10
1
3
4
6
7
8
10
12
13
15
16
18
19
21
22
23
24
26
28
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハッピー・ハロウィン!?


と、書いてみたものの…いったい何が「ハッピー」なのやら?

1410311

雰囲気としては「お盆」みたいなものらしいけれど、日本人には「お盆、おめでとう!」という習慣はないよな~。

まぁ、コスプレのチャンスとして楽しめばいいのか。


私としては、こちらのほうが「ハッピー」♪

1410312

干し柿になるべく頑張るシブガキ隊www

シブガキ隊って、今の子は知らんでしょうな~。
スポンサーサイト

イリノテカン5回目

本日は診療所外来、行ってきました。

朝一番の患者だったらしく、診察室閑散としておりまして、ちと寂しかったです。(何か間違ってる?)

採血をして、診察室で先日の緊急入院の顛末を伝えての話し合い。

「何が原因だって、向こうは言っていた?」との質問に「向こうは緩和専門なんで、何が原因かというところは解明しようとはしていない風でした。」と答えたら「確かに、そうだね」と。

でもこれって、これからのがん治療の方向として間違ってるというか・・・緩和ケアも痛みの原因を特定(するのは難しいと思うけど)できれば、弱っている患者の体に必要以上の投薬を行わずに済むわけだから、その辺を加味して欲しいなぁ~と思う患者だったりします。

ま、それは置いておいて。

痛んだ部位を説明して、最新のCT画像で確認するも 痛みを招くような兆候を現すほどの何物かは見つかりませんでした。なので、背中の痛みはとりあえず「要観察」って感じで…と思っていたら、先生が「もしかすると今薬飲まなくても痛くないかもしれないよ」と。

もし骨転移等の痛みなら、緩和で受けた治療だけで(経口薬として飲んではいるけど)おとなしくなってるとは考えにくい。
だからいま本当は、ほぼ無痛状態なんではないか?と。
ふむ・・・よくわからないけど、そういうこともあり得るか?
では、ロキソと胃薬だけ飲んでみて平気だったらそのまま、もし痛みが出たらそのほかを飲んでみましょうか。と、




人体実験再び!!



はっはっは。好きです、こういうの。(変な患者)

そうそう、マーカーはさすがにイリノテカンの減量に伴って上昇していました(^-^;)

こちらも「腹痛は果たしてイリノテカンのせいなのか?」というのが、いまひとつはっきりしていないので、今回は前回ディスカウント分の半分を足した量で投与。
これでおなかが痛くなったら、やはり腹痛はイリノテカンのせいってことで・・・と、こちらも様子見。

あと前回注射したら肩や背中が楽になったのがあるので、4週間経過したし、ランマークも注射してきました。


今日は風もなくて、とても気持ち良い天気だったし、行く前から「イリノテカンだけだし」と気持ちも軽かったんで、帰りは旦那さんとランチして帰ってきました。
ちょっとお高めの回転寿司ランチ♪めっさおいしかった(^▽^)

天高く、母肥ゆる秋・・・になるかも。

行けた! ルンルン♪

ふっふっふっ・・・行ってまいりました。イベント。

退院した次の日。ど~よ!?と思ったけど、行っちゃいましたよ~。行けちゃいましたよ~。

あとで疲れがどっと来るかもしれないけれど「行けたかもしれないのに、行かなかった。」とウジウジするよりも、きっと精神衛生上よろしいはずだ!(ってか、もう後悔しても遅いぜ!www)

でも、お友達の好意に甘えまくり、お昼くらいに会場へ行って、最後まで~っていう楽ちんコース。

昨日は埼玉のいろんなところでハンドメイドのイベントがあったらしく、午前中のお客様の様子は嵐のようだったそうです。(そしてみんな、次の会場へ回遊していったのでしょう)

なので、午後は楽々~(お店的にはどうよ?だけどね。)

久しぶりに会うハンドメイド仲間とまったりお話したり、素敵な作品にうっとり見惚れてきたり、充実した時間でした。

終了後はそのまま下り列車に乗って、実家へ~。

駅まで迎えに来てくれたんで、そのまま家族のお気に入りのパスタ屋さんへ行って「今日はこの後電車に乗らないでいいんだから!」とニンニクたっぷりのトマト&チーズのパスタを食べてエネルギー補給。

そのあとは実家に帰って、わんこのモフモフに癒されながら、父の旅行の話を聞いたりしてまったりと過ごしてきました。

今日は、お世話になったおじさんにお線香をあげにお邪魔したり、お墓参りをしたりしてから帰宅。

疲れたけど、思ったほどヘロヘロでもない・・・帰りに、車で送ってもらったせいかな?

この「ヘロヘロでない感」は旦那さんも感じたようで、なんでだ?と考えたら


 

あ・この間の入院からゼローダ飲んでない。




これが結構、いや、かなりの要因でない??

なんというか頭の中、抗がん治療というよりも「無事に痛みなく行って帰ってくる」てのがメインになっていたんで、退院してからすぐにゼローダ飲まなくちゃ!とか、まったく考えなかった!!(なんて患者だ)

まぁ、ここまでサボったんだから、今夜からは諦めて飲み始めますわ(^^;)


因みに今回緩和ケアで処方されたお薬リスト。

ピドキサール錠 10mg 
ロキソプロフェンナトリウム錠 60mg
プロマックD錠75 75mg
濃厚ブロチンコデイン配合シロップ 6ml
マグミット状30mg
レバミン錠5mg
ランソプラゾールOD錠15mg
MSコンチン錠10mg
オキノーム散2・5mg
センノシド錠12mg
オプソ内服液5mg 2・5ml
ベタメタゾン錠0・5mg

こんなもんかな?重複してるのがあったらごめんなさい。
なんか、各種類ごとに大きな袋に入っているので、とても「薬持ち」になった気分です。(笑)

入院していました(^^;)A

水曜日(22日)の夕刻から、背中の痛みが徐々に悪化。

「温めれば、なんとかなるか?」と、早々に夕飯をすませてお風呂に入ってみたものの、髪を洗うのもおっくうな感じ。

本当に「温まっただけ」で出て、布団へ直行。

「眠れればなんとかなるか?」と、思ったけど、これまた痛みが治まらず厳しい(--;)



う~う~言いながら、時計を見る。

すでに診療所は終了している時間だな。

ここは・・・・どうすべきか?様子を見て明日の朝・・・いや、無理っぽ。

では「困ったな~ってなったら、いつでもきてくださいね」って言ってくれた、緩和のT病院っしょ!!

空振りになるのは嫌だったんで、とりあえず電話をしてみる。

「そちらで緩和でお世話になっているものですが(嘘つき)実は痛みがあって、今から受診できますか?」

緩和の先生は当直されていませんが、診察はできますから、いらしてください。

「何を持っていけばいいですか?」

診察券と、もしかしたら入院になるかもしれないので、用意できるなら入院の用意をお持ちください。

ってことで、荷物を作り、タクシーにて病院へ。

診察に当たってくれたのは内科の先生でしたが、T病院の主治医であるK先生に電話で連絡をとってくれて、指示を出してくれました。

私としては、10月当初に診療所でランマークを投与したら、痛みがかなり軽減されたんで、もしそれが使えるなら使ってほしいっていうのがあったのでその旨を話してみる。

「ランマークは最低でも4週間あけて使う薬なんで前回投与からの期間がまだ開いていないから無理みたいです。」

とりあえず、痛み止めの処方を出して、自宅で様子を見てもらう形にしてもいいし、入院してもいい。と言ってもらえたので

「じゃ~、入院お願いします」となりました。

自分的に「これは自宅でどうにかなる感じじゃない」と感じたのかもしれませんね。

簡単にその後の経過を。

22日の夜からオキノームの投与が始まりましたが、痛みがほとんど取れず朝までズクズクって感じでした。

あまりの改善のなさに、ステロイドとモルヒネ投与。

ステロイドは痛みの原因になっている部分の炎症を抑えるってことで。

これと、それ以前に投与された諸々が効いてきたのが23日の朝から。

おかげで23日の午前中はひたすら眠りこけておりました。(グーグー)

その後は、点滴で痛み止め、ステロイド、モルヒネ(咳止め兼ねて)を投与してもらい、痛みレベルも10段階で0に。

24日の夜までその状態が続いて、夜から少しずつ点滴から経口薬へ変更できるものを少しずつ変更し様子見。

なんとかなりそうなので、25日午前に退院の運びとなりました。

いや~、22,23日以外は痛みもなく「骨休め入院」になった感じかも(^^;)

でもまぁ、緩和の先生と話をして、この痛みの発作(?)をどう捉えるか。

一時的な発作なのか。それとも一段階、何かが進んだものとして考えるべきか。

甘い予測をしてもしょうがないので、ここはひとつ進んだと考えていきましょう。ということで、今後は診療所の治療と、緩和での体調管理を二本立てでやっていくことにしました。

退院時処方でオプソが処方されました。ほほ~、こいつが・・・って感じです。(どんな感じや?)


ハンドメイドイベントは明日。・・・これは売り子は無理そうだと連絡し、お客さんとして行けるようなら顔を出してみたいと思っています。

残念だけど、最悪「ベッドの中で悶絶」していた可能性もあるんだから、欲を言ってはいけませんね。

とりあえず、現況報告でした~!

アバスチン+イリノテカン4回目

外来、行ってきました~。

今日は朝から鼻血の嵐でどうなる事かと思いましたが、なんとか電車の中での流血は避けられました(爆)

前回採血した際のマーカー、CEAもDUPANも下がってます!すご~い。

ただ前回からイリノテカン、半量にしていますから、次の時のマーカーの動きが本命(?)です。

とりあえず「イリノテカンは効果あり」ということは確認できたということで・・・

その結果を踏まえて「今日はどうします?40に戻す?」と聞かれたけれど、今週末ハンドメイドイベントを控えている身。

ここで数値にぬかよろこび(?)して、体力ヘロッたら元も子もないので、半量でお願いしました(^^;)

この量だと、いつもイリノテカン投与後に感じる足の攣りとかも出ないようです。

半量でも効くって、マーカーさんが証明してくれるといいなぁ・・・


そうそう、今回お会計で「カード使えますよ」って言ってもらいました!
以前(通院当初)カード払いが出来なかったんですよ。
それが導入されたみたい。ありがたい!
結果として出ていくお金は一緒だけど、やはりあまり多くの現金を持ち歩くのは気持ち悪い。
そして、微小ながらポイントも付くしね(>▽<)v

とりあえず、週末までに体調をキープすべく、頑張ります!

そして売り子になるのだぁ~!

アオザイ

ひっさびっさの、手芸部~♪

やっとミシンに触れるくらい、復活してきましたぜ、旦那ぁ!

でも調子に乗りすぎて、どうやら肩こり復活ですぜ・・・って、本当に何度やっても懲りない馬鹿っすね。

肩はバリバリでも、気分は上々。

とりあえず見てやってくだせぇ。

1410171

以前買っておいた綿麻のプリント生地。ちょっと地味めな紫系のバラが好み♪
こちらは、へたばる前に作りました。今までアップできる元気が出なかった(^^;)

で、今日作ったのはこっち
1410172

モノトーンチェックの綿素材。材料費としては上のやつの半額以下(笑)

1410173

「しゃか玉」と呼ばれる、チャイナ風ボタン。これは「みょうが」って云う形です。
うん、言われてみるとみょうがだわ(笑)

上の綿麻のアオザイは、お花の形のしゃか玉をつけてみました。かわういっす(^^)

しゃか玉にはいろんな形があって、どれを付けるかでずいぶん雰囲気が変わります。
カラーも豊富。自分で作ることもできるみたいだけど、今回は市販品で・・・。

そういえば、池袋にユザワヤが出来たんですね!知らなかった~。

池袋といえばキンカ堂というお店があって、資材関係お安かったんですよ~。
引っ越しをして、こんなに近くにキンカ堂がある!って喜んでいたら、破産→閉店 orz
悔し涙を流したものです。

少し足を延ばせば、ユザワヤもあったし、日暮里まで出てしまえばすべてのほしい物が揃っているのは分かるのですが、その「少し」がなかなか・・・

それが、なんと、池袋に、ユザワヤ♡

ポケモンセンターやニコ動の本社(だっけ?)も池袋に来るらしいし、何気にホットな街?

なんとなく嬉しい。



嬉しいと言えば、食い気が戻ってきたんで、体重も増えてきた!多分、それに伴って体力も少々戻ってきた気がする。

体力ないときには、食事をするだけで疲れたけど(これにはびっくりした)、今は大丈夫。

あまり急に体重増加すると、それはそれで大変なことになりそうだから(主に足腰?)自重しつつ、体力優先で復活していきたいと思っています。

な~んて言いながら、20日にケモだから、どうなることやら?

徐々に復活

台風19号、無事我が家のあたりを通過してくれたようです。

昨夜は雨戸を(旦那さんが)閉めて寝たんだけど、それでも風と横殴りの雨の音が凄かった。

前回台風で子供たちの学校が臨時休校になったりしたので、今回も?と半ばあきらめていたら、朝には風はあるものの台風自体は過ぎてくれた状況。うんうん、よかった。

TVのない我が家なので、今回の台風がどこでどんな被害を引き起こしたのか、または引き起こしていないのか分からないけれど、どうか皆さん無事でありますように。。。

さて、今回の副作用からの回復。まぁまぁ順調です。

まずイリノテカン投与当日~翌日の腹痛がなかったので、これはお薬減量のおかげかと思われます。

で、食欲ががっくり落ちることなく、さりとて通常量を食べられるって訳ではないけど、体重的には減らずに増える方向へ行けそう。
なんか今までの食事時間と自分の空腹の時間とが少しずれているみたいで、家族と一緒に食卓を囲んでいるときにはあまり食べられず、その後少しするとお腹がグルグル「減ったよ」と自己主張をしだします。
昨日もそんなんで、お風呂上がりの寝る前におにぎりをペロッと食べちゃいました(笑)

家族と一緒に食卓を囲むのは「心の栄養補給」。お腹の要求に応じて食べるのは「体の栄養補給」と思うことにします。

とりあえず本日の目標は「できるだけ横にならずに、夜まで過ごす」

ハードル、低っっ!!

続きを読む

逃走の果てに・・・

あ、なんかこうやって書くとカッコいいなぁ。(馬鹿)

水曜日逃亡した外来に行ってきました。

採血して、問診。

とりあえず、次の日に腹痛が出て痛かったです。と、肩の痛みは完全に消えてはいないけどずいぶん楽です。

腹痛に関しては、はっきりイリノテカンが原因とは言えないけれど、2回投与して2回痛いってことは・・・う~ん、そうなのかな。でも、マーカーは前回投与した後にCEAが下がってくれてるんで、できれば続けたい。
よし!減らそう!

ってことで、さらに減薬。その代り、3週間の間に2回投与って形にしました。(イリノテカン)

そして肩の痛み。ランマークが効いたのであれば、骨転移でしょう。とのこと。
だからと言って、別に問題ないという感じ。・・・いいのか、それで?
いや、またここで「じゃ~この薬を」なんて増やされるのは嫌だから、いいんだけど。
とりあえず、ランマークを使うと血中カルシウムが骨に集まってしまうから、前回処方したカルシウムのお薬続けてくださいね。

そんな感じで、問診終了。診察室を出るときに、あ、そういえば・・・と追加質問。

お酒飲んで、大丈夫ですか?

問題なしです。常識範囲内で(^^)v

うんうん、これで心も軽く今年漬けた梅酒の味見ができるわ♪

そして、本日は吐き気止め&イリノテカンのみ投与して終了。

会計でお支払いの際、その金額の安さに思わず「はい?」と聞き返してしまいました。

普段、アバスチンを使っているときは1回のお会計は10万円前後。

本日のお会計は12,000円。

え?桁間違えてない?って思うよね?

やっぱり高いんだ、アバスチン(--;)

そんな感じで、イリノテカンも無事減量になったし、思いのほか治療費がお安かったんで帰りに池袋西武の北海道展によって六花亭のマルセイバターサンドとストロベリーチョコレートをゲット。
あと、突然カステラが食べたくなって、地下でそれも購入。

食い気、明日にはどうなるかわかりませんが、とりあえず減っていません(^^;)

逃走するは我にあり(なんのこっちゃ?)

駄々っ子のような前記事に対して、みなさま暖かく受け止めてくださってありがとうございました。

少しお休みしたら、気持ちもちょっと立て直したようでゼローダ再開する気になりました。

でも、イリノテカンを投与・・・というのは、まだ躊躇いがあって、本当なら水曜日に投与予定だったのをパスしてしまいましたわ。orz

もう「逃げの一手」って感じです。(でもまぁ、次回予約はしましたけどね)


で、逃げて体調はどうよ?って事ですが、まぁイリノテカン投与してすぐよりは断然いい!(当り前か)

体重は戻りませんが、食欲は戻ってきてます。

カキも、クリも、ナシも、ブドウも、サンマも、銀杏も うまいっす!!

少し前に兄から梨を送ってもらったのですが、「南水」という種類の梨が洋ナシの歯触りと香りが混じっている感じで、素敵なおいしさでした。

まだまだ食べたことのないおいしいものってたくさんあるんだな~。

自主規制という名の逃避

水曜日に外来に行ってケモして、当日に気持ち悪くなって、次の日の昼間には腹痛が出ました。

う~ん、この前の腹痛の犯人はリリカじゃなくて、イリノテカンの容疑が濃くなってきたな(--;)

おかげで食欲ダダ減り。(んな言葉あるのか?)

またもや体重最低値更新!


んで、昨日切れました。

もうやだ。

イリノテカンだかなんだか知らないけれど、こんだけ苦しいのに、なんでさらに抗がん剤飲まなきゃいけないの!?

いやだ、いやだ、いやだぁぁぁぁ~~~!!

ってことで、昨日から現在に至るまで、自主的休薬。(自主規制)

痛み止めだけ、飲んでます。

そしたら徐々に気力復活。

多分に思い込みが作用しているとは思われますが、それでもその前までとは身も心も違う感じ。

抗がん剤を飲まないことに対しての罪悪感はあったんだけど、でもそれを振り切って飲まなかっただけのメリットを感じられました。

もうちょっと気力が復活したら(甘えてるんじゃねぇ!と、自分に活を入れることができたら)ゼローダ復活するとは思いますが、今はもうちょっと自分を甘やかせていたいと思います。

治療からの逃避、と言われれば「その通りです」としか答えられませんが(その答え方が既に開き直ってる?)、自分を守るための緊急避難だと思うことにしました。

おかげさまで、リンゴもクッキーもおいしく食べてます。
私にとって、こんなことが大切なのかも・・・

10月になりましたね。

昨日、外来行ってきました。

アバスチン8回目+イリノテカン2回目。
そして内服でゼローダとエンドキサン錠(隔週)。以上が「抗がん剤」(覚書?)

今回のマーカーは、前回のイリノテカンが効いてくれたのか、ほんの少しCEAが下降。
これを受けてイリノテカンをもうちょっと増やしたいところだけど、骨髄制御が出てて一回量を増やすのは難しい様子。
なので、来週もイリノテカン投与に行くことになりました。トホホ(--;)

体調はどうですか?との質問に、やはり未だ肩が痛いです(+0+)と答えると、CT画像を見ながら怪しげな場所を探してくれましたが「ここだ!」と確たる所見は見当たらず。
ただ、右の肩甲骨に少しイレギュラーなところがあるのと、第一胸骨が薄く見える(画像上。薄く見えるってことはカルシウムが他と比べて少ないらしい)とのこと。
そのあたりをトントンと叩かれて「痛いですか?」と聞かれたけど、肩を叩いてもらったような気持ちよさです、と返答すると「う~ん、骨じゃないのか?」と、先生思案顔。
骨転移で痛みがあるのだとすると、叩かれると痛いらしい。
それが感じられないということと、血中カルシウムの数値もそれほど高くない現状(骨転移で骨が溶け始めると、血中にカルシウムが溶け出して数値が高くなるんだそうだ)をみると、骨転移ではないのか?

とりあえず、ランマークを皮下注射してみて痛みが良くなったら骨転移の可能性が高い、ということで、ランマーク注射してきました。
これを注射すると体内のカルシウムを破壊されている部分に集める効果があるらしく、その分カルシウムが不足するのでカルシウム剤も処方。さらに便秘の副作用が出ることが多いらしく、下剤も処方。
う・・・う・・・どんどん薬が増えていく(--;)

薬といえば・・・と前回のリリカ内服後の腹痛の話をすると「う~ん、あまり聞いたことないですね。リリカですかね。その日イリノテカンも入れてるから、そっちかも」と。
今回もイリノテカン点滴あるから、少し落ち着いてきたらリリカ試してみて、と言われたけど・・・ちょっと尻込みですね。

そんな感じで診察を終え、点滴が終わってからランマークを注射して終了。

あ、栄養状態を示すアルブミン、なんとか標準値まで回復しました。
でもまぁ、もう少しあげたいからカロリーの高いものを食べなさいと。
もし、食べられなくなったとしてもポートがあるから そこから高カロリー点滴で常時栄養を入れることもできます。とも言われました。う~ん、それは今のところパスです。

病院を出たのがお昼少し過ぎだったので、近くのイタリアンでパスタランチ。
注文をしてから、なかなか来ないな~とは思っていたのですが、少ししてオーダーを取っていった男の子が「もうしわけありません!こちらの手違いでオーダーが通っていませんでした。急いで作りますので、お時間大丈夫ですか?」と。
あ、忘れられてたんだ。
まぁ、時間はありますから大丈夫です。と答えると「では、お飲み物サービスでつけさせていただきます」って。
ちょっと冷房で冷えていたから暖かい紅茶をありがたく注文させていただいたけど、ランチにもオレンジジュースついていたんだよね。
さすがに2杯の飲み物を飲みきるのは辛かったので、紅茶はほぼ残させていただきました。
パスタは最後まで食べきったよ!うはっ、一人前!

そして今回はぜいたくにタクスィ~帰宅。

帰ってから少しすると、ムカムカムカムカ・・・き、気持ち悪い。

久しぶりに思い出しました。これ、副作用の吐き気だわ。

横になってやり過ごそうとしたんだけど、ちょっとした拍子に咳が出て、咳き込んだ後に生唾が出てきて、生唾が吐き気を誘因する(--;)
吐きませんでしたけどね。でも、久々気持ち悪かったです。
夕飯はレーズンパン半分と牛乳。

しかし・・・少しして落ち着いてみると、肩の痛みがない。
こ、これは。ランマーク効いた!?ってことは、骨転移!?
痛みがないのは嬉しいけれど、骨転移は歓迎できる事象じゃない。

でもね、また少し落ち着いて考えてみると、ケモの直後、それまでの体のだるさが感じられなくなるって今までもあった。
だから、もうちょっと様子見よう。
次回外来まで「痛いのないよ」って状態が続いたら、あきらめて認めよう。

そんな感じです。

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。