09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日はMRIなり

検査予約が午前9時20分。

検査の3時間前から絶食。

6時20分までに朝食・・・と思いながら寝たのですが、お天気が今一つのせいか、起きる気力がわきませんでした。

お弁当作って、朝食(家族分)作って、ご飯食べるみんなを横目にブラックコーヒーで空腹を紛わせてみたりして。

でも、見ているとお腹空くから、ちょっと早いけど行こうっと・・・歩き始めて数分、あ、パスモ忘れた(--;)

駅に着くと構内放送「○○駅で人身事故のため、ダイヤが乱れ、ご迷惑をおかけしております」

病院に着いて看護師さんに誘導されMRIの部屋へ。

しばし待つ。

「すみません。こちらの機械、調子が悪くて・・・こちらへどうぞ。」と誘導されて、他のMRIの場所へ移動。みんな忙しそうだ(--;)

メガネをかけた技師の先生が、やたら恐縮して気を使ってくれる。

いや、大丈夫ですよ。本当、大変ですね。

「僕たちは、もう頑張るしかないんですけど、時間を予約してこられた患者さんをお待たせするのが申し訳なくて・・・」その気持ちだけで充分です。

検査を待つ間、MRIの部屋の入口に貼られた注意書きを読んでいました。

強力な磁場を発生させるため、金属類の持ち込み禁止。

その言葉の下に、MRIの磁気に引き寄せられてボンベが飛んでいくのを見て看護師さんが驚く図。

そして、患者さんに対して注意喚起のためでしょう。

「金属類を持ち込まれることで、機器の故障の原因になります。故障しますと、復旧するまで多大な時間とお金がかかります」ってな事が書いてありました。

そうだよね~。一基故障しちゃっただけで、こんだけ忙しくなっちゃうし・・・なんて思ってぼんやり見ていたら、検査室の扉があき、患者さんが出てこられました。

そして、その方のポケットから自転車の鍵らしきものがポロリ…チャリン。

「ああ~!カギ入っていたんですか!?」焦ったように言う技師先生に、患者さんは照れたように笑うだけ。

おいおい、これでこのMRIまでおかしくなったら、私はどんだけ待たされるんだ!?という考えが脳内を駆け巡りましたが、ポケットの中に入っていたんで、機器の故障には至らなかったようです。

もしポケットから飛び出しちゃったら・・・どうなっていたんでしょうね?

そしてこの患者さんの画像はどんな風になっているんだろう?ちょっと興味アリ。

まぁそれはいいとして。で、自分自身の検査。

造影剤を入れる点滴ルートを確保して、台の上に寝ます。

凄い音を聞きつつ、息止めの合図に従って10~20秒間の息止めを繰り返します。

途中で造影剤を入れ、また同じように息止めしつつ撮影。

いろんな音がするのですが、その中のひとつに「私が息をはく時にガガガ~って音がする」というのに気がついて、思わず(ちょっとだけど)息の止め方や吸うまでのタイミングをずらしてみて面白がっちゃいました。

検査後は点滴の針を抜いて、お会計して終了。

もっと凄い時間がかかっちゃうと覚悟していた割には、お昼前に帰宅できました。

お腹が減っていたから、お昼御飯が美味しかったです~!
スポンサーサイト

大変だったね~。

それにしても、金属飛んでいくんですか!
それはそれで見てみたい気がするわ。

ところで、MRIの前って、コーヒーは飲んで良いのねv-238

金属飛んで行くのですか!!
すごい、知らなかった!!
以前、キャミソールの長さ調整の器具が金属含んでいて、MRIやった気が…あれ?CTだったかな??
お疲れ様でしたー。

お疲れさまです~。
MRIのときって、「金属ダメです!ないですね?」って確認されません?
あ、本人が忘れてたらダメか(^^;)
つるこさんと同じくキャミに金具ついてたことあって、私は脱がされました~。

☆十六茶さん
図では飛んでました!でも、本当はどうなんでしょうね?
強力な磁場だけど、機械からちょっと離れていれば大丈夫みたい。同じ室内に保管してもらったメガネは飛んできませんでしたよ(^^;)
MRIやCTの造影剤を使う検査は、食事は×だけど水分の制限はありません。
というより積極的に摂って、造影剤を早く体外に出しちゃいましょうって感じです。
ただ、糖分・乳製品はどうなんだろう?と思い、ブラックコーヒーで・・・
厳密にいえば、コーヒーも穀物って分類されるのかな?でも、インスタントだし・・・
ま、大丈夫でしょう!(いい加減)

☆つるこさん
キャミソールの金具がMRIに引き寄せられて体が宙に浮いたりして・・・すいません、妄想で楽しんでしまいましたm(。。)m
画像を見た先生からの指摘はなかったんでしょうね。ってことは、案外平気なのかな??
でも、↑のryuryuさんは脱がされてますよ~!!

☆ryuryuさん
脱がされちゃったんですね~!(喜んでませんよ、はい。)
鍵の主は、きっと自分でもうっかり忘れていたんだと思われます。
でも、自分の持ち込んだ金属が原因でもし故障したら・・・と考えると、かなり怖いですよね。
修理代とか、請求されちゃうのかなぁ??(怖っ!!)

こんにちわ。MRI撮影も造影剤を使ったりするのですね。CTだけかと思ってました。MRIを撮影する体の部位によっては絶食もありみたですね。私も一度だけ4時間前から絶食がありました。

ところで、MRIも回数をこなすと慣れてくるもので、今、私はMRI撮影をしながら、あの爆音の中、寝れます。

☆うふ。さん
MRIの造影剤はCTとは違うらしく、注入された部分が冷たく感じました。
>あの爆音の中、寝れます。
あ、それは私も!最初は怖かったんですけどね~。何事も慣れるもんですね。
Secret

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。