11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと・・・

本日、最後の糸が抜けました。

と言っても、この糸、単なる「抜き忘れ」。
しかも2回目ともなると「先生頼むよ」って感じです。

今日も病院に行って、先生にあったらなんて言ってやろう?とか考えていたんですが、主治医H先生の患者さんを呼び出しする声が、なにやら妙に元気が無い。

今日の病院は予約が入っていなかったんで、看護士サンに「どうしました?」って聞かれ、実は糸が残っていて・・・と話をすると「H先生がいい?今日、患者さん一杯だから待ってもらう事になるかも」との事。

正直抜糸はどの先生でもかまわなかったんだけど、前回診察の時に血液検査の結果が間に合わなくて、マーカーがどう変化しているかっていうのも知りたかったので「H先生で、待ちます」と、お返事しました。

で、待っている間、何度と無く聞くH先生の声。

患者さん一杯で疲れてるのかな~。
いぢわる言うの、止めておこう・・・と、改心(?)するくらいの元気なさそうな声。

待つこと2時間。呼ばれて診察室へ。

「糸、残ってたんだって??お肉に埋もれてて見えなかったんだよ!」

開口一番のセリフがこれ!!

おい!さっきまでの疲れた声を出していた先生はどこじゃ!?

いぢわるするのは止めようとか、そんな次元じゃなく「先生、失礼ですよ!!」とマジ反撃。

「だって、お腹でしょ?」

「違いますよ!背中の方・・・この一番最後のとこ!」

さすがに背中に埋もれるほど・・・ついていないはず。

笑いながら抜糸してくれたけど、私は笑えんぞ!

「はい、おしまい。次は4月のCTだね。」

はいはい、用が済んだらさっさと出て行きますよ。

なんだかなぁ~。全くもう。

帰ってきて旦那さんに話したら、大笑いされた。

まぁ、笑い話でもいいんですけどね・・・むすっ。

あ、そうそうマーカー値は、正常範囲ではないものの、下がっていました。
とりあえず、それだけでも良かったかな。(糸取れたのも嬉しいんだけど、素直に喜べない)
スポンサーサイト

No title

好きだな~、その先生。
外科の先生には、そのくらい豪快でいてほしい。

☆つるこさん

え~!つるこさんのタイプですかっ!?(笑)
いぢめるつもり(?)が、いぢられてしまったようです。
まぁ、それで先生が元気出るんなら、いぢられ甲斐があったと思う事にしますわ。

No title

harsameさんにはジョークをいっても笑い飛ばしてもらえるから
おもしろおかしくいうんじゃないですか?
主治医との相性が良い方が通院も楽しく?なりますよね☆

☆こりんさん

果たして「相性がいい」のかどうか・・・そこが疑問です。
まぁ、これくらい歯ごたえのあるタイプの方が、突っかかりやすいかもしれませんが(何を突っかかるつもりやら)。
私には丁度いいってことで「相性よし」と思えばいいのかしら?

No title

赤のマジックで糸の回りに丸書いて矢印でここって書いとけばよかったのに・・・出来れば日付も入れて・・・・。

☆あんぱん父さん

もちろん油性でっ!
日付は術日?それとも抜糸日??

安全パイ

主治医も新患で重症患者を診てたりすると、馴染みの患者さんで検査結果が良好な患者さんには冗談もでるようですよ。笑。
患者にとって主治医は1人だけど、主治医にはたくさんの重篤な患者がいますからね。
冗談を言ってもらえる方が、私は「あ、今私は心配ない状況なんだ!」って思えますよ!(^-^)

harusameさんも、腫瘍マーカー基準内ではないけど下がってるんですね。
私も基準から大きく外れてるけど・・・これって、再発してから「あ、あれはやっぱり・・・」とか思うのかもね。
マーカーって、何なんだろう???

☆ガーネットさん

確かに冗談が言えるくらいのほうがいいのかも知れませんね。
またこの先何かあったときに、同じように軽口を叩いていたら・・・この先生の性格と思えばいいかしら?
腫瘍マーカー、基準値よりも、推移の方が重要な手掛かりになるようですよ。健康な時(発病前)の数値って知りようがないし、その状態でも高めの人はいるらしいです。
なので、常に高めの数値を維持している人よりも、急に数値が上がり出した人が「要注意」なのかも・・・と、個人的に思っています。
結構素直に上がってくれるんですよ(--;)我が数値。
嬉しいような、悲しいような・・・
Secret

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。