08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年初外来

雪、降ってきましたね。

朝病院に行くときにはどんより曇天でしたが・・・天気予報、あたりです。

術後初めての外来に行ってきました。

採血をして、レントゲンを撮って、外来で呼ばれるのを待つ。

今日は3連休明けということで、病院も混んでました(><;)

そして、H先生の診察。

レントゲンを見て「今回は胸水、大丈夫だったね。」と。

それから肝臓の患部と一緒に「念のため」と取ったリンパ節の検査結果。

転移があったそうです。

この事を踏まえると、今後は全身どこに転移しても不思議じゃないと考えたほうがよさそう。

「それで、どうする?」・・・化学療法をするかどうか。

どうしてこの先生は即断即決を求めるかね~。でも、私の気持ちは基本部分は変わってないから

「様子を見て、出てきたら治療という形を希望します」と。

はい、分かった。じゃ~そうしよう。では、3ヶ月後くらいにCT撮ろうね。マメに見て行こう。となりました。

「harusameさんは、体格いいよね。何かスポーツとかやってたの?」

「・・・いえ、ウドの大木で運動音痴なんです。」

「じゃ~、ご両親が大きかったとか?」

「そうですね、親の世代から考えると大きい人ですね。」

「そっか~。ほら、ここの感じがしっかりしてるでしょ(と、アバラ辺りをポンポン)。
 
  ここが厚い人はね   手術がしにくいの

胸部の厚さは肝臓の厚さと連動しているらしく、奥にある患部が普通の厚さの人より「さらに奥」って感じになるらしい。

「それで、この骨もしっかりしてるでしょ。この中の一番てっぺんだもん」

「それは・・・すいません。でも、それってどうしょもないじゃないですか~~!!」


今から小さくなるわけにもいかないので、せめてこれ以上太らないようにしたいと思います。

(でも、小さい人も手術やりにくいんだって。ぷんだ!!)
スポンサーサイト

No title

私も今日は受診日でしたが予想通り白血球が少なくて帰宅となりました。
7日のシグモイド後に話しは一人で聞いていましたが、今日は夫と姉にも先生の説明を聞いてもらい今後どうするかを決める時期にきました。
情けないのですが私の希望としては何もしたくはないのですが、14日にPETを撮りに行きます。

ストーマは避けられないようです。後は子宮、卵巣などを取るかどうかなど・・・・・・・。
すっかり希望がもてなくなりharusameさんの気力に頭が下がります。

体格がよくても悪くてもオペがやりにくいって、「じゃあ、どうすりゃいいのさ~~~~」って感じですね。

No title

雪が降っているのですね。
数十キロしか違わないのに、天気違いますね。
雨が降っています。
でも、ものすごく寒いです。

胸板(という解釈でOK?)が厚いと、肝臓も厚いのですか。
自分の胸板が平均的かどうかなんて、考えたことなかったな~。
中肉中背(?)の私は、たぶん、平均的なのだろうけど…。

No title

あ、私ちっちゃくてやりずらい人かも~。(^^;)
カルテの手術の記述(よくわかんないですが)にどっかが短いんでどーたらこーたらと書いてありました。
ポートもね、私には長いからどんどん奥にいって下なほうなわけ? みたいな。(笑)

↑つるこさんは中肉中背じゃなくて、ほっそいと思うんですが~。

大変そうですね。

「胸部の厚さは肝臓の厚さと連動しているらしい」というのは初めて聞きました。私も入院中に、隣の人が肝臓の手術の時に、肋骨も切ったと言っていましたが、私は出来た場所が良いのか、それとも鍛えられていなかったのか・・・・そう言う話は一切無かったです。

太っている、と言うのも大変ですが、harusameさんも大変そうですね。

でも、なるようにしかならない。良いことだけを考えて治療に専念しましょうね。

すげぇ。。。

あっさり書いておられますが、リアルに想像すると本当に大変なことだね。
本当に「がんばらばいでがんばって」くだされ。

そうそう、そういえば「かりんとうまんじゅう」美味しかったよ~。
全部一人で食べちゃった!(爆)

というわけで、これから焼け石に水のストレッチします。

No title

寒い中通院お疲れさまでした。
体は個人差あるから仕方ないですよね。
男性はもっと体格が大きい人いるし。。。
医師もプロなんだからそこんとこがんばってね~って言いたいです。
私も大腸手術の際、家族が執刀医から「普通の人より腸が短い」と言われたそう。
ま、手術でもしなきゃ一生知らなかったこと、わかってよかった・・・かな?

☆pecoさん

治療が延期になるのが嬉しいような、心配なような・・・
でも、体調がいい時間が延びるって思って、楽しんでください。
14日はPETですか。頑張ってきてくださいね。

>情けないのですが私の希望としては何もしたくはないのですが

いや、情けなくないです。私もできれば何もしたくないです!
一進一退ならまだ良いのですが、じりじりとラインを割られてくるような…とてもしんどい治療が続きますよね。
逃げてしまいたいと思うのは当然の反応だと思います。
たまには逃げて、大きな海に向かって叫んでみましょう。

「癌のばかやろ~~~!!」

☆つるこさん

ほんの一瞬、みぞれのような雪でした。
寒いはずですよね。でも、北の方はもっと寒いんでしょうね。

そうそう、胸板でいいんですよ♪決して豊満な胸♪ではないんです。(たはは)
つるこさんは細身の中背、太身の大女な私には羨ましいです。
規格外だから文句を言われても仕方ないかもしれないけど・・・文句を言われてもどうしようも出来ない事って、どうすりゃいいのよ?って感じです。
いいんです、先生も多分、言ってみたかっただけでしょうから・・・

☆ryuryuさん

え~!ryuryuさんも細身中背でしょう!
つるこさんに関しては激しく同意!
自分がおデブなんで、みんなが細く見えるのか!?

☆あんぱん母さん

肋骨を切るの切らないのというのは、出来た部位によってらしいです。
きっと母さんのブツは、素直な場所(?)にいたんですよ。
しかし、大きいから手術をやりにくいと言われるとは(><;)
好きで大きくなったわけじゃないんですけどね~。
負けずに言い返している私も私か・・・

☆十六茶さん

6個全部一人で食べたとですかっ!?
胸やけせんかったかい??
でも、癖になるでしょ~(^-^)
うちもすでに売り切れました。

☆にゃんこさん

本当に手術をしなければ知らなかった事・・・ありますよね。
それを知ったのは今後の人生にプラスになるのかどうか??
でも、この会話をしながら「ブログネタ、ゲット!」とか思っていたりしました。
Secret

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。