09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学病院の宿命??

昨日は本年2度目の外来に行ってきました。
三連休の後とあって、予想通りメチャ混み。
採血センターで今まで見た中で一番の長蛇の列を見たよ。

昨日の外来は

①前日に畜尿したものを持参し、検査に出す。

②腎臓内科から指示されたエコー検査(午前10時15分予約)

③消化器外科からの指示でCT検査(午後2時予約)

④消化器外科、外来(午後3時15分予約)

うはは~。一日仕事だわさ。

まず、エコーの検査のため、前日の午後9時以降絶食。水分のみ検査2時間前まで接種可能。
CTの検査は検査時間の3時間前までに食事は終えて下さい、という指示。
これは、下手をするとほぼ1日絶食になる!?

いろいろ考えつつ、採尿ボトルを採血センターに出して、エコーの受付に。
採血も入っていると勘違いしたため、9時過ぎくらいに行っちゃったんで、早め受付になりました。

検査自体は、超音波ですから痛くもかゆくもございません。
何度か息止めをして、画像を撮影。
「結果は外来で聞いて下さい」という事で、10時くらいに終了。

ん?これなら朝兼昼が食べられるじゃん!

病院地下のスタバに行って、ココアとハムチーズのサンドを注文。うましっ!!

その後、すぐに消化器外科に行っても早すぎるし~。と、近くの商店街を散策。
でも、目につくものは食べ物ばかり(笑)目の毒なので、早々に撤退。

水分摂りつつ、待っていたけど、持って行った小説も読み終わり、眠気との闘いになってきてしまったので、早めとは知りつつ受付。
受付のお姉さんとお話ししたんで、ちょっと目が覚めて(笑)また時間調節のため読み終えた小説を読んでみたりした。

で、1時くらいにレントゲン受付へ。
「ご予約の時間より早いので、待つ事になると思うんですけど」とここでも言われつつ、ハイ!と元気よく返事して受け付けてもらい、スルスルと造影剤のルート確保へ。

いや、正直「少し待つくらいでないとお腹の中のパンが写ったりして」なんて思っていたんです。

なのに!1時15分には何故かCT台に・・・ええ!?大丈夫?とも聞けず、撮影してしまいました。

フィルムを渡された時にも、外来でKG先生がフィルムを見たときにも「これは何?」って言われなかったんで大丈夫だったようです。それとも見て見ぬふり??ま、いいや。

撮影が終わって、外科の外来。時間的には超余裕ありでしたが、まぁ、ここからまた外で時間をつぶしてってのも面倒だったんで、水分を補給しつつ待つ事にしました。















あれ?外来って4時に終わりになるんだよね?












いや?看護師さんたちが帰って行くぞ。















お~い!!!













やっと呼ばれたのは4時ジャストくらい。

私の前に診察室に入っていく人たちにKG先生の「お待たせしちゃってすみません」との言葉が響く。

私の時にも開口一番「お待たせしちゃって・・・」いやいや、先生こそ、ご苦労さまです。

腎臓の方、どうでした?との問いに「14日に来て下さいって言われて、具体的な事言われなかったんです」と返答。
そうなんだ~。う~ん、でも、結果知りたいなぁ、それから出来れば投与開始したいし・・・。
という事で、仕切り直し。18日にもう一度外来。その時には腎臓の方も結果が出てるだろうから、投与開始のGOサインが出せるでしょう。

つまり、今日の収穫(外来において)は、ほとんどなし(笑)ま、仕方ないっすね~。

「それで、harusameさん。実は僕、○○の方へ異動になる事になってしまって・・・」








え~!?








とは、叫びませんでしたが(心の中では叫んでました)、結構ショックです。

「そうなんですか。それは・・・寂しいです。」

「うん、本当に。とりあえず、治療はO先生の居る土曜日に来るようにしましょうか」

そんな感じで、いつまで居るのか分からないけど、主治医交代です。

大学病院の宿命とは知っていましたが・・・入院の病棟でお世話になっていたW先生も、年末の入院の時に居なくなっていたので「ああ、移動になったんだな」と思っていた所だったので、なんだか知っている先生が居なくなってしまうのが、寂しい。

次の外来までKG先生は居るのかな?

ちょっとしたギフトを持って行こうかな。

H先生には、そんな風に思った事なかったな。(まぁ、移動してないし)

こんな風に思うのも、KG先生が準イケメンなせいかしら??
スポンサーサイト

そうなんですよね。

遅くなりましたが今年もよろしくお願いします。

私の主治医はすべて転勤や定年でいなくなりました。
もちろん、転勤先で出世しているので、そちらに呼ばれて検査しています。でも病院が変わるって面倒だったりするので、最初は困っていました。
大学病院は本当に出入りが多いので、変わった先生が少しでも長く同じところにいるといいなぁ~と思います。

No title

あぁ・・・大学病院って そういうことも想定内なのですね。
私も 覚悟しておかないと。。。

No title

通院お疲れさまでした。
病院の長時間滞在は本当に疲れますよね。

準イケメン(イケメン度何%だったのか)の先生とのお別れは残念ですね。

ところで、地下にスタバがあるんですか?
いいな~

☆shionさん

こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いします(ぺこり)
shionさんは主治医さんから「俺についてこい!(求婚か!?)」とお誘いされたんですね~。
私の主治医は、残念ながらそのようなそぶりもございませんでした(涙)
何年も病院にお世話になっている割には、担当医との別れを経験せずにここまできていました。考えてみると、それも幸運だったんですね。
O先生もいい方そうです。良い関係が築けるといいなぁ。

☆モリダクさん

そうしょっちゅうある事ではないのかもしれませんが、「絶対にない」事ではないので、ちょこっとだけ心の中で準備をしておくのもいいかもしれません。
なんか交際中の二人が別れを想定しているような感じですが(違うか)あまりにも相手に思い入れをしすぎると、別れの時が辛いです。(しかも一方的にこっちが辛い)

☆にゃんこさん

そうなんです、唯一の(?)オアシスがぁぁぁ~~!(笑)
次のオアシスを見つけるまで、病院という砂漠の中を彷徨う旅人になりそうです。(爆)
地下にスタバ>そうなんですよ~。あるんです♪ちっちゃいんですけど。夏の入院時には旦那さんがフラペチーノ中毒になりそうでした。

No title

フラペチーノ中毒・・・
先日 長男と行って「フラペチーノってなに?」と
何度聞いても覚えられないので 手帳にメモした婆です(^_^;)
moridaku.exblog.jp/12643211/

交際中ではありませんが(爆)
別れを想定するだけでも かなり辛いです。
先日もきつい言葉でいじめてくるので
「最後までお願いしたいと思ってますから!」と言い返してしまいました。。。
(ただし 思いっきりイケメンではありません)

No title

harusameさん

外来での検査、お疲れさまでした。
一日掛かりでミッションをこなすのも大変ですね。

転勤は大学病院の宿命なのでしょうね~それでKG先生に付いて行くのでしょうか(^_^;)

No title

外来、一日仕事だったんですね~!
お疲れ様でした^^

私も昔、持病があって、病院に入退院を繰り返した
時期があったのですが、完治してないのに、
主治医の先生が異動になって、ショックを受けたことが
あります。

異動でこられる先生が、イケメンでいい先生であることを
祈りましょうw

☆モリダクさん

フラペチーノ…呪文のようですよね(笑)
夏の暑いさなかは、本当に美味しいですけど♪副作用でビリビリするときには、かなりヤバい飲み物(?)でした。

モリダクさんの主治医はツンデレタイプ?いや、Sなのか!?(爆)
イケメンじゃなくても、信頼できる先生はやっぱり貴重ですよね~。

☆カブ太郎さん

一日がかりのミッション・・・まさにその通り!って感じの一日でした。
終わって外に出たら、日暮れの街になっておりましたわ。

KG先生に付いていく、という選択は残念ながら(?)ないです。
戻ってくるのを気長に待ちます(笑)
私は待つ女ぁ~~~♪(大笑い)

冗談はともかくとして、KG先生の親玉のT先生が異動にならない限り、こちらの病院に張り付いていると思います。
今回の肝臓の再発部位も面倒な場所のようなので、多分他に行っても手術適応にならないと思うんですよね~。
KG先生の異動先だと、自転車じゃ行けなくなっちゃうしね~。

やっぱり待つのですぅ~♪

☆カフェラテさん

治療途中で先生が変わるのって、患者にとってはか~な~り、ストレスですよね(--;)大変でしたね。

KG先生が異動になったら、新しい先生が来るのかなぁ??
とりあえず、もう一方化学療法を担当しているO先生という方がいるので、そちらに引き継ぎをされるようなので、新たなイケメンが出現したらご報告いたします(笑)
O先生はね~、イケメンタイプでは無いですねぇ~。(一人納得)

No title

先生、異動ですか。ショックですよね。
以前、大大大騒ぎしたワタクシといたしましては、ええええーーー!ですよ。
つれてって言う前につれてけないって言われたし...
しかも、KG先生は準イケメン....かなり悲しいですよね。
今の先生はどっか行かないよねぇ? と今から怖々です。

No title

むふ、、、準イケメン、なんかわかるかも、その微妙な感じ。^m^
せめて今度の先生が、準のつかないイケメン先生でありますように。

それにしても、一日がかりで収穫少ない通院って、、、お疲れさまでした。
やっぱり、せめて、今度の先生が準のつかないイケメンで、、、って、しつこい?^m^

☆ryuryuさん

うんうん、以前ryuryuさんが「ショック~!」と言われていたのが、やっと実感として分かりました。(遅っ!)
砂漠で目の前のオアシスが蜃気楼となって消えていく感じ?
信頼しなきゃ、治療して行く上でいろいろ問題だし、信頼したのに異動されちゃうと、ダメージでかい(--;)
人間関係って、難しいねぇ。。。

☆はーにゃさん

あははっ!そうなんです。イケメンじゃない訳じゃないんだけど、イケメンと言ってしまうにはもう一歩何かが足りないと。。。(偉そうに、自分を見てから発言しろって??)
でも、正直言って「イケメン」が苦手…と言うか、緊張するので「準」くらいが私にとってはベストなのかも~。
なので、注文が通るなら「癒し系、準イケメン希望」です(笑)

宿命なのね。。。異動

harusameさん、今年も順調(?)に長時間の通院始まりましたね。笑
主治医の異動、大学病院での治療は覚悟していても、やっぱりショックですよね。

私なんて開業先にカルテ移しておきながら5年間検診受けないで、しこりを触って行ったら先生は自分の患者としないで、今の主治医(その時初対面)を私の担当に充てたんですよ。

その時はショックでした。
でも当時一番若い先生だったので、10年近く経った今でもバリバリに手術して患者診てられるから良かったかも。くくく・・・。

☆ガーネットさん

ハイ、順調に始まっちゃいました~(笑)
皆さんのブログでも「主治医の異動」という話は読んでいたので「遂に来たか」という感じでしたが(--;)
ガーネットさんの先生、先を見越して若手ナンバー1の先生をつけてくれたのかも♪ベテラン先生だと安心だけど、いつ引退してしまうかハラハラしなきゃいけないかも~(笑)
Secret

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。