06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

術後6日目

午前中に執刀医の先生から手術の報告と術後の説明を受けることになりました。
なので、今日は旦那も参加。
11時に病室にM先生が呼びに来てくれて、使っていない面談室のようなところへ。
パソコンからデータを呼び出して、病変部分の画像を見せてくれて説明。
周りのリンパ節は34個とって、そのうち3つに転移が見られたとの事。
通常ステージⅣの場合、病巣を取り切ったと思われる状態での抗がん治療の研究はなされていないので、ステージⅢベースで治療をしていきましょうとの事。
フムフム。よく分からないけれど、分ったような顔をして聞く私。
旦那さんはデータをもらえるかと交渉していました。(後日郵送でフロッピーに書き込んだデータを送ってくださいました。しかし、イマドキフロッピー!?)
抗がん剤はロイコボリンとUFTを4週間経口薬で飲んで、1週間休み。これを5回繰り返すと言うもの。
術後一ヵ月後くらいから開始するので、治療を受けるか否か、考えて置いてくださいといわれました。
そうね、自己責任の時代なのね。

そして退院のお話も出ました。
元気そうだから7日に退院でどうか?との事。
そんなに早く!?と思わず言ってしまったら、先生曰く「元気な人には退院してもらうんです」だそうです。
しかも退院の相談、立ち話でしたから。
本当に元気そうに見えたんでしょうね。
スポンサーサイト

手術の説明、ご自身も聞いたのですね。
手術直後は夫のみが聞いたので、私も聞きたかったです。
フロッピーで渡すとは!病院のPCが古いのかな?我が家のPCも5年前に購入のものなので、フロッピーのドライブは備えているけど、今のPCにフロッピーのドライブはついているのかな。でも、データを紙ベースでなくもらえるのはいいですね。

はい、二人で聞きました。
フロッピーと聞いたときに、一瞬我が耳を疑いましたが(^-^;;)
紙ベースでの説明書類もいただきました。
なかなか一遍に質問をしようと思っても難しいものだと言うことを実感。
説明してもらった後にも、回診で回ってきた先生にポツリポツリ分らないことを聞いていました。
Secret

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。