09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しいこと

昨日は古巣に帰って、友達とランチしてきました。

先月半ばに友人は乳がんの手術をしてきて、その際の病院話等々で盛り上がりました。

元気になってくれて、本当によかった!

と、そこまでは良かったのですが。。。

GWの後にやはり古巣の友達から電話がありました。

実父様が癌告知をされたとの事。

私の病気の事は、彼女は知っていたので「相談に乗って欲しい」と。(5/24の記事)

その彼女の父上がお亡くなりになったという話を聞きました。

お正月は迎えられないかもしれない・・・という話だったのに、あまりにも早すぎる逝去に言葉もありません。

どれだけ生きられれば充分なのかなんて、決めることはできないけれど。

今、こうやって生きて、家族と過ごしたり、友人と過ごしたり、ネットをやったり・・・そんなのは僥倖なのだと考えさせられます。



スポンサーサイト

その僥倖を ずっと強く念じていておくれ。

君の幸いが、私の幸いでもあるのだから。
(ちょっと懸想文ぽいな。ははは。)

人の命は、はかないからこそ今のこの一瞬が貴重で美しいのかもしれません。

ご家族にとっては本当に悲しく辛いこととお察しいたします。

☆十六茶さん
ありがとうございます。
そう言っていただけると「生きていていいんだな」と思えます。
一人きりでは生きていけないharusameです。

☆にゃんこさん
確かに、儚いからこそ・・・という所はあるのでしょうが、やはり複雑な気分です。
生きている輝きを認識できるのが、自分が病を得たからというのも皮肉なものです。
いつまでも、今日と同じ明日が続くと無条件に信じていた頃は、それが「つまらない」と感じていたりしたんですよね。
今は、今日と同じ明日なんて、ありはしないと気付かされました。
いつまでたってもスロースターターな私です。
残されたご家族、悲しみを乗り越えて強くなって欲しいです。

もぉ、いろいろ考えない、手術、手術、手術、手術、手術、手術、完治、、完治、、完治、、完治、、完治、それだけ !

☆あんぱん父さん
あはは、気合い入りますね~!ありがとうございます。
モグラたたきの勢いで、完治目指します!
Secret

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。