10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FOLFIRI7回目+ベクティビクス12回目

前回投与から3週間を開けての外来です。

いつも3週間では白血球が戻っていないので、今回もベクティのみかな~とか思っていたのですが、なにがどうしちゃったのか、白血球さん、頑張っちゃってました(笑)
群馬のとれたて野菜が効いたのか!?(んなことないか)

とりあえず、投与はするってことで、その話は置いておいて・・・

「この前のCTの事で、ちょっと質問があるんですけど」と切り出してみました。

1・今回の再発で当初から「再発なのか手術痕なのか分からない」と言われていたS1部位について

A・CTの結果をみるとS1部位も薄くなっている。なのでこれは転移であったと考えるのが相当であろう。

2・薄くなっている、というのは消えた(寛解)ではないのですよね?

A・まだ、そうとは言い切れない。でも、今回も微小ではあるがマーカーも下がっているので方向としては良い方向に向かっていると思う。

3・前回このクールが終わったらPETという提案を受けたが、手術をする前提でないので、何のためなのか分からないけど必要なの?

A・術前検査としてでなくともPETの検査は有効だと思う(この後しばしどんな場合かの説明が入る)でも、harusameさんの場合はいらないなら、しなくてもいいとは思う。

と、こんな感じでした。
必要ではないという言葉を信じて(?)今回も効果判定はCTでということでお願いしてきました。

その後、順調に投与。

最後の血圧を測っているときに、顔見知りの看護師さんに「harusameさん、今日もちゃりんこですか(笑)?」と聞かれたので「そうなんですよ~」と返事。
「だって、なぜか私が通院する日って、雨マークが消えるんです。雨ならね~電車とバスでって、思うんだけど」
「それって・・・晴れ女ってことですかね?」とほかの看護師さんからの指摘。

病院に行く時には晴れる晴れ女・・・あまり嬉しくな~い!!


本日、投与二日目。
食欲あり。
昨夜の地震と、その後の蚊の襲来で多少睡眠不足かも。
寝よ~っと。

そうそう、外来入った時、KM先生から「最初の手術から4年たったんだね~」との指摘。
そうなんだ~。(ちなみに7月30日だよ、とも教えてくれました(笑))
他人事のように感じつつ、5年目を乗り切るのだぁ~!
スポンサーサイト

投与お疲れさまです。食欲があるのは何よりですよね。

先日、他のブロ友さんから五年生存率には諸説ある、という話をきいて調べたのですが、通常発見から五年、というのがやはり通説のようですね。
私は当初からそう信じこんでいたのですが、最後の手術から五年、と書かれていた物もあるそうです。
それはちとハードルが高い・・・

5年目突入ですか~!仲間仲間。
そっか、harusameさん晴れ女なんだ。お出かけのときはぜひご一緒に!(笑)
PETはやらないことになったんですね。
たしかに有効な検査ではあると思いますが、必要ないならしなくていいものね。高いし(^^;)
どんどん薄くなって消えてしまえ~~~!

>にゃんこさん
やっぱり「診断から5年」ですよね?

☆にゃんこさん

食欲があるのは、相変わらずで、今日の昼ご飯は冷やし中華1.5玉分でした(笑)

5年生存率、諸説あるのですか~。
「完治」とされるラインが、最後の手術から5年だというのは、以前の主治医と話をした事があります。
そこと混同されちゃうのかな?
とりあえず、5年生突入です。

☆ryuryuさん

「病院に行く時には」と、枕詞がつくかもしれません、私の晴れ女(笑)
お台場…は、結果としては晴れたのか?う~ん、微妙。
こんな微妙な晴れ女ですが、お出かけの時にはご一緒しましょう~♪
しかし、5年目突入を医師に言われるまで気付かない私…鈍感だわ~(自爆)

微妙なときにPETするかしないか迷うの判ります。似たような感じで、見送ったことありますよ。お値段がやっぱり、可愛くないですよね・・・

肺はPETよりCTの方が診断の正確性は高いと、うちの呼吸器外科の先生が言っていました。実際、手術直前に再度CTとレントゲンですし(こっちとしては、え?レントゲンでいいの?みたいな。笑)。でも、脳外科の先生が言うには、肺に関してもPETなら臓器が立体的に見えるから良いとも言うんですけど・・・。
それぞれの画像検査に長所と短所があるみたいで、臓器や腫瘍の位置、検査目的などで何が良いか変わるようですね。

5年目突入おめでとうございます。
私は最初に手術可能だった場合は、「手術からカウント」。最初に手術不可能だった場合は、「診断からカウント」だと思っていました。

☆emさん

そう、お値段が可愛くない(笑)
診たい部位によって、PETの優位性というものが現われるのですね、きっと。
今まで私が受けたPET-CTの場合、その結果をふまえて、もう一度CTやMRIで確認(PETが外部検査のためなのか?)という二度手間なことが多かったので、どうも…。

5年目突入です。元気で5年戦ってこれたことを目出度い!と思えるように、頑張ります!!
カウント開始の細かい時差(?)はこの際気にしないwww

一ヶ月遅れで母さんもまる四年です、大澤記しながら長生きしましょおねぇ~

↑大澤記・・・大騒ぎです、ガハハハハハァ~

そうでしたか!

harusameさん
そうでしたか~4年が過ぎ5年目と云う事なんですね。
おめでとうございます♪

で、先のPET-CTの事も話し合いで解決できましたね、
よかったですね。

雨より晴れの方が気持ちはいいかな(^_^;)

☆あんぱん父さん

おお!母さんも5年目に突入ですかっ♪
そうですね、あんぱん家はレオ君と共に大騒ぎで♪
レッツ、長生き~!

☆カブ太郎さん

そうなんです~。長いお付き合いになっております。

PET-CTの話し合い、やっぱり気になる事、納得できない事は聞いた方がいいですね。
モヤモヤしながらだと信頼関係も怪しくなる(笑)

病院晴れ女の私らしですが、4年前の手術日は雷は鳴るわ、大雨だわの荒天でした。ダハハ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

5年生になったんですね。ヨッ!先輩!!(^◇^)
いろいろありながらの4年が過ぎ、初めは敏感だったのに、
今じゃ細かいことは気にしない、ってとこでしょうか。

私もね、だんだん、ある意味鈍くなってきています。
でも、いい意味での鈍さにして、この先も生きて行かねばね。

そう言いながらも、時々ムチャ、不安になったりします。

☆鍵コメさん

ご連絡ありがとうございました。
メール送りました!遅くなってすみません!!

☆はーにゃさん

そんな、先輩だなんて~(*^_^*)レテッ♪

そうですよね、鈍感力・大事!
これだけはいっぱい持ってる、私!www
でも、不安になる気持も分かります。それで丁度バランスがとれるのかも?
そんな時には、大きく深呼吸~ですかね。
Secret

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。