09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛み(結構暗いです。NGな方はスルーよろしく)

今日から関東、暑くなるようですね。

日中の水分補給に気を付けて(夜間もか)熱中症にならないようにしましょう~。

投与から1週間たち、体調は「なんとなくダルイけど、まぁ普通」程度には復活してきました。

昨日は12本あった虫歯の最後の治療!いや~長かった。最後の2本の治療でかぶせモノを仕上げるまでの間「仮止め」的な保護材?で歯の周りを覆っていたのですが、これとの相性が悪くて、口内炎に泣きました。
まぁ、それも昨日まで!無事に治療を終えたので、あとは口の中の痛い所が治っていけば問題なしです。

さて、痛み。

口内炎も痛かったのですが、ここのところずっと右肩が痛い(--;)

でも、これって結構前からの痛みで、最初のころは右が痛かったり、左が痛かったり、両方痛かったり。
なので「神経痛的なもの?」と思っておりました。

一応主治医に話をしたら、ロキソニンと神経痛系の痛みどめを処方してくれたので、痛くなったらそれで対処という感じでいたんだけど、これが痛くなったら→結構常時痛い。になってきた。

それでも1日3回、食後に薬を飲むことで紛らわす事が出来る程度なんですけどね。

転移再発部分は今のところ肝臓と胸。だとしたら肩の痛みは神経痛or年の所為(笑)と思っていました。




昨夜から読み始めた、石田衣良さんの「北斗」

まだ最後まで読み終わっていませんが、正直「なんでこんな時間に読み始めちゃったんだろう」ってくらい、怖くて暗い話。
怖くて、なんとか救いのある話になるまで読むのが止められない。
怖い所で止めると、夢に出てきそう(笑)

そんなんで、ずるずると読み続けているうちに、登場人物が癌に罹患するのですよ。

その人が病院に行くまでの経過で「なんだか、右肩が凝っちゃった。このところずっと肩が痛くて・・・」「すっごくだるくて、右肩の痛みも抜けないし・・・」と。
その人はその後体調を崩したので病院に行き、そこで精密検査を勧められて大学病院に行き、ガンが発見され・・・という感じなんですが、その人のその時点での所見が「肝臓内の太い血管に近い部分に出来て(中略)ご本人から、強い脱力感や右肩の痛みを聞いていますが・・・」

あ、あれ?似てね?

もちろん小説はフィクションです。

でも、フィクションを支えるのは、取材をもとにしたリアリティー。

そうなのか・・・右肩の痛みって、肝臓のブツと関係あるのか。

もちろん主治医はそう言っていません。ってか、あまり重要視されてない(^^;)まぁ、最近突然出てきた症状という訳ではないから、仕方ないのか。


ガン患者の私の頭の中には、どこかに「ガン=痛み」という恐れがあります。
なので、ちょこっと普段と違う痛みがあると「これって」とビビったりしています。
で、外来時や検査の時に一応こんな痛みがあるんですけど・・・と訴えてみて、主治医や検査結果から「それはガンとは関係ないね」と言われると、ホッとしたりします。

ところが今回、まったく予想もしていなかった方向からグッサリやられた気分。

もちろん小説が悪い訳、ありません。

そしてこの痛みがガンと関係すると確定した訳ではありません。

そう思う一方で、なんかの力が(人はそれを神様と言うのか?)「こういう事もあるんだよ」と耳元で囁いているような気もしなくはなかったりします。


まぁ、だからと言って打つ手もないし(笑)何も変わらないんですけどね!
ちょこっと根性を入れなきゃ!と改めて思うだけです!!

スポンサーサイト

小説、小説・・・・・・ケツの痛みが癌だった、じゃ誰が本買う ?
・・・・・・・・・んっ、俺じゃん !

本といいTVドラマといい、癌患者出てくるとどうしても自分と重ねて考えちゃいますよね(T_T)

あ、でも私の義母もお裁縫、編み物大好きな人なんですけど、やっぱりしょっちゅう肩が痛い肩が痛いと言ってますよ。きっとharusameさんも癌とは関係ない痛みであるよう、願ってます。

全然暗くなんかありませんよ~
「痛み」に対する不安感と恐怖はもれなくついてくるので(-_-;)。
私的にはお薬でできるだけ解決ことを信じようとしてます。
痛みを取ることは治療と同じくらい大事なことだと思っているので、このあたりもこれから情報交換よろしくです<(_ _)>

この病を抱えた以上、痛みは出るもんと、腹を括りました(あ、ガンだけじゃなく抗がん剤で体痛めてますもん)。
常時痛みがあるときは、痛くなる前に鎮痛処方がいいのでしょうね。〇時間おきとか。

☆あんぱん父さん

ケツの痛み(^m^;)
まぁ、この本、癌がメインテーマではないので、そういう目的で購入する人はいないとは思いますわ。
まぁ、真実は小説よりも奇なり…とも申しますけどね。

☆えだまめんさん

フィクションの話なのに、実際の自分の闘病生活と比べて「いや、そこおかしいからっ!」って突っ込み入れたりして(笑)
肩凝り、どうなんでしょうね~?
今のところ、薬でやり過ごせてます。この程度なら我慢できるんだけどな・・・

☆にゃんこさん

北斗、読了いたしました。いや~、重たかった。
暗くないと言っていただけて、ちょこっと安堵。
痛みってやはり身体的にも、メンタル的にも重要項目ですよね。
すでに私の緩和ケアは始まっているんだ!とか思っています。
こちらこそ、これからもよろしくお願い致します。

☆mockさん

そうですね、痛みの一つや二つ、出ない方が不思議?
>常時痛みがあるときは、痛くなる前に鎮痛処方がいいのでしょうね

そうなんですか!ご利用は計画的にってやつですね。
どうもギリギリまで自分と我慢比べしてしまう所があるので、考え方を改めねば。

ぎゃーー

読んでしまいました^^;

まさしく私も肩とゆーか、両腕が時々痛みます。
(痛みはごく軽度)
しかも肝転移あり 。

画像上では問題無いし、主治医も特に何も言わないし、この痛み?は、エルプラットによる後遺症だと思い込んでいます。

ホントは、「これだ!」っていうハッキリとした原因を知りたいですけどね。

肝転移が原因で痛むとか、怖いですけど・・・参考までに覚えておきます(ノ_<)

私はエアコンや扇風機による冷えで、痛みが出ているような気がします。

☆ミラさん

読~ん~だ~なぁ~~~(わはは)

まぁ、二足歩行している動物ですから、肩こりは宿命なのでしょうが、ちょこっとビビりました。

>ホントは、「これだ!」っていうハッキリとした原因を知りたいですけどね。

そうですね~。でも、きっと医師でもハッキリと「これだ!」って言い切ることはできないでしょうね。
ただ「冷やすと痛みは酷くなる」っていうのは、私も同感。やはり冷えは大敵のようです。でも、この暑さ…他を冷やして患部を冷やさず!って感じで頑張りましょう。・・・しかし暑い(--;)

僕も最近首の後ろから後頭部が痛いです。これってもしや?また⁈なんて思ってしまうところあります。
明後日診察だから聞いてみようと思ってますが、多分『関係ない(無愛想)』のひとことのような…(^^;;
勘ぐってしまうのは、もう宿命ですね。
僕も昨日、久々に小説買いました。真夏の読書に突入します(^^)

☆京さん

本当、痛みはつい「これって・・・」と考えてしまって嫌ですよね。
そして『関係ない(無愛想)』に思わず笑ってしまいました。無愛想タイプの主治医さんなんですね。
小説を買われたとの事、何かな~?面白かったら教えてくださいね。

1ヶ月くらい前からお尻(肛門~尾骨)に鈍痛を感じ「痔か?肛門科受診しなきゃ」と思ってたら、定期のCTで肛門から12cmあたりの直腸の外側に直径2cm程の怪しげな影。痛みの原因はこいつらしく、先週末にPET-CT、今週末にMRIですが、主治医の所見は“再発の可能性が高い”でした。
もともとステージIVなので、さほど驚きませんでしたが、「また点滴の抗癌剤か」と思うと、ちょっと凹みますorz

☆毒遊さん

再発の可能性が高い…主治医の所見、凹みますね。
素人考えでは、ブツがそこだけであれば手術で取りされるのでは!?とか思ってしまいますが。
それよりなにより、怪しげな影が消えてしまう事を祈ります!
Secret

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。