08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏に突入!

とうとう梅雨明けのようですね。

でも、新聞では各地で集中豪雨による被害が出ている模様。

梅雨≠集中豪雨!

これも温暖化が原因なんでしょうか?

降るな!とは言えませんが、ほどほどにして欲しいと,神様にお願いしたいです。

そして、夏休み前の3連休ですね~。

みなさん、どうお過ごしですか?

17:02現在のharusame家は、畳の上に打ち上げられた物体が二つ・・・子供たちだ。

まぁ、日中暑かったから、お昼寝もよいかもしれませんね。

そうそう、昨日は長男を模試に連れて行くために某駅まで連行いたしました。

新聞広告で「無料」って書いてあったんで・・・

今日は保護者の「夏期講習説明会」というのがあったそうですが、そちらは「いかがですか?」と誘われましたが、夏期講習に息子は行く気がないのは分かっていたので遠慮させていただきました。

で、昨日。

駅について、まだ時間があったためとりあえず会場の下見に行こうとしたのですが「広告貸して」と長男に手を出すと「置いてきた」との返事。

え~!?大体の場所しか押さえて無いよ!と一瞬パニくるも、目の前に交番発見!

すいません○○塾って、この辺だと思うんですけど・・・と、お願いすると電話帳から住所を調べて、説明をしだしてくれたのですが、どうも場所が違う。

記憶では、この近辺なんですけど・・・と、もう一度探しなおして貰って、いざ!

でも、そこには○○塾は・・・なかった(-0-;)

仕方が無いので家に電話して、旦那さんに場所を教えてもらい、やっと発見。

その後、お昼を食べて、息子は会場へ、私と娘はショッピングへと解散。

でも、初めて履いて出た靴だったんで、当たった部分にマメが(--;)

なので、お買い物も最低限で帰ってきました。

途中で携帯にメールの着信。息子からで一体なんだろう?と開けてみると

「私の生まれた年って、何年?ついでに今年は平成何年?」









・・・・こんのぉ~~~すかぽんたん!!!



あまりのアホさ加減に、脱力した母でした。

ついでに言うと、唯一持って行くものとして指示されていて筆記用具。

カンペンを開けると、ボールペンと万年筆しか入っていなかったそうです。


で、彼はどうしたか。




「万年筆で書いてきたよ。でも、間違えたところが消せなくってさぁ・・はは・・・」






はぁ・・・と脱力した後で、自分の持っていったバッグの中から、○○塾の広告を発見。





すかぽんたんは、遺伝かもしれない。
スポンサーサイト

あはは。笑わせていただきました。息子さん模試を受けるなんて偉い!最初の模試って結構良い点数がとれるもんですよ。

私もバイトをしていると、生年月日から年齢を計算することがあり、昭和生まれの人になるともう計算できなくてさっぱりわからん(汗)。

はっはっー、思い出しました。うちの息子も就活の時にメールがきて、見ると「お父さんとお母さんの生年月日を教えて」でしたよ。
ガッカリしましたね。(笑)

親の誕生日、日にちは覚えてても、年はあやふやかもしれないですねぇ。
うちは夫婦揃って年を誤魔化して娘に教えてるし(笑)

おもしろ~い!
飄々としてる息子君の横でパニクるharusameさんの姿が目に浮かびます。
しかし、大物だよね~絶対!

遺伝・・・恐ろしいです。
大人になるまでに直してやって下さいね
切に切に願う、今日この頃であります。

☆うふ。さん

模試の結果、来ましたよ~!
予想を裏切る(?)酷さ(爆)。
帰ってきたときの余裕綽々は何だったんだ?
まぁ、いいです。彼の人生です。

☆pecoさん

まだ「親の」生年月日なら、いいじゃないですか~。
「自分の」生年月日(というか、生まれ年)を覚えていない息子って・・・やっぱり「どうよっ!?」です。
もちろん彼は、親の生年月日など覚えているはずは無いでしょう。とほほ。

☆こりんさん

あははっ!確かに。
親が「何年生まれ」なのかって、あまり気にした事なかったですよね、小さい頃って。
ちなみにこりんさんは「何歳」で成長を止めたのでしょう?気になるわ~(笑)

☆ガメオさん

大物なのではなく、きっと頭の中の回路がどっか切れてるんだと思います。
唯一の所持品の筆記用具すら・・・(涙)
「でも、どこにもシャーペン、鉛筆で書けとは書いてなかったから、大丈夫!」と変なところで几帳面(?)な確認をしていました。
そんな暇があったら、受付に鉛筆を借りてほしかった母です。

☆あんぱん父さん

・・・どうやって治せばいいでしょうかね?
真面目に、治るものなら治したいのですが・・・
「本人の自覚と努力でしか治らない」と思っている事自体、やばいでしょうか?とほほ。
Secret

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。