02
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お久しぶりです

ベイマックスがほしいとつぶやいたまま、姿を消しておりました(^-^;)

ど~こ~へ~?

思いがけず、緩和ケア入院orz

時を少し巻きもどして・・・センター試験もそろそろという1月15日。
昼ご飯はまぁ普通に食べられて、夕飯に揚げ物を作っていたら なにやら気分が悪くなり・・・でも、これって結構あることなんですよ、私には。揚げ物作って、油に当たって(?)食べられないって。
なので、食べずにお風呂に入ってお布団へ。
数日前から少々便秘気味ではあったので、それで気持ち悪さに拍車がかかったのかな?なんて考えていました。

寝て起きれば、きっと大丈夫~と思っていたのに、時間経過とともに吐き気も出てきて、ただ夕飯食べていないので出てくるのは胃液のようなものばかり。洗面器抱えて一晩過ごし、次の日に緩和でお世話になっているT病院へ電話。
「入院の用意をしていらしてください」と指示されて、朝からドタバタ。
この時点では、ただのフン詰まりで、浣腸とかでなんとかなるだろうと思っていたのです。

旦那さんと一緒に緊急外来に行って、待っている間に、なんだかどんどん辛くなる。吐き気はおさまっているんだけどね。

やっと主治医登場。で、状態を見て「CT撮ろう。」
え~、明日センターなんですよ。浣腸いっぱ~つ!とかで、どうにかなりませんか?
「う~ん、浣腸もね、外来でするとなると、結構大変なのよ。とりあえずCT撮ろう」ってことで撮影。

呼ばれて診察室へ行くと「そんなに簡単に帰れる状況じゃないことがはっきりしました」だって。
もしかして・・・・とうすうす感じていたので「腸閉そくですか?」と聞くと「そう」とのこと。
どうやら胃から腸にはいる部分あたりに、外部から圧迫を受けて詰まってるのではないか。
で、その外部の圧迫というのが腫瘍本体か、それに伴うリンパ節が腫れて・・・という可能性が高いそう。

どうりで胃のあたりがポンプクリン。パンパンです。そこで詰まってるから下に行かなくてうんげぇ~ってなってたわけね。

で、腸閉そくの対処法としては鼻からチューブを入れてたまっている内容物を排泄させる、これが多分一般的。
でも、話を聞くだに辛そう(--;)
いや、治療なんだからね、辛いとか、辛くないとか、えり好みできる状況じゃないわけで・・・と思っていたら、先生から「あと、ステロイドを投与して腫れが引くのを待つってのもありかも。」と。
ただ、これは腫れが引いてくれるかどうかは賭けだし、症状が治療に間に合わなければ途中でチューブ方式に変更もありうると。

賭けましたとも。んで、なんとか噂のイレウス管のお世話にならずに済みました!
腫れが引いていくとともに腹部のパンパン感も緩和され「ああ、落ち着いてきた~」ってよくわかりました。

で、退院できるかと思ったら そう甘くはなかった。
食事のリハビリしつつ、再発しないかどうか見なきゃいけないそうで・・・

そんな訳で、またしても「センター試験の日何の役にも立たない母親」をしていたharusameでした。
そして、その後も想定外に入院は長引き・・・続きはまたあとで。
スポンサーサイト

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。