10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集積あり。

先日行ったPETの検査結果を聞きに、今日は外来に行ってきました。

予約表を見ると、案外に早い番号。ラッキー☆なんて思いながら、ふと見ると見たことのない診察室番号。

そ、それは、どこだ??

大きな病院だから、毎回同じ診察室で・・・というわけではなかったけれど、でも、大体この辺ってあたりがあったんですが、今回は初めての数字。

思わず、病院の総合案内で聞いちゃいました。

そうしたら、いつも行く診察室の反対側。。。気をつけてみれば、すぐ分かるところ(--;)

一瞬「他の先生に回されちゃったの!??」と脳内パニックに襲われたのを言い訳にしたいところですが、ただ単に「おまぬけなだけ」が本当のところです。

もちろん、担当医の名前はその診察室のところに出てました。ほっと一安心。

しばし本を読みながら待っていると、私の番号が「中待合室に入ってください」のところまで移動したので、中待合室へ。

患者さんたちも、だんだんに入れ替わり、次は私の番だ~と・・・。

腰を上げたら、なぜか私の次の番号が点滅しているではありませんか!



な~ぜ~!?




私の次の番号の人は、ちょっと驚きつつも診察室へ。

そして、診察を済ませ、中待合室を出ていきました。


当然、次は私でしょう。







なかなか呼ばれない。








まだかいな?








何でこんなん時間がかかるん??












もしかして、非常にやばい状態とか!?











悪い想像も出尽くしたあたりで、やっと呼ばれました。

入室するや、K先生に「すっごいドキドキしてるんですけど・・・」と恨み事を一言。


その恨み事が効いたのか、ドアが閉まる前から話を始めようとするK先生。

急いでドアを押し閉めました(^-^;)


K先生「えっと、まず腫瘍マーカーですが、この前のPETと一緒にやった分。13.1。上がってるね」

私  「うっす。」

K先生「で、PETの画像が(と、PCに画像を呼び出す)これで、え~っと、集積が見られました」

私  「(画面を目で追いながら)それは・・・肺ですか?」

K先生 「これは肺だけど、これは問題ない・・・っていうか、集まっていても異常ではないの」

私  「うっす。」

K先生「で、ここ。肝臓のここに、赤く集まっているのが分かりますか?」

私  「・・・そこが、肝臓なんですね?はい」

てなやり取りがあって、とりあえず、肝転移の疑いが濃厚でしょうと。

ただ、今見えている部分だけなら、手術はそれほど難しくはないと。

ただ、可能性として目に見えない小さなものがまだある場合もあると。


方法としては

1、手術で疑いのある部分を摘出する。

2、3か月ほど化学療法(抗がん剤)をやって、あるかもしれない目に見えない小さな癌を叩いてから手術する


最悪なのは手術と手術の間隔(つまり転移の間隔)が、どんどん短くなってくることなのだそうです。

あとは、肝臓の転移は、実際開いてみるまで「灰色」だということ。

大腸や胃のように細胞を取って、検査をして、黒だとはっきりしたら手術、という手法を取れない。

たぶん転移だと思うけれど、もしかしたら取ってみたら良性のものだったという可能性も0じゃない。
なんて話もしてもらいました。

ふぅ。。。

中待合室で、順番飛ばされた時点で、なんとなく嫌な予感はしていたんですがね~。

あ、順番飛ばされた理由は放射線科の先生の見解みたいなものが届いていなかったんだそうです。

さて、今夜は相談だ!!
スポンサーサイト

難しい決断せねばならんね

肝臓にありましたか。。。。。
でも、判断が難しいみたいですね
開かないとわからない。なんて言われてもねぇ~
相談。どうなりました?

今日はおちゃらけコメが思い浮かばない
前半の記事に突っ込み入れたいけど・・・・
わたしも今日CTだったよ。結果は来週。
お互いいやだねぇ~~~

no subject

大変な一日だったのにこんなにくわしく書いてくださってありがとう。ショックでしたよね。手術を受けるか抗ガン剤をまずやるか、自分で決めるのですか?どちらにしてもいい結果につながるよう祈ってます。

no subject

結果を聞くのはいつもドキドキですね。
私も良性とは言え、悪性ひとつ前の良性だったようで、
家族歴や経験から内視鏡で取ることにしました。
来年かなぁ~と思っていましたが、年内に取りに行ってきます。

またそれで検査になるようです。
どちらにしてももう一山越えないと、新年がこないみたいです。

選択は大変なことだと思いますが、
良い結果が得られるよう願っています。

no subject

☆ranさん
あはは~!突っ込んでぇ~!(壊れてます)
まぁ、これも人生の岐路ということで、真面目に考えたいと思っています。(真面目にって言うのが難しいかも?)
一度決めたら、信じて進むのみ!
ranさんのCTの結果が良いことを祈っています。

☆シャコンヌさん
ブログには書き込むことによって自浄作用があるようようです。
パニクっている頭でも、文章にすることで少し冷静になれるような…(気のせい?)
昔と違って、今は治療方針の提示はするものの、決断するのは患者(本人)ですよね。
これだけ医療裁判が多発しているから、仕方がないのかもしれませんが・・・
患者としては、ちとしんどいかも(^-^;)
自分で勉強して頑張らなきゃ!です。

☆shionさん
年内撤去ですか。
うん、早い方がいいかも。
きれいな体になって、新年を迎えたいですよね♪
その前に、また検査・・・大変だけど、頑張ってください!
Secret

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。