09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護保険を申請してきた


ガンになってから結構時間がたっているけれど、介護保険のことに関して話をしてくれたのはここ最近、緩和ケアの話を持ち出してから。

N大病院では「がん相談支援センター」という部署があって、そこに相談に行ったときに初めて介護保険の話題が出た。

もうご存知の方も多いと思うけれど、介護保険は65歳以上の「要介護認定」を受けた方がサービスを受けられる。
そのほか、40歳以上で特定疾病が原因で「要介護認定」を受けた場合サービスを利用できる制度だ。

しかし、現在普通の家庭内での生活には支障がない状態な私。

これで介護保険の認定が通るのか?

私の住む地区では、某特老施設が申請窓口になっており、自分で申請しに来た私のようなケースは初めてらしく、ちょっと戸惑っておられた様子。

申請を受けると、区から職員の方が訪問調査に来たり、主治医に意見書を出してもらったりして「認定に足る」と判断されれれば「認定」となり、その後介護の度合いに応じて、ケアプランを作ってもらい・・・という形式。

「2,3週間の間に、訪問調査のご連絡がいくと思います」と申請を受け付けてくれた施設の方は言っていたけど、今日の今日!電話着ました(笑)
で、明日訪問。
いったい何が聞かれるのやら?わからないけど、終わったら報告しますね。(いらんと言わんといて~)

一応小冊子をいただいてきたのだけれど、基本ご老人のケースが多いので、少数派の特定疾病の申請についてはあまり記載がないので、うむむ・・・という感じ。

在宅での緩和を考えている私にとって必要になるのは、訪問介護などの在宅サービスなのかなぁ。。。
スポンサーサイト

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

☆鍵コメさま

コメントありがとうございます。
そんなに長くお付き合いいただいているとは感激です!
そしてありがたいご意見をいただき、感謝です。
患者という立場で、これでもいろいろ考えて頑張っているつもりですが、なにぶん一歩先に進めばまた何も知らない新境地!という事象が出てくる、出てくる・・・
これからもアドバイスいただければ幸いです。
最後になってしまいましたが、お姉さまのご逝去、心よりお悔やみ申し上げます。

>終わったら報告しますね
お待ちしておりますぞ。
この申請も訪問介護もタイミングが難しいですね。

☆にゃんこさん

先ほど記事アップいたしました。
>この申請も訪問介護もタイミングが難しいですね。
本当、そうですね。記事にも書きましたが、申請したときの状況での認定になるので、本当に介護が必要になったときにはその認定基準では足りない部分が出てくると思われます。
その時に再申請するのと、その時を待って保険認定の申請を出すのと、どちらがいいのだろう?と考えてしまいます。ある意味、二度手間になりますからね~。(再申請の場合)
Secret

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。