11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスなんだなぁ。

メリークリスマス。

皆様、楽しいクリスマスをお過ごしでしょうか?

今年のクリスマス・・・微妙です(笑)

先日の緊急入院で投与開始から数分で点滴を止めたので、副作用はほとんどない状態。

なので、ケーキやっぱり作ろうか~♪などと娘と話していたのですが・・・

息子の担任の先生からお電話が(--;)

内容を要約すれば「成績悪くて、ヤバいですよ」と。おひょ~~っ!!

本人は何食わぬ顔をして電話が来る前日にスキー合宿へ逃避行。(そうとしか思えない)

23日に帰宅予定。24日には友人を家に招いて「闇鍋パーティーするんだ」と。










お前が煮込まれてしまえぇぇぇ~~~!!


という、私の怨嗟の声は届かなかったようで、23日に無事帰宅。(ちっ!)

当たり前だが、息子に詰問→息子不貞寝→そのまま翌朝。。。。どうよ!?

闇鍋などと、遊んでる場合じゃないだろう!というセリフは喉元まで迫っているものの、集まる友達に罪は無い。

かと言って、愛想よくしてやれるほど人間出来ていないです、私。

詰問を続けてもどよよんとした目で答えようとしなかった息子ですが、闇鍋の集合時間が近づいてくると徐々に目に力が・・・なんだかなぁ。

集合場所に友達を迎えに行って、連れ帰り「ねぇ、鍋借りていい?」「鍋敷きあるかな?」等々、あっかるい顔して聞きに来やがって…腹立たしいっ!でも、階下(私と娘は二階で隠れて?いました)では男子9名の闇鍋で盛り上がっていたようです。

夕方になり、そろそろお開きにするか。じゃ~片付けるか。って雰囲気になっているのを感じて、耳を澄ませていると「うぎゃ」だの「うへぇ」だの、怪しい声が聞こえてきて…台所はどうなってるのだろう?という一抹の不安が。

午後5時半。「お邪魔しました~」の声とともに男子生徒8名が帰って行った階下は、思ったよりキレイでした。
まぁ、土鍋は一つ焦がしてくれていましたけどね(--;)

ゴミはみんなで持ち帰ったそうです・・・が・・・、どうやらすっごいモノになっていたらしい鍋の中身(ゴミ)を彼らは電車に乗って持ち帰ったのでしょうか??すっごい不安…というか、疑問。

その夜、本当ならイブらしく、それなりの料理をしようと思っていたのですが、息子の態度等イライラ、モヤモヤが重なって食欲不振(--;)ケーキを作る気も霧散。
旦那さんにケーキ購入をお願いして、とりあえずケーキだけでも…と思ったけど、半分しか食べられず。
気分を変えて、外食に行こう!と、提案してもらったんだけど、私は食べられる気がしなくて、娘と旦那さんで行ってもらいました。

そうこうするうちに、友達を途中まで送って行った息子が帰宅。

「夕飯は?」

「これ」(と、食べ残しのケーキ半分を差し出す私)

ふぅん、と言いつつ、黙々と食べる息子。なんだかなぁ。(別に反抗して欲しい訳じゃないけど)

で、また膝詰談判の開始、というか続き。まぁ、こんなんじゃ息子も食欲無くなるだろうな~。
結果が出ないまま「明日の朝までよく考えて、聞かせて下さい」と解散。

そして今日。

まぁ、学校を止めたい訳ではないので頑張ると。(なんか前にも聞いたぞ、そのセリフ)

親の私たちとしては、彼を信じるしか手は無い訳で…それもなんだかなぁ~なんだけど、まぁ、もう一度信じてみましょう。となりました。

頼むよ、信じて良かったと思わせてくれ。


そして、クリスマス。

娘からはお菓子の詰め合わせ(袋入り)を、息子からは漫画をプレゼントしてもらいました。

娘のプレゼントには、メッセージ付き。

「お薬とか、入院とか、いろいろ大変だけどがんばってね!プレゼントはおっとっとなどです。」

この前の緊急入院、心配かけちゃったんだね。ごめんね。ありがとう。

息子からのプレゼントは・・・まだ素直に喜べない私でした。
スポンサーサイト

No title

息子を縛り上げて折檻しましょう、手伝いに行きます !

No title

受験生ですか?
クリスマス、お正月と楽しい行事のなかご本人はそれなりに考えてはいるんでしょうけれど「遊ぶ時は遊ぶ」と何事も全力投球でやり抜くのが1番です。(よそ事だから言えるのかも)

スキーに行ったり鍋パーティーをする息子さんにかんぱ~~~い。v-255

No title

社会に出てみてよくわかるのは、スキーが出来たり、一緒にクリスマスパーティが出来る友人がいることは、ちょっと勉強が出来ることよりずっと重要、だってことなんですが、でもお母さんとしては勉強もしてほしいですよね。

お母さんにクリスマスプレゼントを忘れないやさしさ、反抗期のはずなのに荒れない息子さん、いいお子さんだと思いますよ~。




☆あんぱん父さん

泣ぐごはいねぇ~がぁ~!!あ、泣いてはいませんでしたね。
折檻♪折檻♪流行っていますが、使用法、容量に気をつけて使用しましょうね(笑)

☆pecoさん

>何事も全力投球でやり抜くのが1番です。
その「何事」の中に勉学(最低限でいいっ!)も入れてくれると、先生も電話をかけずに済んだんでしょうにね~。

ま、全ての事は自分に返ってくるのだといつの日か気付く事でしょう…多分。

☆にゃんこさん

確かに勉強よりもお友達の方が一生の財産!というのは分かるのですが・・・去る者は日々に疎し・・・途中で学校から消えちゃっても存続するほどの友情が育っているかどうかも「?」です。
せめて卒業アルバムに載って欲しいなぁ・・・志の低い親(--;)

No title


1日遅れでメリークリスマスです☆



子供に対しての悩みとゆうのは尽きないもので…。
そんな親の気持ちも知らずに子供は子供でやってるんですよね~。

親の思うとおりにはいかないってゆうのもわかってはいますが…。


それでもちゃんとクリスマスプレゼントくれるってやさしい息子さんですね♪

No title

お友達を呼べるharusameさんの家庭が すてきですね(^^)

なんだか「生きていく力」を感じさせてくれる 息子さんじゃありませんか。
学力だけじゃ どうしようもないことが これからの人生ありますし。

タイプ的には うちの長男もそんな感じでしたが 今じゃ一応先生です(^^ゞ
中学生時代を知る人たちは 「ええ~っ?!Σ(゚□゚;」と 言いますが。

成績で 心配してなかった次男は 只今 人生を模索中・・・
これから まだまだ分かりません(^_^;)

高3の娘は 高校受験も大学受験も 頑張ることなく過ぎてしまった。 
のほほ~ん(ー_ー)!!。。。 もう 気にしないことにします(^_^;)

☆ゆきねさん

メリクリです♪
確かに親の言うとおりに育つ訳はないんですよね~。
自分の事を思い返しても「わかっちゃいるんだけど」でも、腹立たしい(笑)
息子プレゼントの漫画、きっと彼も読みたかったんですよ。
ちなみに「聖☆お兄さん」の6巻です。(知ってる??)

☆モリダクさん

い、いや、呼んだというか、呼んでいないのに来たと言うか・・・
私は何もしていません!鍋を出しただけです!(自白か?)

闇鍋の状況は某動画サイトにアップされたようで・・・探し出して見たら・・・気分が悪くなった(--;)
アレ食べた子たち、無事に年末年始を迎えられるかな~(--;;;

話は変わって、ほほ~モリダクさんのご長男とタイプが似ていると!
ほうほう。そんで現在先生でいらっしゃると!
なんか、気のせいか(気のせいだ)未来がちょっと明るく見えるような・・・(だから気のせいだ)
しかし、子供って、同じ親から生まれたのに、本当にそれぞれ違って…傍から見たら面白いでしょうね。
Secret

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。