10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院のお話 その4~化学療法開始~

土曜の夜は一人部屋で過ごしました。

こっそりと携帯とDSの充電も済ませました(^m^)

日曜日の午前中に、今度は個室から8人部屋へお引っ越し~。

個室も静かでそれなりに快適だったけど、やはりおしゃべりできる人がいるっていい。

病棟移ってきたいきさつとか話して、そのうち両親がお見舞いに来てくれました。

月曜からは、いよいよ投与開始です。

午前中にW先生が、K先生、I先生とともにやってきました。

W先生「じゃ~、始めますね。痛いかもしれません。」

え!?本当に?すごく痛いですか?(--;;;;;滝汗

W先生「はい、痛いです。・・・・嘘です。」冗談は人を見て言いましょう、ね。

リザーバーに無事針が刺さり、吐き気止めから点滴開始です。

いただいた投与スケジュールによると

デカドロン・セロトーン・生食100ml  <吐き気止め>  点滴30分
アイソボリン・5%ブドウ糖250ml
エルプラット・5%ブドウ糖250ml 一緒に<化学療法剤> 点滴120分
5-FU・ブドウ糖50ml          <化学療法剤>  点滴5分
5-FU・生食                <化学療法剤>  インフューザーポンプ46時間

だそうです。

最後の一行が「お持ち帰り点滴」になるわけですね。

インフューザーポンプになるまでは点滴に監視装置(揺れたりするとピーピーなる奴)をつけられちゃったので、出来るだけ安静にしてみました。
この監視装置、案外ピコピコすぐになるけれど、自分じゃ止めないで!と注意されたので「なら出来るだけ鳴らさないようにしよう」と行動自粛していたのですが…結果からいえば、トイレに行って帰ってきても大丈夫でした。まぁ、そ~~~っと移動してましたけどね(^-^;)

インフューザーポンプだけになると、とっても身軽。
まぁ、点滴台を持って歩いている状況と比べて・・・ですが。

看護婦さんがまめに様子を見に来てくれました。

投与初日は軽い吐き気があって(つわりみたい)ナースセンターで吐いたのを受け止める容器を貸してもらいに行きました。
そしたらK先生とかもいて「吐き気あるなら、注射するよ!我慢する必要無いから。いつでも言って!」と、心強いお言葉。

でも、まだ「うへぇ~気持ち悪い・・・」ってところまで行っていないから、もう少し様子を見ます。と、容器を貰って撤収。

午後遅くから、指先のピリピリ感を感じるようになりました。

トイレの後の手洗いが、ちょっと怖くなったりして(^-^;)

あとは夜になってから足の先と舌の先に、手のピリピリに似た感じが出たけれど、酷くなることはなく寝て起きたらおさまっていました。

二日目は、一日目よりも快調。吐き気も治まって「このままなら楽勝!」とか思ってました。

三日目、いよいよ抜針です。
恐怖のDVDの後、資料と模擬を重ねて本番です。
ちょっと怖そうな看護婦さんでしたが、ところどころダメ出しを貰いながらもOKでました。

ほぉ~っと一息。

今までの緊張感が切れたせいなのか、突然倦怠感。。

ほとんどカーテン全開できたのに、なんだか元気が無くなって、カーテン閉めてお昼寝してしまいました。

その後の夕飯も、食欲ナッシング(--;)

私がご飯を食べたくないなんて・・・ありえな~い!って感じですが、本当。

無理やりに詰め込んでも半分まで食べられませんでした。

でも、ここで調子悪くなったら退院が延びちゃう~!と、これでも必死に食べたんですけどね。

むくむくと「ここからが本当の副作用?」なんて不安になって、思わず眠剤貰っちゃいました。

怖い時には眠るに限る!!

次の朝食も、食欲湧かず。でも、出来るだけ食べる。

前日の血液検査の結果が問題なければ退院できるという話を貰っていたんで、気持ちはもう「帰りたい~!」

本当はその日の朝も採血する予定だったようですが、何だかスルーされて問題なかったようで、退院許可がおりました。

旦那さんには午前中に「たぶん退院できるから」と連絡しておいたので、お昼過ぎに来てくれて、諸々の手続きをしてくれて、いざ!退院!!



・・・・と思ったら、おなかが痛い。


下すまでは行かなかったけど、帰りの電車、ドキドキでした。

本当にお腹に来ちゃったらどうしよう。って。

一人じゃなかったんで、助かりました。

もちろん旦那さんがいたって、出るものは出るでしょうが(下品で失礼)一人で荷物を抱えて・・・と考えたら冷や汗ものです。

12日に退院して、本格的(?)な下痢は13日から二日間でした。

おしり、痛かった~(T-T)

その後は、軽い倦怠感、しびれ、吐き気はありましたが我慢できる程度。

回数が重なると、副作用も重くなってくると聞きますから、ちょっと怖いけれど、初回この程度で済んでよしと思わなきゃいけませんね。

いまでは(19日現在)ほぼ問題ない状態です。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。