10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2番目のお医者さん

平成19年4月6日

そんな訳で金曜日なら外来に居ると言う先生を訪ねるべく、金曜日にS医大病院を訪れました。
普通午前中が初診外来受付らしいのですが、その先生は午後に来て欲しいと言っていたので、その旨電話連絡して午後に行ったのですが、受付け後、診察室でお会いしたのは別の先生。
「今、彼は内視鏡の方に入っているので私でいいでしょうか?」と尋ねられて「嫌です」と言える人はどのくらい居るのでしょう?
まぁ、感じのよい先生で、一通りの話をして内視鏡の予約を入れてくれました。
「内視鏡は○先生がやると思いますよ。」
そりゃそうだろう。でなきゃ、ここまで来た意味が無い、と内心呟く私。
帰りにまたしても腸清浄剤と下剤を渡されて帰宅。

そしてまた3週間後、今度は病院でニフレックスを飲む私。
この病院では午前中に大腸関係の患者を集めて、みんなでニフレックスを飲むと言うスタイル。ヘンなの~。
でも、一人黙々と飲むよりはいいかな?
ニフレックスを飲んで、動かないと便意が来ないと看護婦さんに言われて、みんな紙コップで一杯飲んでは院内ツアーに出発。
一回りしてトイレに寄って、また一杯のみに部屋に帰って来て・・・を何度繰り返したことか。
お昼前には、とりあえずそこそこ検査が受けられる状態になったんで、外の椅子で検査の順番を待つ体制に。
その時に他の方々といろんなお話をさせていただいたんですが、受け持った先生によって、ケアと言いましょうか、検査前の過ごし方とか、検査後の過ごし方とか、そんな注意事項をきちんと話をされてる人と全然話しをされてない私、なんてのがはっきりしてきちゃって、結構な不信感(病院&○先生に対してね)

不信感はもっていても、ここまで準備しちゃったんだからもう後は取る物取って貰って、スッキリするぞ!と気分を切り替えて、いざ検査室へ。
そしたら・・・あら?○先生じゃないじゃない。
一番最初の検査の資料を見ながら「これを取れってか」なんて呟いてるけど・・・取ってくれるんでしょうね?
不安は的中して、検査はメチャクチャ痛いし、結果としては取れないし、検査終了後は体調メチャ悪(--;;;)
会計が自動会計なんだけど、検査を受ける前にいくらくらいかかるのか心配だったんで電話で内視鏡検査にかかる費用を聞いてきたんだけど、その時は1~2万との事だったのに、実際には4万近く請求されるし・・・でも、その時はもう気持ち悪くて、すぐにでも病院を逃げ出したい気持ちで一杯でさっさと支払って出てきちゃいました。


後日、やっぱり納得行かなくて領収書をよく見たらなにやら手術等に点数が加算されている様子。
S医大病院に電話で聞いてみたら「止血術をしたと書いてあります」だそうです。
でも、もちろん下血は止まって居らず、ポリープ(と思っていた)もそのまま。
結果を聞きにいく予約は入っていたけれど、もう二度と行きたくなかったんで、別の病院を捜すことにしました。
こんなのもセカンドオピニオンというのでしょうか??
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。