10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祖父を送る

私の母の父、いわゆる祖父が亡くなりました。
83歳でした。
50代でくも膜下出血で倒れたこともあり、そんなに長生きは出来ないのではないかと思われていましたが、どうしてどうして、根性を見せて頑張ってくれました。
最期は自宅で、祖母が見取りました。
母も、夜中に電話で危篤を知らされ、駆けつけましたが意識は戻らなかったそうです。

母は5人兄弟。
その子供達が13名。(孫)
その子供達が11名。(ひ孫)
命の系図は引き継がれます。

家で、自分の家族に見守られて逝く。
「死」を考えさせられる癌患者にとって、とても安らかな、羨ましいような旅立ちだと感じました。
おじいちゃんの冥福を心よりお祈りしたいと思います。
長い間、本当にお世話になりました。ありがとうございます。
スポンサーサイト

おじい様の安らかな眠りをお祈りいたします
83歳ですか。大往生とまではいかないまでも家族に囲まれてということは幸せでしたね
病の中で「死」と直面するって気分的に辛いと思います
つい、考えてしまう「自分の最後」考えるなって言われてもねぇ~でも「最高」の映画と重ねると「こうしてほしい」って希望みたいにできるからものは考え方。見方ですよ。

おじい様のご冥福をお祈りいたします。

ありがとうございます

☆ranさん
祖父への暖かいお言葉、ありがとうございます。
人間、欲を言い出せばキリがありませんが、祖父の最期は私にとって理想に近いものだったと思います。
まぁ、ないものねだりの人間なので、健康な頃は「そんなに長生きしなくてもいいかも」なんて罰当たりなことを考えていたりしたことも在りましたが・・・
自分の最期が、他の人よりもちょっとはっきり目に見えてしまうから、色々と考えることも具体的になってきちゃいますよね。

☆つるこさん
祖父への暖かいお言葉、ありがとうございます。
体調のほうはいかがですか?
週末はお天気が崩れそうですが、今日はメチャクチャ暑いです!
羽根布団を干して、夏掛けに総入れ替えしてます。
Secret

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。