08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校の役員話

本日は娘の小学校の保護者総会&新旧役員の交代でした。

子供一人につき一回は最低でも役員をやる!と規約に書かれているうちの学校。

昨年度の終盤には、本部役員をやりませんか?と直接電話がかかってきたりもしました。

なので、本部はさすがに荷が重い(--;)と、一般の役員をお引き受けした次第。

そして今日は、その一般の役員さんが集まって「部長」「副部長」などを決める日。

担当別に分かれて、話し合いだったのですが、会計、書記、副部長までは予想以上にすんなりと立候補で決まり。

そして、膠着状態・・・

昨年度の役員さんや、先生たちが何とか状況を動かそうといろいろ助言してくださるも、み~んな「貝」です。

「いろいろと家庭の事情等あるとは思われますが、このままでは帰れません。お一人ずつ事情をお話し下さい」と旧役員さん。

多分、こういえば誰かが「そこまでしなくても・・・やります」と言ってくれるんじゃないかという目論見だったのかもしれませんが、そうはならず、端から事情を披露していく始末。

ダブルワークをしている、下に小さい子がいて無理、事情はないけどまとめる才能が無いので…等々。

で、事情がお披露目し終わって、だからって「じゃ~○×さん、事情が軽そうだから部長やってください」とはなれませんよね。

そしてまた沈黙の時間・・・周りのグループが、どんどん決まって帰って行く中、うちのグループだけ居残り。

「できればくじ引きっていうのは避けたかったのですが、そうも言っていられないようなので」と最後にはくじ引き(--;)

なんとか部長の当たりくじを引き当てることなく終われましたが、当たった方は、しばし呆然。

旧役員の方も「みんなでやっていくんで、部長さんだけが大変な思いをすることはない」と言っていましたが、それでも部長の肩書は重たそうです。

でも、明日は我が身だったわけですし、出来る限り頑張って行きたいと思います!

しかし、胃が痛い時間でした。こういうストレスのない決め方って、ないのかなぁ??
スポンサーサイト

あぁ~この瞬間を何度経験したことか!
やはり皆さん長になるのは気が引けますよね。
こういう時に黙っていられない私はまた委員長です。体の事を考えて引き受けなさい!と、身内は言いますが、なかなかそうもいかない。結局どの学校でも同じような状況になるのですね。
ご苦労様でした。こんな事でも大きなストレスですね…。

No title

そういう風に決まるのですね。くじは公平だ~。

我が子の学校の場合、役員のほかに「係」があります。
これは役員にカウントされるものでもなく、毎年一人一つ以上というものなのですが、、その中で「本の読み聞かせ係」がなかなか決まらなくていたら、「あなたやりなさいよ」というお母様がいて、相手のお母様も嫌と言えずにきまりました。
かなりびっくりした光景でした。
私は自分の係が決まったら、後は貝のようでしたよ・・・。

☆shionさん

・・・委員長様なのですね。お疲れ様です。
私もどちらかというと「黙っていられないタイプ」なのですが、今回は出発前に旦那さんから「貝になっていなさいよ」と。
今の状態で更に「役」を拝命するのは、ある意味無責任だと分かっていたので、言いつけにしたがっておりました。
でも、どんどん他のグループが解散して行く中、取り残されるのは辛かったですぅ(><;)

☆つるこさん

ご指名制度(笑)!いや、笑い事じゃないか。
でも、私も幼稚園の役員は半分ご指名だったような記憶が・・・
お隣に座ったママさんが「私がやるから、一緒にやりましょう」って一蓮托生でした(苦笑)いや、いい経験をさせていただきました。
出来る状況で、きっかけが無くて・・・という場合なら、こんなのもアリですが、人によっては「今は絶対無理なのよ!」という場合もあるはず。その辺の見極めが難しいですよね。

役員話は語りだすと長いです(笑)

タロジロの中学校の役員はクラスから5名ずつ出すのだけど、3年になると立候補なんて皆無。
やはりクジになってね、5人+3人の補欠を選ぶの。
んが!!役員逃げる人というのはクジに当たろうが逃げるものなのよ。
結局、補欠含めた数人が拒否し、クジに当たらなかった人や過去役員をやった方が引き受けるという…理不尽な事が5クラス中、2クラスで起こりました。
本当に「役員を出来ない事情がある」方はクジ以前に学校に申請する約束になっているのだから、当たったら潔く引き受けて欲しいと思うのだけれど。

No title

やはり最後はくじになりますね~
部長、副部長って、みんなが手伝うといっても、やはり
荷が重いですから。

話し合いではなかなか決められないのが、現実ですね(-_-;)
くじ引きは公平なので、当たったら諦めて?職務を
全うするしかないですね~w

☆ガメオさん

きょえ~!くじ引きで当たったのに逃げる!あり得ない~!
くじに参加する時点で「当たったら、仕方ない」と腹を括るものですが・・・そんな逃げ得は許せませんな~。
だからと言って、そんな方が無理やり「長」にならされたりすると、下の人が凄い苦労をさせられたりするんですよね。
難しい(--;)

☆カフェラテさん

本当なら志を持った方がやってくれれば一番良いのですが、やはり「長」は難しいですね。
くじ引きは公平で、当たったら「仕方がない」と諦められます。(経験あり)
今回は、有権者(?)全員の名前を書いた紙を入れた中から、副校長先生が引くという、ある意味気が楽な(笑)くじ引きでした。
自分で引くのも、結構緊張しますよね~。
Secret

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。