09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復活の目安

手術の後は、日にち薬。

本当に一日、一日と「出来ないジレンマ」から「できるようになる喜び」へと変化があり、その変化が更なるやる気を起こさせてくれた。

それは「這えば立て、立てば歩めの親心」のよう…って、違うか。

それに引き換え、投薬後の復活はさしずめ寄せては返す波のよう。

ちょっとだけ楽になったかもと思った次の瞬間には、駄目だ~と布団に倒れこむ。

それでもそれを繰り返すうちに「駄目だ」の時間が少しずつ短くなり、ある日突然「よし、大丈夫!」となる。
(まぁ、たまに「やっぱり大丈夫じゃなかった~」と布団に倒れこむ事もあるが)

その線引きと言うか、境界線というかを考えてみた。

投薬中と普段の日常生活との「違い」。

私が特に「ここが違うな」と思うのは、生活のリズム、特に睡眠のパターンが狂う事。

幸いなことに、投薬中も食欲減退もほとんどなく、排泄もそんなにひどい便秘になる事もない。

便秘は普段からほとんどしたことが無いので、投与中1日でも出ないと、結構気持ち悪い。(ままある事象)

なので、食べられるなら食べて、水分を多く摂取する。水分摂取は身体の中の薬のいらない作用を早く体外排出してしまいたいという思いもあって、それこそ冷蔵庫の前を通るときには麦茶を一杯…という感じで飲んでいる。

そうすると、もちろんトイレの回数も多くなる。

ただでも点滴で水分が補給されているわけだし、ね。

そこに「布団に倒れこむ」弊害として、夜の眠りが浅くなる現象が重なり、トイレのサインに敏感になって、夜中に何度もトイレに行く事に。

この「夜のトイレの回数」が減ってくると、睡眠のリズムが元に戻ってきて、だんだん体調も戻ってくるサイン。

そして、朝までぐっすり眠れた~!と実感できた日に、その投薬週間からの「脱出」が完了するような気がする。

もちろん、これは私個人の感想であって、人によって副作用も違えば体質も違うので「そんな簡単なものではない」と怒られてしまうかもしれない。

でも、自分なりの身体からのサインを気付く事が出来ると、なんというか、ここからは元気になれるぞ!と自分を叱咤激励するきっかけになれるかな、とか思ったりする。

そうでもしないと、ついずるずる布団と仲良しな状態で、次の投薬まで…なんてことがありそうで。

あ、なんてことない、私が怠け者だからなのか??
スポンサーサイト

体調を知る事

ご無沙汰しております。!(^^)!
自分の体調を知る事、簡単なようで出来ないです。
私の場合は治療に関しての体調というより、運動する事での体調の変化ですが。

首の牽引をしていた頃はちょっと良くなっては喜び、良くなってきたと思ったら後退、この繰り返しで1つ補おうとすると別の問題が出てくる。
どうどう巡りのジレンマ、あきらめては希望を持って奮い立たせ、そんな毎日でした。

色んな事考え、答えの出ない事もありますが、それでもやっぱり毎日を生きていかなくてはね。
こちらは暑い夏も終わりです。
季節の変わり目、harusameさん風邪は万病のもと、気を付けてね!

No title

あ!!背景が秋バ-ジョンになってる^^

復調のサインわかります。ほんとにそう。私FORFIRIのときはまさにそうだったな-。
でも投薬中はほとんど食べられなかった。
食べないと先生達に「もっと減薬するよ!」とよく怒られました。
だって食べられないんだもん・・・

No title

私も睡眠のリズムが狂います。
私はたくさん眠るので、そのあとは寝なくていい期間もあり…。
寝だめってできるんだ~と毎回思います。
で、それが終わると復活なのですが、そのころには次の投与。
もうこんなものだ~と開き直っていますv-12

☆ガーネットさん

お久しぶりです!
そうですか~、そちらはもう夏終了なのですね。
こっちももう少しかな…と思いつつ、1ヶ月くらいこんなセリフを呟き続けているような気がします(笑)
ガーネットさんは運動することで自分の体調の変化を感じられるのですね。身体を動かす事が基本のアスリートならでは!ですね。

>色んな事考え、答えの出ない事もありますが、それでもやっぱり毎日を生きていかなくてはね。

本当、そうですね。平坦な道のようにみえても、歩いてみれば凸凹や思わぬぬかるみがあったりしますが、それでも時々は突き抜けるような青空や虹のかかる風景に出合える事もあります。
毎日を生きることで、日々の素敵な事に出会える事に感謝しつつ、頑張っていきましょうね!

☆PIYOさん

はい、気分だけでも秋バージョンに(笑)
でも、今朝随分涼しくなりましたね。ウェルカム・秋!って感じです。

FOLFOXの時は、復活するまでもう少し(少しか?)ハードルが高かったですが、FOLFIRIは案外早く復活させてくれるので、私にとっては「良い子」です。

>「もっと減薬するよ!」とよく怒られました。

ははは、PIYOさんにとっては減薬はお仕置きなのですか。
私にとっては、減薬バッチ来い!望むところだぁ~!なのですが、私の主治医は多分、言ってくれないな、こんなセリフ。。。(っていうか、食べられなくなって痩せてみやがれって言われちゃいそう)(自爆)

☆つるこさん

つるこさんは「寝だめ」になるのですね。
私の場合、どんなに寝ても、また寝ます。(笑)
あ、こんな所が長男に遺伝してしまったのでしょうか?orz

No title

自分は、自律神経がやられてしまいます。
便秘に苦しみますね。。。

お彼岸・・・おはぎのお呼びはかかりませんか?

☆風さん

便秘は辛いですね。
改善されるといいのですが、自律神経が関係してくるのですか?

そして、おはぎ。。。呼ばれております(笑)
Secret

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。