10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

術前の検査

大腸がんの検査。
主な検査は内視鏡、CT、MRIでしょうか?
以上の検査をした結果、肝臓にもなにやら影が発見されてしまった私。
担当の先生は開腹オペをして、肝臓の方も見たほうがいいという提案でした。
しかし、うちの主人が腹空鏡でのオペの可能性を捨てきれず、もうお一人の先生の診察を希望して、見てもらって着ました。
そこは大病院とは違い、小さなクリニックでしたが、患者(私)の状態の緊急性を察知してくださって、初診から検査→結果報告までをなんと4日で終わらせてくれました。
検査も内視鏡やCTは検査済みなのでPET-CTのみをお願いするという我儘ぶり。
それでも嫌な顔一つせず、検査の結果も超特急で取り寄せてくださって、報告してくれました。
結果としては肝臓の影は癌の転移である可能性がかなり高い。
それと左腋の下のリンパ節への集積が見られるとのこと。
以上のことを鑑みて、もし自分の身内が同じ診断を受けたなら、開腹でのオペをするように希望すると思うということを語られました。
おかげで主人も私も踏ん切りがつき、3番目のお医者さんであるJ医大に戻って、手術をお願いすることにしました。
でも、帰って来た私達にK先生一言。「うちにもPETはあるんだけどね」
だったら言ってくれればいいのにぃ~(--;;;
そしてリンパへの集積の話を聞いて、もう一度ここでもPETと取れればリンパ液を採取して、検査をしてみることに。
自分で選んだ道とはいえ、また手術が遠くなってしまった・・・
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。