09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘への告白

今年の1月時点で「母の病気は何なのだろう?」という疑問を持った様子な娘。

今回のRFLへの同道が「母の病気はガンなのだろうか?」という、より具体的な疑惑になったようだ。

RFLへは「同じ病気で戦っている人たちの集いなんだよ」と説明して連れて行ったので、その場でいただいたリーフレットや会場内のそこここで目にする「がん」の文字。

そりゃー意識しないほうがおかしい!?

しかし、彼女は頭上を飛び交っていた実父の言葉(お前と同じガン。やら抗がん剤やら。等々)は、右から左へスルーだったのに。。。

まぁ、そんなわけでRFLから帰宅した後、彼女の口から「母はガンじゃないよね?」との質問が。

1月時点では「知らないで済む時間が、叶うなら長いほうがいい」と思っていたけれど、それは「嘘をついてまで隠し通さねばならない」とは、私の中で違うこと。

「嘘はつかない」

というより、彼女のほうから「ガン」という単語を使って質問してきた勇気あるチャンスを無駄にしたくない。

「なんでそう思ったの?」との問いかけに「今日行ったところで貰ってきた本に、ガンの事がいっぱい書いてあったし・・・」と。


一呼吸開けて「実は母は、ガンなんだよ。で、○○も見ての通り、頑張って戦っているところ」と、告白しました。

どんなショックを受けるだろうかと、ちょっと心配でしたが、質問を口にした時点で「もしかすると」という心の準備ができていたのか、案外平静に言葉を受け止めている様子。

それを傍で見ていた息子から「でも、周りに言わなくていい事だから」と口止め指示が飛びます。

「言わないよ~」と言っていますが、どうなることやら。。。

もし、周りから「harusameさん、ガンなんだって?」という声が聞こえてきたら、娘からの情報流出だろうな~(笑)

まぁ、そうなったらなったで、別に悪い事しているわけじゃないし、いっか!と開き直りました。

多分、情報流出するには、するなりの彼女のジレンマなり心の負担なりがあったと思う事にします。


私の情報<彼女(娘)の心の健康!ですから。


そんな訳で、悩んでいた割にするっとカミングアウトの儀、終了です。

でも、今になって思うと、RFLに連れていった時点で、半分くらいカミングアウトしているようなものですよね。

ずるい母です(^^;;)
スポンサーサイト

お嬢さんが横にいたのに、いつもの調子で話をしてしまいました……話聞いてて「あれ?」と思っちゃったのかな。配慮にかけてました、ごめんなさい。
お嬢さんが受け止めてくれてホッとしてます。
これからも彼女なりの葛藤があるかと思いますが、乗り越えていってほしいなぁ。

自分が小学校五年生だった頃を思い出すと、中身は結構大人、でも家族には大人になった部分は恥ずかしくて隠している、みたいな感じでした。
家族の言葉の端々から何か自分に隠していることがある・・・とわかっていても知らないふりしてました。
今回、もしかするといいタイミングだったかもしれませんね。

息子さんのフォロー、素晴らしいです。

☆ryuryuさん

いやいや、私たちのおしゃべりはほぼ理解していなかったようです(笑)難しい単語が多かったからね~(大笑)

どんな人生にも葛藤はつきもの!乗り越えられるのは自分しかいないのだから、頑張ってほしいものです。

☆にゃんこさん

>中身は結構大人。
そうであってほしいと願っています。
どんなタイミングで切り出したとしても、それなりの後悔(?)はあったと思うので、今回はその中ではベストであろうと!そう思うようにします。

息子のフォロー、今までの経験の蓄積から出た言葉です(^^;)本当におしゃべりなんだもの、娘(--;)
Secret

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。