12
2
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
25
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとか、できた。


みなさん、良いクリスマスを過ごされましたか~?って、いつまでもクリスマス気分を引きずってんじゃないよ!って怒られちゃうかな?

私自身、まったくクリスマス関係ありませんでしたけどね。(ふっ)

さて、前記事で書いた「自分で注射」 なんとか無事にできました。

でもね、思っていたよりも大変だった。

ポートの抜針は模型で練習させてもらえたし、実際自分でやる時も、最初の1,2回は看護師さんの監視(?)のうえでやったから、万が一の時にはヘルプしてもらえるという安心感もあったんですよね。

それが今回は、いきなり本番(笑)

もちろん事前レクチャーはしていただきましたが、物品は本物を使っていたため、パッケージをあけることができる限界があったわけです。

で、昨日実際にやってみて、注射針をカバーしている部分を抜こうとすると、シリンジと針が繋がっているスクリュー部分が取れてしまうという事に!

焦りましたよ~。 せっかく消毒したのに!とか、ここの部分そんなに空気にさらしていい部分じゃないよね!?とか。

慌てふためくも、家には私一人。

本気で外来行こうかと思いました・・・が、なんとか悪戦苦闘の末、取ることができて無事に注射。

もう、冷や汗やらなにやら・・・

とりあえず無事に打てました~というご報告でした。


今日は朝から、体が痛いっす。 布団と仲良しになろう。
スポンサーサイト

今年最後の外来(になるはず)イリノテカン11回目

今日は、案外暖かかった?風もなく、外出日和だったようです。

本年度最後の外来、血液検査の結果は白血球低め。
通常なら見合わせるかな~?って数値だったのですが、来たのですからやっちゃいましょ~って事で。

その代り(?)白血球増やす注射(フィルグラスチムBS注)を打つことになりました。

「明日も来られる?」との先生の言葉に「来られないことはないですけど・・・」と答えると、「それとも自分で打つ?」と。

自分で打つ!

世間ではインスリンなどを自分で注射する人も多くいらっしゃいますが、私にとっては初めての経験。

看護士さんにレクチャーを受けて、注射本体をお持ち帰りしてきました。

いざという時は、外来に来てもらえれば打ちますからね。と、安全ネット確認(笑)

ポートで針を抜くことには慣れているけれど、打つことになろうとは・・・人生長くやってるといろんなことがあるものです。

とりあえず、冷蔵庫保存なので明日の午後まで卵のパックのお隣で待っていてもらいます。(いいんか、そんなんで)

本日提示された検査結果としてはCEAは下がっているけれどDU-PANは上昇という、ここ数回と同じ傾向。
いったい何がDU-PANを押し上げているのか・・・(--;)ちょっと気持ち悪いですね。
肝臓の数値は相変わらずの規定値ぶっちぎりですが、黄疸の指標になっている数値が上昇傾向だったのが、ちょっと下がったのがよい報告かな。

帰りがけに、一緒に行ってくれた旦那さんと久しぶりに「おそば」を食べました。
旦那さんはカレー南蛮。エプロン付けてくれましたよ(^^)
なんとなく、ラーメンとかおそばとか、ツルツルってすすって食べてしまって、消化にあまりよくなさそうと敬遠していました。
あと、おそばは冷たいのが好きなので、時期的に・・・ね。
それと体力がダダ下がりなときって、吸い込むのに疲れちゃうんですよ。一息に吸い込めない。
そうするとなんかぶちぶちちぎれた麺が多くなってきて、なんだか気分的によろしくない、ってのもあったかも。
でも、今日はおそば、食べてみよう!って思えて、いざとなったら旦那さんにレスキューしてもらえばいいし!と、とろろそばを注文。
久々のとろろそば、美味しかったです~。麺は半分くらいしか食べられなかったけど、濃厚なとろろが♡
途中旦那さんのカレー南蛮もお味見させてもらって暖をとりつつ(笑)いただきました。

さて、世間はクリスマス・イブ。
我が家は昨日、ケ○タッキーのチキンを買ってきて「ひと足早いクリスマスね!」と無理やりクリスマス終了宣言をしたのですが、なんとなくガトーショコラが食べたくなって、先ほどコソコソと焼いておりました。一晩置くと、しっとりするんだけど…はたしてそれまで待てるのか?
プレゼントは、娘用に雑貨と紅茶を用意しました。
息子には・・・まぁ、桜が咲くまで「保留」です。っていうか、無欲な奴で、何がほしいのか全く分からない(--;)
誕生日とかも欲しいものを聞いたら「現金かなぁ」とか言うし、本当に夢がない。

桜が咲いたら、盛大に祝ってやるから頑張りたまへ!!息子君!

アクセサリー

今までビーズや天然石を使ったりして、大したものではないけれど結構な数のアクセサリーを作ってきました。

作るのは大好きでも、できた作品が自分に似合うものばかりではない・・・というか、実はつけるのは苦手(^^;)

おしゃれ下手です。

手なんてぽちゃぽちゃで、友達からは「子供の手のようだ」「苦労知らずの手だ」と言われておりました。
なので、指輪とか、めっちゃ似合わない。
シンプルで華奢なデザインは手がふくふく過ぎて、その華奢さが死んでしまう。
ゴージャスな感じのデザインは、お子様のように指が短い手には荷が重い(^^;)

そんなわけで自分でつけるアクセサリーとしては、ブレスやネックレスが多かったのです。

が、

ゼローダの副作用であるらしい、爪の軟化。これのおかげで「留め金」を止めることが出来なくなってしまいました。

爪が割れるので、それ以上割れないようにするために短く切る→留め金のフックに爪が引っ掛からない。

今まで作ってきた中で「お気に入り」としてきた数少ないアクセサリーも、これで装着不能。

タダでも地味なのに、さらに地味さに磨きがかかってしまった。トホホホ・・・

いまさらキラビヤカなおばさまに変身できるとは思っていませんが、出来ないとなると寂しいものです。

そして寂しいと言えば、頭髪。副作用?それとも時期的なもの?どちらが原因なのかわかりませんが、こちらも寂しくなるほど抜けています。地肌見えてまっせ~。orz

なんともペシャンコな感じで、年越しです。にゃはは・・・

冬至だ!

早いもので、今年も残すところあと僅か。

なんか、後半戦、布団の中にいる時間がやたら多かったような・・・気のせいにしておこう。

さて、本日は冬至。

何やら今年は「朔旦冬至」と言って、新月と冬至の日が重なる19年に一度という珍しい日なんだそうです。

ふ~ん、ってことは19年前にもあったってことだよね?…記憶にないわ(^^;)

それは置いておいて。

とりあえず、冬至のお約束、かぼちゃとゆず湯!

かぼちゃは切るのに、ちょっと力が足らずに近くにいた息子に手伝ってもらいました。(母に切れないものを、おれが切れるわけないと思うけどなぁ・・・なんてつぶやいていたけど、19歳男子のセリフじゃないよね --;)

いとこ煮にするか、普通の煮物にするか迷いましたが、あまり甘すぎるのも…って気分だったんで、煮物に決定。
久しぶりにかぼちゃ食べた気がする~。おいしかったです。

夜は忘れずにお風呂にゆず投入。バブもいいけど、やっぱり自然の入浴剤は一味違うわ~。

明日は祭日でお休みだけど、娘から一緒に買い物に行こうと誘われているので、今くらいの体調なら出かけてこようと思っています。

そして明後日は今年最後の外来(予定)。

このまま行けば、なんとか無事に年を越せそうな気がします。
体調を崩さないように気をつけようっと。

久しぶりの更新です

いや~、寒さのせいか、体調が悪くて・・・(--;)なかなかPCに触る気にもなれず、今日やっと起動させました。

まぁ、迷惑メールが溜まってること、溜まっていること・・・orz

なんだかなぁ~って思っちゃいますよね。

さて、PC留守にしていた(?)間に、外来1回行ってきました。

マーカー値横這い故に、アバスチンとイリノテカン投与。

先生を相手に体調の悪さに泣き言を言ってみたりして。

ゼローダを飲むと、倦怠感と便秘の症状が出てくるんですよね~。
体調が悪かった時「これで抗がん剤なんか飲んでられっか!」と、自主休薬したら便秘も倦怠感も改善されて、熱が下がってゼローダ再開するとこれらの症状も再開・・・

副作用なんだから、飲めば出るってことは分かっているのですが、なんというか…気持が治療に前向きになれないと「調子の悪くなる治療ってどうなのよ!?」って、八つ当たりしたくなっちゃうんですよね。

さらに寒さからくる痛みが、この八つ当たり気分に拍車をかけて・・・やさぐれておりました。
(いや、実際痛みもあったんですよ。うん)

今日になって、少し食欲が戻ってきて、それとともに気力もちょこっとだけど戻ってきたような気がします。
あんまり普通の食事は摂れないけれど、ミカンとか甘栗とかプリッツとか(笑)食べたいと思うものをガッツリ食べてます。
また血液の栄養状態数理が下がっちゃっていたんで、食べねば~。あ、おもちも食べたww

そうそう、前回受けたアレルギー検査の結果も出てました。

「何のアレルギーもなし」のようです。

ふ~ん・・・それは嬉しいけれど、ならばこのしつこく続く鼻水はなんじゃらほい?寒さのせい?うむ~。

この結果を見て、旦那さんがなんとなく(いや、あからさまに)悔しそうだったのがおかしかったです。

こうなるような気がしていた

本日、外来予定でしたが、見事発熱~(*・・*)

とは言っても、前回ほどの熱ではなく、37.8度という「微妙な!」って数字。

どうしようかなぁ~、と悩みつつ 鼻をチーンとかんだら 両鼻から鼻血(ぎゃぼ)。

一気に「今日の外来はお休みになります」モードに突入。

いいんです。 そういうこともあるんです。 (誰に対して言い訳しているのやら)

ちょうど(?)図書館から借りてきた本も、返却期限が迫ってきているし きっと神様が「お休みしなさい」って言ってるに違いない。

さて、おでんでも煮込むかぁ・・・

お味噌に初挑戦

お友達のkayoさんが、ブログで「お味噌を仕込みました」とアップされていました。

それを見て、うずうずと「やってみたい欲」が湧き出して・・・

kayoさんのサイトで紹介されていた「はつゆき屋さん」に、麦みそのセットを購入いたしました。

先日届いていたんだけど、まぁ、病院とかあって手つかずになっていたんですが、昨夜重たい腰をやっと上げて、大豆を水につけて、作業開始。

一晩経って、丸々と水を含んで膨らんだ大豆を圧力なべで加熱し、柔らかくなったものをすりこぎと手でつぶす!

そのあとセットされている麦と麹を加え、こねて、空気を抜きながら容器に詰めて終了。

後は時間が「お味噌」に仕込んでくれるのを待つだけ。

書くだけだったら、大した作業じゃないんだけど、普段からの運動不足(--;)
すりこぎで潰している時点で、ひーはー言ってました(笑)

麹と混ぜているときに、しっかり潰したはずの大豆が、結構な数丸のまま発見されちゃうし、なんともトホホなお味噌になりそうですが、始めて自分で作ったお味噌。

どんなお味に出来上がるか今から楽しみです。

若いみそであれば、冬場なら1カ月程度常温でおいたら食べられるそうです。

成熟させれば、赤みのあるお味噌になっていくんだそうで・・・むふふふです。

イリノテカン9回目

月曜日にスキップした分(?)の外来に、昨日行ってきました。

風が冷たかったです(><;)もうすっかり冬なんですね。

昨日はCTも入っていたので、全身金具ボタンなしの服装。寒い中検査着に着替えるの面倒なんで・・・

しかし襟元までカバーするって考えると、ハイネックを着たい。でもそれだとポート出せない。なので、今回はCTで確保したルートでそのまま点滴をお願いしました。

まずルート確保のときに、手から腕にかけて冷え切っていたようで(私)全然血管が出てこない!と、看護師さん。カイロ2個で腕をサンドイッチしてもらってしばし待つ。あ~、あったかくて気持いい♡

少しして「あ、見えてきた」ということで、ルート確保。その後撮影して診察。

肝臓のほうは変化なし。肺のほうは・・・すぐにどうのこうのってのは無さそうだけど、にぎやかになってきたね~と。

マーカーはCEAは下がっているもののDUPANは上昇。理由は分かりませんです。骨・・・なのかなぁ?肺?

栄養状態はまたしても下がっていましたが(多分、次回判明する検査結果もさらに下がっていそうですが)、これは本人が元気そうなので「しっかり食べてね」で終了。

そして点滴。
腕の外側に針が刺さっている状況だったんだけど、点滴開始して少ししたらその辺りから「冷~~」という感覚が。
看護士さんに報告すると「そのままだと血管痛になるかもしれないから」と、またしてもカイロ登場。
温めていたら冷~~は消えてくれました。ほっ。

今までポートで点滴してきていたので血管痛とは無縁でしたが、そうか、これが・・・と。
まだまだ知らないことは多いようです。(全部知りたいとは全く思いませんが)

イリノテカンだけだったので、サクサクっと終了して帰ってきました。

次はインターバルを短くするって方向で話したので、8日の月曜日に行く予定。(熱なんか出さなかったらね ^^;)

淋しい年の瀬

ここんとこ、昭和の銀幕を飾った素敵な俳優さんの訃報が耳に入ります。

正直言えば、その方が出演なされた映画を映画館で観たことは一度もありません。

それでも「男らしい男といえば・・・」という質問に、すぐぱっと頭に思い浮かぶ方々。

誰かが誰かの代わりになるなんて、できないことだってわかっているけれど、あれ程までにその個性を認められ、たとえ虚像であったとしても 多くの人の心に残るような人は、なかなかいらっしゃらないでしょうね。

綺羅星はその光が強いほど、それが無くなったときの闇が濃いのでしょう。

なんか昭和生まれとして 淋しくなってしまった。


そして話は変わって、某mi○iのニュースで、ある俳優さんが余命3日から生還した!との記事が。

余命3日。

腸のかぜと誤診され、納得いかずにほかの病院で検査をしたら緊急入院・手術で余命は3日だったと。

しかし・・・余命3日。(しつこいって)

そんなに緊急性の高い状態で、動きまわれていたんだ・・・と、感心というか、驚きというか。
腸のかぜという誤診、てことは腸関係だよね?

そんなに直ぐに死に直結する腸の病気って、なんだ?

気になって仕方がない(--;)

師走です。

今年もここまでやってこられました。ふぅ~。

昨年は新しい手帳を買うのにも「途中で不要になるかもしれないし」なんて、とても後ろ向きだったことを思い出します。

なんであんなに暗かったんだろう?わからん。

さて、投薬後。まぁダルダルだけど、仕方ないか~ってレベルで推移するかと思いきや、週末まさかの発熱。

浪人生(息子)から、土日も講習が入っているけれど、両方とも10時からだから朝はゆっくり目でいいよ~と言われて気が緩んでるのか?と思いつつ、やっとこさっとこ起きだしてみたものの(土曜日)、何か知らんけど、体動かねぇ・・・。

正直、今思うと布団から抜け出すだけでも普段の3倍の労力を使ってましたね。
(ただ寒いから出たくないだけだと思っていた)

起きてみたけど、朝食を用意することすらできない。水触るとか、いや。(単なるわがまま?)

変だな~。なんじゃろか?って、熱を測ってみたら39・3度!

思わず二度見と笑いがこみあげてくる。少ししてもう一度計ったら39・5度だって。

こりゃ~、いかんわ。

旦那さんに後を託し(押し付けるともいう)布団へ取って返す。とりあえず、自分のおなかはバナナを一本食べて、薬投入。

子供たちの世話&家事を片づけて、様子を見に来てくれた旦那さん、心配してくれて「お医者行けば?」と。

でもね~、過去数回の事例を思い出しても、発熱してすぐに病院行ってもインフル結果でないし、水曜日に投薬していて、ただでも白血球下がってる所に、雑菌の巣(失礼)である病院に行くって、何の益もないと思うのよ。
インフルの反応が出るのって、発熱後24時間たってからだっけ?
だとしたら日曜日?
休日当番医に行ったとして、そこはある意味「月曜日まで待てないほどしんどいんです」って集団が待ち構えているわけで・・・危険。
だいたい、休日当番医に今までのことを一から説明して、使えるインフルの薬を処方してもらうまであーでもない、こーでもないと説明聞いたり…想像するだけで、布団に逃げ込みたくなる。

そんな訳で(?)土曜日様子見。さすがに9度台は朝方のみだったけど、一日中8度から7度台を行ったり来たり。

それでも突然叫びだすとか、猛烈な頭痛がするとか、なかったので、日曜日も様子見続行。
(旦那さんはお医者に行かせたそうだったけど、ぐにゃぐにゃ言い訳をしてスルー)

結局日曜日の昼過ぎまで引きずったものの、夕方には6度台もボチボチ出てきて、体もすごく楽になってきた。

体温が1度違うだけで、こんなに違うものなんだね。と、当たり前といえば当たり前のことを実感。

夕飯は娘にねだってカレーを作ってもらいました。お肉抜きの野菜カレー。でもスパイシーで美味しかった♪

カレーを食べたいって思える時点で、ほぼ8割がた回復してきていたような気がします。

そして本日月曜日。

おかげさまで、多少動きはのろのろなものの、朝ご飯を用意し(と言っても、昨夜のカレーを温めただけ)子供たちを送り出すことに成功いたしました。

本当なら、今日は外来でイリノテカンだけ投薬してくる予定だけど、さすがに昨日の今日は…ということで、スキップさせてもらうことにします。

この週末、がん友さんが上京されて、都合がよければ・・・とお誘いいただいたのに、こんな状況で行けなかったのが残念(><;)
でも、無理してお会いして、インフルかなんかわかんないもの移しちゃうのが一番の迷惑だもんね。

また体調が良い時に、お会いできることを願いつつ、12月を無事に過ごせますように、と祈っちゃったりもするharusameでした。

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。