おかげで食欲ダダ減り。(んな言葉あるのか?)

またもや体重最低値更新!


んで、昨日切れました。

もうやだ。

イリノテカンだかなんだか知らないけれど、こんだけ苦しいのに、なんでさらに抗がん剤飲まなきゃいけないの!?

いやだ、いやだ、いやだぁぁぁぁ~~~!!

ってことで、昨日から現在に至るまで、自主的休薬。(自主規制)

痛み止めだけ、飲んでます。

そしたら徐々に気力復活。

多分に思い込みが作用しているとは思われますが、それでもその前までとは身も心も違う感じ。

抗がん剤を飲まないことに対しての罪悪感はあったんだけど、でもそれを振り切って飲まなかっただけのメリットを感じられました。

もうちょっと気力が復活したら(甘えてるんじゃねぇ!と、自分に活を入れることができたら)ゼローダ復活するとは思いますが、今はもうちょっと自分を甘やかせていたいと思います。

治療からの逃避、と言われれば「その通りです」としか答えられませんが(その答え方が既に開き直ってる?)、自分を守るための緊急避難だと思うことにしました。

おかげさまで、リンゴもクッキーもおいしく食べてます。
私にとって、こんなことが大切なのかも・・・
スポンサーサイト

No title

harusameさん
本当はイケないのかも知れなませんが、リンゴやクッキーを美味しそうにつまむharusameさんを想像して嬉しいです。
食べないと気力が湧きませんよね〜。
時には自分を甘やかしたり叱咤したり。
しぶとく、ご一緒に。

No title

いやいや、これは正しい判断ですよ。

抗がん剤服用で危機感を感じる辛さがあれば、自己判断でストップ。
それができるから、私達ここまでこれたんじゃないですか。

絶対自分を甘やかしてるのではないですよ。
無理しても誰も責任取ってくれないもの。

毎日楽しく生きてなんぼ!
頑張る体力温存してなんぼ!

全面支持♪

私も全面支持!

辛いのに、抗がん剤服用には疑問を感じます。
体力・気力は本当に大切!
それらを保つために、食欲(食べる力)はもっと大切!

harusameさん ファイト!!

No title

全然アリですね。
服用薬との両天秤なら私でも同じく“美味しく食べる”を選択すると思います。
(服用薬に大きな効果があると信じていないだけですが)

頑張らないで頑張る

私も全面支持です。
治療を受けないとご家族が心配されるかもしれませんが、
辛さが分かるのは自分だけですもん。
お医者さんが検査したって辛いのは分からないですよ。
何のために生きるかと言ったら、美味しい物食べるためでしょう~^^;
何よりもharusameさん自身が一番分かってるじゃないですか。
ブログのタイトル通りですよ^^b

ゼローダのメリットは自主規制できること。そのメリットは最大限に使っていいと思います。
私も服用を下痢がひどい時は飛ばしてました。
不思議と飛ばすことで、気持ちと体が楽になって、また前向きになれたと思います。

☆ゆうゆさん

>しぶとく、ご一緒に。
うふふ、そう言っていただけると嬉しいです。
なんだか最近は我ながら弱ってきてるな~って感じがして、イマイチ治療に積極的になれないでいます。
弱体化させている原因が、病気なのか、治療なのか、悩んでしまう。
まぁ、ここまで来たんだからジタバタしながら、しぶとく頑張りたいと思います。
どうぞ、ご一緒に♪

☆にゃんこさん

にゃんこさん、全面支持ありがとうございます(^^)

実際問題として、本当に耐えられないのか?となると、もし若いころだったら(笑)耐えていたかもしれない・・・という気もするのですが、年寄りになった図太さでわがまましてみました。

>無理しても誰も責任取ってくれないもの。

わはは、本当、そうですね。
無理して得るリターンと、それをしないリスク。秤にかけて選ぶのは自分。
自主休薬、気分が良くて、癖になりそうなのが怖いです(笑)

☆yamaさん

元気の出るエール、ありがとうございます。

すごい大雑把なんだけど、実は小心者な私(笑)
みなさまから暖かい支持をいただけて、ほっとしています。(叱られるかも~って内心ビクビクしてますから(笑))

でも、辛いからってすべて逃げればOKというものでもないのが難しいところですね。
折り合いをつけながら、手探りで進んでいきたいと思います。

☆毒遊さん

全然アリ、ありがとうございます(^^)

いや~もう、本当に頑張って治療をされている患者さんたちには聞かせられないセリフですが、突然もういやんなっちゃいました。(なんじゃそりゃ!?)
気力体力諸々、自分で「こんなんいやじゃ~!」って暴発。
ゼローダさんは、一応数カ月マーカー数値を下落させてくれるくらいの優秀な子だから効果はあると思うのですが、いろいろと重なって一番損な役回りを引き当ててしまったって感じです。
逃げてばかりじゃ仕方ないから、そろそろ「じゃ、どうするか」を考えてみようと思っています。

☆ATSUさん

>何のために生きるかと言ったら、美味しい物食べるためでしょう~^^;

わはは、言い切ってくださってありがとうございます!
そうですよね~。美味しいもの食べたり、楽しいことしたり、そういう事のために生きたいものです。

家族から見た、今回の自主規制。確かに治療を止めることに対しての心配はあったようですが、実際飲まないでいる状態の私を見て「こんなに違うんだ」と思ったそうです。(元気そうらしいです。)
そういう意味でも、悪くない自主休薬だったと思います。

☆mockさん

まだ左斜め前向きくらい(笑)ですが、完全な後ろ向きから徐々に戻ってきたように感じます。(斜め前だけど)
経口薬のメリット、確かにそうですね。点滴で入れちゃったら、どうにもこうにもできませんものね。
少しずつでも前を向けるように、頑張っていきたいと思います。
ありがとうございました。
Secret

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。