05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FOLFIRI36回目

予定通り、本日外来行ってまいりました。

いつも通り「にやり」という笑顔と「できるよ」って言葉でお出迎え(笑)

今日はちょっといくつかお話したいことが…と言って、先生の前に座り込む。

まず、緩和ケアを頼もうと思っている病院に対しての医療情報提供書の作成依頼。
これは3月に予定しているCTの結果も盛り込んでほしいので、その旨よろしく!ということを伝えました。

それに付随して、そちらの病院にシフトするのに際し「そっちに行くなら、こっちは終わりね」って感じになるのか、それとも、何かしら治療を続けつつ、そちらを両立(?)していくのは可能なのか。

答えとしては「両立可」
ただ、そちらの病院ではここで行っているレベルの治療をすることは無理だと思うと言われました。

まぁ、そりゃそうだろうね。かたや「がん拠点病院」に指定されている病院。かたや「診療所」ですから。

で、この先の治療として、なにか考えられるものはありますかね?との質問に

「ベクティビクスが最有力候補。でも、harusameさんのQOLの考え方と照らし合わせるとNGでしょ?」

はい、NGです。

「そうなると、あとは最近認可された…えっと」

スチバーガーですか?

「そう、それ。でもそれもベクティと同系列だから、副作用も同じ感じが報告されてる。酷い人になると歩けなくなって車イスになるという話も聞いた。それもNGだよね。」

NGっすね。

「そうなると、オキサリプラチン系はダメなharusameさんには、薬的には提示できる治療法は…今のところないんだ」

薬的には…ってことは、それ以外はあるんですか?

「…いや、難しいかな」


つまり、この先マーカーがうなぎ上りになってきたらそれが年貢の納め時と考えたほうが良いようです。

それを待つまでもなく、ほかの要素で治療続行が難しくなることもあり得るし。


それから、発熱しやすくなったという話をして、発熱をロキソニンで抑えている状態でケモって平気?って話をしたら

「それは毎回の血液検査の結果で出てくる炎症反応とかの数値を確認して大丈夫だと判断してから治療できますよって話をしているから大丈夫」とのこと。

ちょっと安心。

ただ、発熱に関しては「腫瘍熱」というのがあって、それが出てくる可能性もあるという話。

腫瘍熱に関しては、もう少し元気になってから調べてみようと思うけど、まぁ読んで字の通り「腫瘍があるから出る熱」なんだろうと思っておくことにする。

この腫瘍熱だった場合、悪化すると黄疸が出たりの症状も出てくるらしい。

主治医的には「今のところ、そこまで悪化している風ではない」そうだ。



そして、なんと3月でこの口の悪い(笑)主治医、退職されるそうです。

思わず「え!異動?違う?開業?違う?実家に戻る!?」などと変なことを口走りましたが、やはり主治医変更は何度やっても慣れませぬ。

次回はCT結果も聞くことにもなるし、旦那さん連れて、あいさつ兼ねて行こうと思っています。



そうそう、ケモ服。ケモ室では大絶賛してもらえました(^0^)

ポスター作ったらケモ室に貼ってくれるって。

目指せ、病院内内職!!(笑)
スポンサーサイト

No title

スチバーガの副作用、2つの病院の両立、とても参考になりました。

主治医殿、退職後は他の病院勤務ってことかしら?

ケモ後のお体、大事に、ゆっくり休んでくださいね。

☆にゃんこさん

副作用の話も、病院の両立もあくまで「主治医の私見」なんですけどね。
しかし腹を割って話をしただけあり「QOL重視!」の私の立場に立ってくれてのぶっちゃけ意見だと思います。

主治医の行方、にやりと笑いつつ「まぁ、いろいろと考えるところがあるわけで」なんて煙に巻かれてしまいそうです。燃え尽き症候群って訳じゃないだろうしなぁ…

No title

・・・・・・・・・・・・・・コシノハルサメ !

☆あんぱん父さん

・・・???
わからないわん!!

No title

コシノジュンコだよ !

☆あんぱん父さん

そか~!寒梅のほうかと思ったよ。
体型が一升瓶とか!?
Secret

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。