08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退院までの記録・2

16日の入院で18日に手術。という事は、ほとんどの検査は終わっているという事。

実際入院してから手術までに行った検査は、レントゲンとエコーくらい。

あ、あとICG(緑の薬剤を注射して数分おきに採血して肝臓のなんかを測る奴)もやりましたね。

18日の手術は朝一番の8時15分に手術室入室予定。

17日に主治医のW先生の術前説明を聞くため、旦那さんに来てもらう。

W先生「え~、今回はharusameさんの再発という事で、でも、手術で取ろうという事で頑張りましょう」

harusame夫婦「はい、よろしくお願いします。」

W「えっと、前回手術が7月の末でしたよね。まぁ、その時の説明とほぼ同じなんですが・・・」

h「(苦笑しつつ)記憶に新しいんで、大丈夫です、その辺の説明は。」

W「まぁ、この辺は○○の説明と同意書で、じゃ~お願いします。」

h「(署名しながら)えっと、今回の場所って、前回よりもいいんですかね?」

W「いい…というのも難しいですが、前回よりは表面ですし、いいのかな。ただ今回も背中に近いほうなんで、ちょっと大変かもしれませんね。癒着を剥がして行かなきゃいけないし・・・」

h「あの、手術の同意書を書きながらこんな事を聞くのもなんなんですけど、ラジオ波とか、どうなんでしょう?」

W「確かにラジオ波のほうが体へのダメージは少ないのですが、大腸からの転移に対して本当に効果があるのかっていうのは、まだ立証されていないんですよ。あとは部位によって…という部分で、今回の再発部位は前回切り取った部分が再生してきた所に出てきていて、ろっ骨の中にあるイメージなんです。だから、それを焼こうとすると、ろっ骨をくぐらせて、下手をすると肺も傷つける恐れが…」

h「あ、そうなんですか。いや、別に無理してというわけではないんですが、どうなんだろうな~?と思ったんで。
そうなんですか、前回切り取った部分の再生部分・・・」

W「大体前回と同じような場所になりますかね。奥じゃなく表面だけど」

h「ってことは、今回も骨、切りますか?」

W「・・・多分。」

と、そんなやりとりがありつつ、各書類署名してまいりました。

まぁ、どうなんだろ~?ってモヤモヤしたものは解消できた感じ。

手術前日の17日の夕飯までしっかり食べて、19時21時に下剤。朝浣腸~でお腹すっきりで出発です。

ナースセンターで手術用のキャップをかぶり、眠たくなる薬を飲み、ストレッチャーで手術室へ。

扉をくぐるあたりで、記憶が途切れています。今回、眠り薬の効きが早かったなぁ。硬膜外麻酔やったの覚えてないや。

スポンサーサイト

No title

harusameさんは淡々と書いていますが、臆病者の私はドキドキで読んでいます。

私も「硬膜外麻酔が痛いのよね」って聞かされていたのに全然覚えてないのです。
初めての時は何もわからなくていいのですが、回を重ねると色々とわかり恐怖感っておこりませんか?

7日にシグモイド検査なんですが、高圧浣腸をやるので恐怖感いっぱいです。(たかが浣腸くらいで情けないというか)
その結果をみて今後の治療方針を考えることになりそうです。

ストマー造設するのか、しないのか心は大きく揺れています。

☆pecoさん

回数を重ねる毎に図太くなっていくような気がするharusameです(^^;
シグモイド検査…初耳です。検索してみたら…フムフム、内視鏡の種類と考えていいのでしょうか?
初めての検査は緊張しますよね。でも、内視鏡的なモノだったら、緊張して体が硬くなると苦痛が増えそう。
難しいでしょうが、リラックス~深呼吸~で頑張ってください!

回数重ねると

回数重ねると図太くなっていきますよねっ! ねっ!
っと勝手にharusameさんを仲間にしてしまう、図太い緑緑*ryuryuです。

手術入院のときも楽しそうに入院準備してるらしく(本人自覚なし)
「遊びに行くんじゃにんだからっ」と怒られました。(笑)

ストレッチャーで行くんですね。1回それやってみたいです。
私のとこは自分で手術台に上がるんですよー。
なんかつまんない。(そーゆー問題じゃなかろう)

手術ができるなら、ラジオ波よりも手術のほうがいいみたいですよ。
たしかに体の負担はラジオ波のほうが少ないんですけど。
予後がいいのはやっぱり手術なんでしょうね。

☆ryuryuさん

図太さ連盟、加入します!(笑)
入院の準備、楽しい訳であるはずないけど、それでも「現状をよりよくするために入院するんだ」という私たちのような場合、もしかすると気付かずに鼻歌くらい歌ってるのかも!?
手術室までストレッチャー、これ私もこの病院が初めてです。
やってみると天井がグルグルで酔います(爆)
今回自分で手術台に移った記憶が無いんですよ~。
このトドを台に移すの、大変だったろうな~(それとも朦朧としながらも自分で移ったのだろうか?聞いてみたいところだわ)

いつもありがとうございます。

再現ドラマのごとき臨場感あふれるレポートありがとうございます。
手術時の記憶ってないほうがいいですよね!1回目ナースステーションで基礎麻酔打たれたところで記憶なかったから、2回目こそしっかり見てやるって背中の麻酔時まで必死で起きてましたけど(笑)。まだ半年も経ってないのに何年も前のことのように思えるって、どういうことなんでしょうね?

最近はヤフー「知恵袋」の回答にはまりきっていてオタクになってしまいました。調べて回答するのはボケ防止にぴったりです。あと少しで回答数300です。

☆めえめえさん

ヲタクなめえめえさん・・・(^m^)思わず想像しちゃいました♪
色々な知識がこの世界には渦巻いておりますね。
調べ出すと「ほほ~~~!!」ってのがいっぱい!
好奇心がうずうずするのは心が若い証拠ですね♪
Secret

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。