07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常というもの

東日本大震災から9日が経過しました。

その間、ブログの記事を書いては消し、書いては消し・・・

どんな言葉を使っても、被災地の方に申し訳ないような、自分が情けないような、誰かに怒りをぶつけたいような、そんな話になってしまって、更新できませんでした。

福島第一原発も、最悪の状況は脱しつつあると報道されているようですが、未だ油断できる状況ではないのでしょう。
現地で活動して下さっている多くの方々に、感謝です。
同時にありもしない「安全神話」など唱えていた奴ら、出てこいっ!って感じでもあります。
その人たちが安全でクリーンだと言っていた原発を、今、その目で見に行ってください。
そしてその手で、水をかけて冷やしてください。
現地で活動している方を、休ませてあげて下さい。



そして、記事を書いては消ししつつ、何をしていたかというと、編んでました。

ラジオを聞きつつ、ひたすら黙々とかぎ針を動かしていました。

そして、昨日。身ごろ部分が編みあがり「よっしゃ~!次はヨーク部分だぜっ!」と目を拾おうとして、カウント。

あれ?なんでこんなに余るの?

あれ?

あれ?

あれれ~~~!?



編んでいるときから「なんかメッチャ余裕ある感じの身ごろだな~」とは思っていたんですが…orz
(その時点で気付けよ、自分!!)

敗因は、編み図の見方が「?」な状態で編み始めてしまったって事。

裾の編み目総数を編み始めの目数と勘違いしていたようです。

そりゃ~余裕あるわさ。ってか、ダボダボっしょ!!


覚悟を決めて、リセットです。

ちょっとドナドナな気分ですが・・・

でも、いろんな不安な気持ちや苛立ちの気持ち、悲しみや・・・そんな「負の感情」のこもったニットですから、リセットできて良かったのかもしれません!

これからは「きっと大丈夫、きっと良くなる」と思って編みたいと思います。



そんな顛末を、帰宅した旦那さんに話したら



「でも、そうやって解いている姿、よく見るよね」と・・・orz


彼に言わせると、きっとこれが私の日常のようです。。。トホホ。
スポンサーサイト

ほんとにね。。

harusameさん、こんにちはv
ご家族皆様共にご無事だったようで何よりでした。
言われていることもお気持ちもとっても解るような気がしています。
そしてニット事情も(笑)・・・いろんな気鬱も、ね、
うん。これからきっと大丈夫、きっと良くなる、ってねv
そう思っています。
何気なく過ごしていける日常が全ての方に一日も早く戻るといいですね。

No title

harusameさん

私も仰る通り、今回の震災や原発でのことはどっから切り出してどこで結んでと考えてたら 毎日次から次へ新たな情報に振り回されてしまいどこに主観を措いたらと悩むようになりますよね。


何を優先するのが先か解らない人がTV画面に出てきますよね。

でも、編み物も人生と一緒かも知れませんね。間違ったとこまで
戻ればいいのでしょうね、たとえ年老いても。それが人生の本当の幸せに結び付くのかも知れません。

☆ぴゅ~み~さん

ぴゅ~さまも、ご無事で何よりです。
ニット、解いているときの心のBGMはドナドナ・・・トホホでした。
現在の日本の状況もドナドナですが、一生懸命現地で活動して下さっている人の事を考えると、下を向いてばかりはいられませんね。
それにしても「何を考えてるんだ!?」という現象も多いです。
それが哀しい(ーー;)
何気ない日常に戻れる事を祈りつつ、今度の震災で得た物を大切にしたいと思います。

☆カブ太郎さん

まとまらない記事にコメントありがとうございます。

間違ったとこまで戻れれば・・・本当にそうですね。
今回の件で「やはりあの選択は間違いだった」と思える部分は、多少強引にでもリセットするのが良いのかもしれません。
生活の利便性のみを追求した結果が原発を増設させたのであれば、これ以上増やさないために、エネルギーの使い方を考えて行くべきですね。
カブ太郎さんのブログにあった昭和村の生活に戻ってもいい部分って、結構ありそうな気がします。

No title

癌患者、家族は何度も諦めから復活して心は強くなってるから大丈夫だけと被災に遭った方達これからが本当の心の苦しみがはじまるんですね、どうか乗り越えられますように祈るだけです。
偉いさん達、ちゃんと心のケアも考えているのかなぁ ?

No title

テレビで、被災された方が、「こんなんなら、津波に流されてしまった方が良かったのかな」と言っていました。

それだけ、先が見えないということでしょう。
あせりが、どんどん募ってくるのだと思います。
聞いていて、辛すぎる。

余震もいまなお、頻発しています。
だけど、それでもやっぱり、前を向いていくしかない。

わたしも、、、まとまらないコメになってしまいました。<(_ _)>

☆あんぱん父さん

癌患者のタフさ、確かにっ!何度も棺桶から片足ひっぱり出していますからね~(笑)
それでも、帰れる家があり、迎えてくれる家族があるから、帰ろう、帰りたい!と願えるんですよね。
被災された方、これから大変だと思いますが、きっとみんなが支えてくれる事と思います。
不幸にもご家族を亡くされた方、その人の分まで幸せになってください!
お偉いさん達、今こそ選挙の時に声高に仰っていた「行動力」の見せ場です!!

☆はーにゃさん

被災された方たち、今までは気が張っていたのが疲れが出てくる時期に入ってくるのでしょうね。一刻も早く、暖かい居場所と食事、そして安心して眠れる状況になれる事を祈ります。
何もかも無くしてしまったと、今は思えてしまっても、生きて行くことで、きっと無くしたんじゃないと思えるようになるはず!と、思いたい。(表現が回りくどくてごめんなさい)
人生、生きてナンボです!ってか、逝く時期は神様が決めてくれます。
それまで、いっぱい笑って欲しいです。
生き延びた命は、それだけで輝いていると私は思います。
だから前を向いて・・・ですね!

No title

>逝く時期は神様が決めてくれます
>それまで、いっぱい笑って欲しいです。
>生き延びた命は、それだけで輝いていると私は思います。

harusameさんらしい温かくて的確な言葉ですね。

今日TVで震災で奥さんを亡くされた男性が涙をこらえながら「俺は生きる」と力強く言っていました。

辛い状況、傷ついた気持ちを抑えると、確実に心身に影響を与えます。
行政には、被災した方達のプライバシーを守りながら、心身の状態を見守りケアするシステムを作っていただきたいです。


No title

家族を失い、家も失い、行き場がない人が大勢いらっしゃるはず。
非難場所でもひとりになれる場所もなく、ストレスだらけのはず。
そんな方たちに何もできない自分。
ブログに記事をなかなか書けないって状況、とてもよく分かります。
リセットした編み物が完成して写真がアップされる日を、東北の復興を祈りながら待ってます。

☆にゃんこさん

家族を亡くされた方、そうでなくてもあの震災を体験した方にとっては、これからの日々は大変なものであると思われます。
にゃんこさんの仰られるように、行政が主体で心と体のケアをしていかなければ、きっと心の傷を抱えたままになる方も多いと思われます。
そう言う意味では、マスメディアの被災者(特に子供)に対する接し方には「大人の分別」を持ってもらいたいですね。
そして一日も早く、みんなが笑顔になれる日が来る事を祈ります。

☆こりんさん

何もできない自分が歯がゆくて仕方が無いですよね。
でも、何もできないなんて事は無いはず!
まず出来る事、節電。そして義捐金。
大きな事は出来ないけれど、小さな積み重ねだって、充分力になれるはずです。(と思いたい)
そして、これからの事を考えて、同じ過ちを繰り返さずに済む方法を考えたいですね。
子供たちの為に、そして、その子供たちの為に…。

放射能

原発事故、いろいろ考えさせられます。体に影響のないとされるレベルの放射能値に過剰におびえることはないけれど、一定レベルを超えると将来異常を抱えるリスク値が上がる。
ここ2年間、4ヶ月毎のCTとPET、手術前後の毎日のようなレントゲンで放射能を浴びる私。今は影響なくても10年後、20年後に他のガンが出るなどのリスク要因を増やしているのは確実。それでも今体に宿るガンを抑える方が先決なのでやむを得ない。
健康な方がそんなリスクを増やすようなことはあってはならないのに、リスク覚悟で第一原発で懸命に働いている方々。この国を救おうとして犠牲になってくれている。どうか将来健康をそこなうような放射能を浴びませんように。
お偉い方はせめて現地に入り同じ地で激励してほしいです。

☆mockさん

あってはならない事態を招いてしまった、今回の震災。
「想定外」という言葉で、全てを「仕方が無かった事」にしてしまってはいけませんよね。
今回の事で、日本人が、いえ、人類が学ばなくてはならない事がたくさんあると思います。
あまりにも「すべてが制御可能だ」と思いあがってしまった人類への警告ととらえ・・・どうすべきか考えなければ、ですね。

>お偉い方はせめて現地に入り同じ地で激励してほしいです。

現地に行っても数分で撤収するのでしょうけれど(苦笑)でも、安全地帯に居ては見えないものが見えるかもしれませんね。
日本という国を背負っていると言う自負があるのなら、現地入りするべきでしょう。政府発表の「健康には被害のないレベル」の放射線だと言う事を身体を張って主張するべきですね。

No title

ほんとうに今回の地震の被害に関しては、私も言葉では言い尽くせない思いで一杯です。
そんな気持ちを発散させるように編み物をして、間違えてほどいてしまったharusame さん。何気ないことのようで、返ってその思いが現れていますよね。手作りって、ほっこりとした暖かい気分じゃないとうまく行かないですからね。。。

でもちょっと気を取り直して考えてみると、使っていたのがモヘアの毛糸じゃなくて良かった。。。笑

☆ジャスミンさん

被災地の情報が入ってくるたびに、ホッとしてみたり、暗澹たる気持ちになってみたり・・・もちろん現地の方のほうが大変なんでしょうけれど、日本全国の人の心が揺り動かされていますね。

>使っていたのがモヘアの形とじゃなくて良かった。。。笑

本当!モヘアだったら・・・解けなくて、さらに暗澹たる気分になっていたこと間違いなしです(ーー;)昔、一回モヘアで編みなおしをしようとしたことあり。いや~泣けた!!(笑)
Secret

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。