10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリアス…なんですね。

本日、大腸担当・主治医のK先生との面談に行って参りました。

旦那さんと一緒に待つこと1時間。

順番になって診察室へ。

まず一番に聞きたいことは、K先生の見解もT先生と同じなのかということ。

これは「同じ」ということでした。

つまりここでは手術という選択はないということ。

ただ、判断基準と言うのは個人的なものなので、私の状態でも「切除します」という方はいるのではないかと言うことでした。

なので、もし「この先生なら」と思うところがあるなら紹介状をお書きしますよと。

リンパ節の転移も、実際にブツを検査してみないと本当の転移なのか、ただの腫れなのかは分からないから、検査は大急ぎでやれば30分程度で終わると思うので、例えば開腹をしてリンパを摘出し、検査に出して癌でなければ、肝転移部分を切除。転移であればそのままお腹を閉める。というのもあるかもしれません。と、K先生。

それって、もし転移だった場合、開け損ですよね。

あと、もし抗がん剤の治療をするならば、梅澤先生と言う方のところで受けてみたい。と話をしました。

すると、セカンドはどれだけ聞いてもらってもいいけれど、紹介状はあちらこちらには書けないとの事。

それは・・・そうですね。

出来れば手術をしたいという、最初の話と、抗がん剤治療をするなら…と言う話は矛盾していますよね。との指摘も。

そうですね。

手術を希望するなら外科医に、抗がん剤治療を選択するならば内科医に紹介状を書くので、そこをはっきりしないことには紹介状を書けないとの事。

・・・はい。


しばらくウンウン唸っていた(考えていた)のですが、残念ながらその場では答えが出せず、来週までに方向を決めてくるということで、今日はお終いになりました。

帰ってきてから旦那さんはネットで肝臓手術の名医といわれる先生を検索してくれましたが、出た答えとしては「肝臓内に留まっている癌ならば」という但し書きが条件の方がほとんどのようでした。

つまり私は適用外なんでしょうね。

となれば、打つ手は抗がん剤。
この判断を昨日のうちに出来ていれば、今日もう少し具体的な話になっていたかもしれなかったなぁ。

いや、でもやっぱりK先生の方針を聞いてからじゃないと難しかったな。(と、自己弁護)

まだ頭の中がかぁなぁり~整理されておりません。
とりあえず、現状、こんな感じです。すいません!!
スポンサーサイト

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

no subject

harusameさんの迷いはとてもよくわかります。希望的には抗ガン剤その後手術だからどちらか一方を選べといわれても選べませんよね。私も肝臓のリンパ節が腫れてたら手術してもらえないというのは考えてませんでした。セカンドを含めharusameさんにとって最良の治療が選ばれるよう願ってます。

no subject

リンパ節、転移かどうかは検査してみないとわからないのですね。
紹介状を書いてもらうにも早く方向性を決めないといけないんですね。
でも、簡単に決められることではないですよ!
その場で答えを出すなんて無理です。

でもリンパ節のものががんではなかったら、肝切除してがんがなくなる!と思ってしまいました。
私も言われたけど、1個と0個は違います。
でもお腹開いて閉めるだけになったらイヤですよね。

じっくり考えて、最良の選択をしてください!

no subject

☆Aさん
貴重なご意見、ありがとうございました。
一つの命、大切に頑張っていきたいと思います。
手術、頑張ってきてくださいね!!

☆シャコンヌさん
「切れる」って思っていただけに、おいおい待ってよ…って感じです。
でも、別の病院だったら違う見解かもしれないので、チャレンジです!

☆ryuryuさん
そうなんですよね。リンパ節の腫れ、これが癌でなかったら…手術のチャンスを逃すことになる訳で、やっぱりもったいない。
別のお医者様の意見を聞いてこようと思っています。そこでも転移だといわれ、切れないと言われたら…覚悟します。それからでもいいですよね。
Secret

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。