06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日は・・・

明日は待ちに待った、緩和ケア病棟のある病院の面談日。

こう言うと「すっごく楽しみにしていた」って感じですが、そうではなく、面談予約の電話をかけてから実際の面談までずいぶん待たされた!って意味です。

だって、電話をしたのが4月18日。・・・ね、待たされたでしょ?(普通なのか?)

緩和ケアを必要としている人って、それなりにせっぱつまってる人が多いと思うんだけど、こんなに待たせられてる間に何かあったらどうすんの?と思ってしまう。

まぁ、それを回避すべく(?)医療情報提供をお願いする病院に対して「入院手続きが完了するまで、貴病院での治療を続行してください」ってな文言が文書に載っていました。(医師に記載をお願いする書類)
それが出来ないなら、受け入れないよって感じです。

本来緩和ケアは治療と同時進行していくべき、と最近では言われています。
つまりバトンタッチではなく、治療とケアの二足のわらじって感じでしょうか。

そうすると二つの病院で連携しつつ・・・というのが本来の姿なのでしょうが、私的には「N大病院・卒業」と思っているので、この辺どうしようかと思っています。

まぁ、なんとかなるでしょう。(何とかするしかないとも言う)



スポンサーサイト

母さん、だいぶ前から緩和ケアすすめられてましたが、勉強不足で緩和イコール治療無しだと思い、断りつづけました、もっと早めに移行してたら辛い治療せずにすんだのかな ?
楽で長生きがいいよね !

☆あんぱん父さん

緩和ケアの考え方、ここ数年でずいぶん変わってきたのではないでしょうか。
今でも建前としては「治療と並列して・・・」ですが、実際問題として同じ病院内に緩和ケアがない場合は二つの病院を掛け持ちしなきゃならないわけで、その体力・気力が患者にあるか!?というところもポイントだと思います。
Secret

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。