10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一般病棟復帰から退院までの徒然・・・3

とりあえず、胸水抜きを逃れたharusameでしたが、経過観察を続けるも、どうやらあまり状況としてはよろしくない様子。

特に自覚症状はなかったんで、本人は暢気なものでしたが。

体の方は日にち薬のおかげで、日に日に元気になってきている気がしていました。

そして週末。

「harusameさん、もうだいぶいいみたいだから退院考えておいてね。」

「どの位で大丈夫ですか?」

「う~ん、月曜でも、火曜でも。」

「はい!相談してみます!」

正直言って「天にも昇る気持ち」でした。

今までの病院は、結構入院日数が早い段階で退院打診だったんで「もう少し休ませて欲しいかも」って感じだったのですが、今回お世話になったN大は慎重派。
私的にはもう充分静養させてもらいましたって気分になっていたんですね。

で、お友達には「月曜日、退院予定やった~!」なんてメールを出したりして。

土曜日には旦那さんと相談して、月曜日お仕事で迎えに来るのが難しいから、最低限の物を残して荷物を持って帰ってもらうことに。

ロッカーの中、すかすかです。

でも、心の片隅で「あれ?CT撮るって言ってたけど・・・胸水はどうなるのかな?・・・胃カメラはパスでいいのか?」なんて思っていました。
でも、わざわざ自分から地雷を踏みに行く事はないかと・・・

日曜日、病院もお休みで、一日何もなく過ごし、夕刻M先生が「えっと、退院だっけ?」と来ました。

「はい!」と元気に答える私に「じゃ~、CT撮って・・・火曜日かな?」と。

あれれ?そうなの?後ろにいるA先生がちょっと困ったような顔。でも、仕方ないか。

「はーい」とちょっとトーンを下げる私。それでも火曜日。あと二日!

そして、月曜日。予定通りCTをやって、退院の準備とばかりに残りの荷物を片付けているとA先生がやってきて

「harusameさん、やっぱり胸水抜くことになりました。明日の朝!それで退院!」と。

え~!結局逃げ切ることはできなかったか(><;)

でも、まぁ、仕方ないか・・・と。「退院」の前のハードルなんで不承不承OKです。

そして火曜日の朝。

M先生がやってきて「えっと、harusameさんね。今日胸水抜くじゃないですか。それで、そのまま退院って言うのは危ないんじゃないかと・・・」


って、ええ~!なんですってぇぇぇ~!

胸水の対処法としては針を刺して抜くのと、利尿剤を使って体外排泄させるのとあるらしい。

「じゃ~利尿剤で!で、今日退院します!」と宣言してみたんだけど、採用されませんでした。

とりあえず抜いてみて、その量が少なければ、夕方に退院許可。

もし、多かったらもう一晩お泊まり。。。




そんな~!退院の日にそんなのアリ!?

こうなってくると、助けられたカメの逆恨み。

あの時に抜いておけば今頃は大手を振って・・・なんてね。

まぁ、とりあえず量が少ないことを祈るばかりです。




またしてもHCに行って、背中をまくりあげ、肋骨の辺りを指でグリグリ。

で、今回は浦島太郎さんは現れず、刺されました。(もちろん局所麻酔してからね)

自分では見ることができませんが、刺された針につながれた管から自由落下(?)で胸水が出ているようです。(パックの中に入っていくようです)
机にうつ伏せるような格好で、背中丸出し・・・その状況を見てM先生

「この格好で逃げだそうとは思わんだろう。」






ば、ばれてましたか~!

っていうか、思っていても言うか?そんなセリフ。

さらにM先生。


「痛い?痛いよね~。も~W先生を殴るなり蹴るなりしてください。」


と、勝手にW先生標的許可だしちゃってるし。

そして、なんだかんだで30分以上経ったころ、M先生再登場。


「harusameさん、悲しいお知らせが・・・もう一泊、決定になりました。」










本当は「いやじゃ~!」と騒ぎたいところですが、背中に針刺さってるし・・・大人しく「はい」


結果として1リットル以上の胸水が抜けました。

で、それまでベッドに寝起きするときに、ちょっと胸の辺が圧迫されるような感じ、これが胸水のせいなんだということが分かりました。
抜いたら寝起きがラックラク♪胸苦しくて咳が出たのは胸水のせいなのね~。

一泊(計二泊)延期は悲しかったですが、抜けたら抜けたで快適でした。

そして次の日はレントゲンだけ撮って、無事退院!


ああ・・・長かったような・・・やっぱり長かった!!

スポンサーサイト

お疲れ様でした。人さまの入院生活をかいま見るのは楽しいですね。ごめんなさい。でも他人の不幸は蜜の味。うふふ。

確かに患者さんはお医者さんから退院のOKをもらうともう天国行きの切符をもらった気分だよね。それを毎日1日ずつ伸ばされては待ちくたびれるよ。

☆うふ。さん
他人の不幸は蜜の味>んもう、悪い女だわ♪うふ。さんったら。
でも、入院中のあれこれを「あ、これはネタになるかも」なんて思っている私も困った奴です。
退院を一日ずつ伸ばされるの・・・これはきつかった~!
最後には思いきり疑心暗鬼。
来る先生、来る先生に「本当に今日、退院させてくれます?」と聞きつつも、もしかしたらまた何かあって・・・と不安でしょうがなかったです。
ビバ!娑婆!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ホント、一日でも早く退院したいときの延泊は辛いですよね~。
でも、病院は慎重なくらいがいいですよ、信頼できます。

胸水を抜いたんですか。。。
参考にさせていただく。。。ことがないといいな(汗)。

☆sさん
コメントありがとうございます!
お互い、頑張りましょうね♪

☆にゃんこさん
延泊…旅行なら楽しいのですが(--;)そうそう、おかえりなさい!!
胸水は、いろんな事が重なった結果のようです(多分)。
参考にならないことを祈ります!
Secret

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。