06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海に行ってきました。

世間は3連休なんですよね~。

我が家は金曜日に娘が移動教室から帰宅し、土曜日は避難訓練を兼ねた3時間授業があったので、あまり連休関係なし。(あ、いつもか)

息子はすでに夏休みに入っていて、ある意味物凄い成績表に滅多打ちにされ(されたのは親かも)布団の中で自分の塩分で溶けるんじゃね?的な生活になってます。(いつもの事か・・・)

そんな中、旦那さんの「海に行こう」という一声で、昨日は海に行ってきました。

海なし県で生まれ育った私にとって「海に行く」というのは一大行事。
小さい頃は、家族で海に行くのは一年に一回の家族レジャーだったんです。
ワゴン車の後ろにマットレスを敷きこんで、夜に家を出発して 子供は後ろで寝ながら道中を過ごして 朝目が覚めたら海!っていう。
一日遊んで、夕方また車に乗って 途中にある温泉によって日焼けした身体でギャーギャー言いながらお風呂に入り、夜には帰宅。

ふむ。今改めて思い出してみると、大人にとっては結構過酷なレジャーだったのだな(--;)
主に運転手だったお父さん、本当にお疲れ様でした。(ウン十年の時を超えて、感謝)

さて、我が家の海行きはというと、私は「見てるだけモード決定」なので水着も必要なし。タオルのみ用意。

息子は最初から「お見送り」の三角旗を持って、見送りモード。

旦那さんは「海と言えば磯遊び派」なので網を用意。

娘は「よくわかんないけど、行くんなら行く」という あまり乗り気でないのね?モード。

と言う事で、3人で電車に乗ってお出かけ。

行先は逗子の海。駅から海岸近くまでバスで移動したんだけど、バスも混みこみでした(>-<;)

辿り着いた海辺では、あちらこちらでバーベキューのにおい付き煙がもくもく。

ガンガン鳴り響く音楽と、タトゥー入りの御一行様を避けて、とりあえずレジャーシートを広げて磯を歩いてみる。
サンダルを履いて行った私は、あっという間に小石の餌食(笑)
娘は「サンダル持っていけば?」という助言を無視して靴と靴下なので濡らすわけにはいかず、かといって裸足で入るのはちと危険そうな岩場なので、無難そうな場所をブラブラ。
旦那さんは早速網持って岩場へ突撃。(この人が一番エンジョイしてそう)

少し遊んで、早めのお昼をファミレスで済ませ、今までいた場所よりもう少し先へ移動したら、裸足で遊べそうな浜が出てきました。

旦那さんは更に先へ行った岩場へ網を持って…以下同文。

娘と私は靴を脱いで、パンツを膝上までたくしあげて波打ち際を歩いたり、貝殻を見つけたり。

貝殻はあまり見つからなかったけど、シーグラスがあちこちに。

シーグラス、言ってしまえばガラスのかけらが摩耗して角が取れたもの。だから、ガラスな訳で、そんなものがゴロゴロしている場所を裸足で歩いてええのん?って気もしなくはないけど、とりあえず見える範囲で危なそうなカケラのガラスは無かったです。想像していたよりも、海岸キレイでした。

波間から顔を出している岩に向かって、石を投げて当てられるか!と挑戦してみたり、砂山作って遊んだり。

そのうち旦那さんも満喫し終えたようで岩場から帰還。

怪しい雲が出てきたので帰路に着きましたが・・・海辺での滞在時間は3時間程度?(うち1時間はファミレス)
なんて贅沢な(--;)海に行ったら、もっとガッツリ遊ばないと!って思っていたのに。

帰りの電車で娘は爆睡。あんな短時間でも疲れたんでしょうね。次に行く時には、やはり水着は必須だと話しておりました。

終わってみれば4時ころにはもう自宅に帰りついているようなお手軽レジャー。

でも、なかなかお尻が重たくてお出かけしない我が家にとっては、そこそこレジャーなのでした。
スポンサーサイト

海、楽しそう!
私は昨日は大阪、今日は祇園祭宵山に行ってきました。
人、人、人で、凄かったけど、楽しかったです。
生きてるうちにいろいろ見ておかなくちゃ
な~んてね!思っちゃうんだよね。

☆らむさん

祇園祭宵山ですか~。
響きだけでうっとりです☆ヽ(▽⌒) きゃはーん♪

>生きてるうちにいろいろ見ておかなくちゃ
確かにっ!
生き急ぐ訳ではないけれど、動けなくなってから「あれもしたかった」という後悔は少なくしておきたいですよね。
ガンガン楽しんでまいりましょ~~~♪

もう海開きだから みんな海水浴してるんだろうね。
子供が小さい時は 一緒に海に入っていたんだけれど。

今は ヒョウソが大変なことになっているので
砂が大敵だわ(^_^;)

海の近くの砂の影響がないところで
美味しくて新鮮な魚が食べたい~(^◇^)

海に山にと楽しい時期になりましたね。
海かぁ~海がないところで育ったので 海と聞くと遠く感じます。
でも、そこには憧れがあります。

☆モリダクさん

梅雨が明けたら いきなり暑くなりましたね(--;;)

子供が小さい頃は私も一緒に入っていましたよ~っていうか、子供をダシにして自分が楽しんでいたかも(主にプールですが)
もうね、私たち位子供が大きくなってきたら、親は「美味しくて新鮮な魚を食べながら、見てるだけ~」がベストでしょう。
お財布だけは忘れなければ、オッケーっす!(笑)

☆風さん

ね、ね!意識の上で「海に行く=一大イベント」って感じですよね。(勝手に仲間にする)
海に行ったら、とりあえず海に向かって「ばかやろ~」って叫んでみる(笑)
だって、山に向かって叫ぶとコダマに「ばかやろ~」って返されちゃいますからねぇ(^^;;)

harusameさんご一家の一日の様子が、絵本のような感じで目に浮かんできました。夏に出かけて水に触れたあとの気だるさ、眠気、疲れみたいなのも後半で過去の体験が蘇ってきた感じがしました。絵本の絵柄はジブリな感じで。読んでいてすごくあたたかい気持ちになりましたよ。(^-^)

☆emさん

ジブリな雰囲気で読んでいただいてありがとうございます♪あんな「いい感じ」ではなかったけど、それなりに楽しんでまいりました(^-^)
夏のお出かけは、帰り道のちょっとけだるい倦怠感とセットの思い出ですよね。
それもまた良し!です。
Secret

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。