05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大腸内視鏡検査

嫌じゃ、嫌じゃと言いながらも逃げ切る事が出来ずに受けることになりました、大腸内視鏡検査。

私のブログにお運びいただいている皆様ならば、すでに経験されてる方が多いとは思いますが、嫌な検査ですよね・・・・

まず、3日前から病院によっては「低残滓食」なるものが処方され、食事をこれにします。
気分はカロリーメイトかダイエットフード?って感じ。
ですが、私が今通っている病院では、普段の食事を前日までオッケーって事になってます。
但し、大量のゴマや海藻類など、腸壁の敵(?)になりそうなものは控えましょうって感じ。

そして検査前日の夜、下剤を飲む訳ですが「クエン酸マグネシウム」…もう、名前見ただけで酸っぱそう!
そう、酸っぱいんです。この粉末を150ccの水に溶かして飲むのですが、じたばたしたくなる位酸っぱい。
でもこれはまぁ、瞬間我慢すれば大丈夫。150ccだしね。
これのおかげで、検査日の朝までにお腹の中は固形物ほぼ空っぽ状態。

そして、検査当日。検査室に行って、2Lの腸洗浄剤を飲む。
悪名高い(笑)ニフレックですね。相変わらず不味かったですが、今回は初めてストローを持って参戦。
気持ち、飲みやすいかな~?って感じました。でもやっぱり1.5Lでギブアップでしたけど(^^;;)
10時に検査室に入り、1時過ぎまで頑張ったのですが限界で心の中で白旗を上げている私に看護師さんが気付いてくれたのか、そこでとりあえず釈放?解放?してくれました。

2L近くの水分を飲みながら、腸で吸収される事はないため、結構ヘロヘロってかダルダル。
軽い脱水症状のようです。
「水・麦茶・お茶なら飲んでいいですよ」と許可をとり、自販機へ。
でも、さっきまで「飲んだら出す」をしていたので、腸の方も突然モード変更できないらしく、お茶を二口飲んでは「トイレに行け」という指令を出してくる。
もうおばちゃん、疲れたよ~。と言いつつ、トイレ行脚。

昨日は検査室大繁盛(?)だったようで、私に検査の順番が回ってきたのは3時過ぎくらい。
一緒にニフレック飲んだおじさんは、お隣のブースのようで、声が聞こえてくる。
お隣は検査技師もお喋り好き(?)なようで、会話が続いているようだけど、こっちは無口バージョン。必要なこと以外はお喋りしませんって感じ。
我慢強い患者(笑)と、無口な技師の組み合わせの私たちブースは粛々と作業を進めていったのだけれど、何度も開腹手術をしている私の腸、案外手強い様子。
技師の言葉を借りるなら「曲がりが強くて、捻じれてて、最後の辺は丸まっちゃっててにっちもさっちも…」だそうな。
丸まってる腸って、どんなんや!?
上を向いたり横を向いたり足を組んだりお腹を押さえたり深呼吸をしたり、もう言われるがままに協力したけど、最後まで辿り着くまでか~な~り時間がかかりました。

基本的に、内視鏡カメラを腸の先(でいいのか?)までまず入れて、引き出しつつ腸内を観察してくるっていうのが検査の流れのようで、まず入れなきゃ話は始まらない。
前半、お隣からは「痛い」とか「うぐっ」ってな声が聞こえて「頑張りましょうね~」って技師の声が聞こえたりして、内心「お、こっちの方が早く終わるかも?」なんて思っていたのだけれど、終盤手こずってる間にお隣からは「はい、最後まで入りましたからね~。」と聞こえてきて、ああ、抜かされたと(笑)

まぁ、それはいいとして、技師と患者、両者の協力のもとなんとか最後までカメラが入り、観察しつつ戻り始めます。
腸内に特に目立つポリープ等はない様子。ただ所々腸壁が赤い。
「ちょっと赤いですね。出血・・・かなぁ。下血があったんですよね、どんな感じでした?」
大量という訳ではないけど、出血が続いたので・・・と答えると「赤かった?黒い感じ?」と重ねて質問。
黒いという感じではなかったですね。(出血部位が奥の場合、黒く見える場合が多い)
何か原因とかあるんですかね?(出血の)と聞くと、化学療法を続けていると、腸壁とかも出血しやすくなったりってのはあるらしいとの返答。カメラを入れるのに苦労したから、その時に傷がついたとも考えられるって。

手術後のラインを「ここがそうですね」とモニターで見せてもらい、その部分も異常なしを確認。

そして最後の辺で・・・痔がありますね。

は?

痔・・・ですね。うん。

痔・・・ですか。


腸内にざっと見たところ「これはやばそうだ」という部位はなかったので(あくまで私の私見)下血の原因は「痔」ということになりそうです。

結果としては(まだ正確に出た訳じゃないけど)痔でよかったじゃない~って感じですけど…感じですけどっ!
だったらもっと簡単な何かで分かったんじゃない!?と思ったりして。

想定以上に検査に時間がかかり、想像以上に体力を消費していたようで、帰り道は坂道の度に休憩を入れつつテロテロ帰ってきました。
内視鏡検査、楽勝だと思っていたのにな~。それとも検査の問題ではなくて、私の体力が落ちてるってことなんだろうか?

とりあえず、一晩寝て起きたら普通な感じに戻っていたんで一安心です。

しかし、なんか大騒ぎして検査して、痔・・・


もう二度と大腸内視鏡検査なんてうけね~ぞ!と思ったharusameでした。
スポンサーサイト

本当にお疲れ様でした。
結果がよくてなによりです!
harusame さんとこの病院も眠らせたりしないスパルタ方式か~。
腸の形状って人それぞれなんですね、生まれつきで、ねじれを後天的に治すことは難しいらしい。
検査クリアするとほっとしますね(^_^)v

☆にゃんこさん

結果、まだ正式に無罪放免って訳じゃないんですけどね(^^;)
でも、下血の原因が分かってホッとしました。
そしてスパルタ方式!思わず笑っちゃいました。
病院によっては半分眠ったような状態で検査をするところもあると言いますもんね。
うん、めっちゃスパルタ(笑)
でも、あっち向け、こっち向け、足を組め、腹を押さえろという注文はその意識レベルでは無理ですからね~。わははは。

No title

harusameさん、お疲れ様でした。

私の病院もスパルタ方式で、同じく何度も開腹手術している私の腸はありえない場所(胃に近い、上部に移動してました)に入り込んでました。

そのときの検査は主治医Bちゃん自らやってくれたこともあり、安心感があったのですが、やっぱりそこを通るときは痛かった~。

すべての病院でスパルタ方式廃止にしてほしいですね。

☆舞羅。さん

わはは、舞羅。さんの腸もありえない場所でありえない状態でしたか~!
そんな状態の腸を持っている私たち、脱スパルタな検査を希望したい所ですが、あの検査、結構リスクがあるものですから「患者が訴える痛み」というのは大事なようです。痛みがあるという事は、そこで無理をするとエライ事になるという警告音のようなものなのでしょうね。
舞羅。さんの主治医殿は内視鏡検査も自らやるのですね!
うちは大学病院の所為か、まったくの分担。今回の技師さんも、わっか~い先生でしたわ(^-^;)

No title

下剤2リットルも家で飲んで病院ではうん○の写真で確認検査でした。
最初先生優しかったんだよぉ~途中から(しまったの独り言)・・・予想以上に腸が長くあっち向け、こっち向け・・・違う、ダメ、性格かわりやがった、最期にお疲れ様と言われたが先生が疲れ切ってた・・・今度はA先生にごねよう。

No title

大変だったご様子、お、お疲れさまでした。
問題なしのようでよかったです。
大腸内視鏡検査なんてやりたいヤツいませんよねー。

スパルタ方式(笑)うちもそうです。
「はい、一緒に見ましょうねー。」って一緒に見ながらやりますね。
やっぱり眠っちゃうと「痛い!」って言えないからダメだそうです。
何かちょっと腸に食べたものが残ってたときがあって恥ずかしかったです(^^;)

こんにちは
はじめまして

直腸がんで毎年内視鏡してます

私は毎回、あまりニフレックを飲まずに済んでます
(200ccくらい)

まず検査1週間前くらいから自主的に食事制限します
ゼリーとか豆腐やスープだけにして固形物は控える

前日に下剤服用

当日ニフレックを少し飲んで、2回くらいトイレに行くと看護師さんからOK出ます

個人差はると思いますが、是非お試しあれ


それと、検査は技師の腕でかなり苦痛が変わる見たいです
私の場合、検査も痛くないです
普通に会話が出来るくらいです

まあこれは簡単には変えられませんが…

☆あんぱん父さん

自宅で飲んで写真確認・・・いいですねぇ。別に病院で飲む必要ってないですよね。(まぁ、自宅だと誘惑が多そうですが)
先生も人の子。想定外に大変な患者にあたると「しまった」って思うんでしょうね(笑)
ごねてA先生がやってくれるなら、ごね得かも~。

☆ryuryuさん

大腸内視鏡検査が好き…聞いたことないですよね(^-^;)
まぁ、諸々の検査も好きだという人はいないと思うけど。
主治医に「ニフレックがアレですよね~。どうにかなりませんか、あれ?」ってぼやいたら「でも、あれやらないで“見えない”って言われたら元も子もないから」って。
そりゃ~分かるんですけどね。もうちょっと患者負担の少ない検査になってくれると嬉しいですよね。

☆のの人さん

はじめまして。コメントありがとうございます。
200ccのニフレックでOKですか!素晴らしい。のの人さんの事前努力も素晴らしいですが、状況をきちんとみてOKを出してくれる病院側も素晴らしいと思います。
うちの病院だと、どん!と2L出して、1時間後くらいにどれ位飲めたか見にきて、頑張ってね~って感じです。トイレの回数だって、2時間経過後に「何回位いった?」って聞かれたのが最初。まぁ、大人数の患者を抱えてるのできめ細かいフォローって難しいのかもしれませんが、のの人さんの病院の様な所の話を聞くと、羨ましくなってしまいます。
検査自体は、上手だと思います。すっごい下手な人(病院)の検査も受けた事があるので(爆)そこは分かりますね~。

私も毎回「大腸に再発より私の場合他で再発か転移でしょう?やらなくて良くないですか?」と回避しようとしても、「いや、ガイドラインで2〜3年に一度は検査するように決まってるからね。」と諭されます。

うちの病院は家で全部出してから病院で検査なので、トイレ往復で体力消耗&お腹がゴロゴロする気持ち悪い感じで病院まで移動→検査を受けたらもう帰宅する体力が…(>_<)
保険適用かわかりませんが、最近テレビで画像検査で大腸内を検査出来る検査機があるという報道を見ました。…とはいえ、この検査をするにも腸は空っぽにしないといけないと思うのでニフレックは避けて通れませんね。_| ̄|○

ちょうど書き込もうとした内容が、↑↑↑の、のの人さんがされていました。( ´ ▽ ` )
私も検査経験者の方からアドバイスで、「検査三日前くらいから繊維の少ない食べ物(お粥とか)にして、あらかじめ腸をニフレックで洗い流し易くしておけば2リットルも飲まずに済むよ。」と言われました。それを聞いて、おぉ!良い事を聞いた!と思いました。結局のところ、水に近い水便になれば検査OKですからね。

以前看護師さんから聞いた事があるのですが、たまにニフレックを2リットル飲んでも全く便が出ない人もいて、検査前は入院してもらって検査準備しないといけないという人もいるとか。 (T_T)
出血原因が痔という事、痔も辛いですが再発でなく良かったです。お疲れさまでした。

☆emさん

emさんの病院は「自宅でニフレック」なんですね。
病院に着くまでに気持ち悪いってのも嫌なモノです。
でも、病院内の一室で見知らぬ他人が何人も集まってニフレックをひたすら飲んでるっていうのも・・・かなり嫌なモノではありませぬか?(^-^;)
逃げ場がないってうか・・・
看護師さんに申告して状態チェックしてもらえればいいのですが、超放置プレイで、ニフレックの減り加減しかチェックいかないのですよ。
「もういい加減、良いと思うんですけど~」って言っても「まだこれじゃ~」ってニフレックの残量を見て言われてしまうので、辛いっす。
まぁ、検査結果を思えば、心配のタネを抱え込んで悶々としているよりも良かったとは思いますが、でももう少し何とかならんもんですかねぇ!?
Secret

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。