02
1
4
6
8
9
12
14
15
16
17
18
20
22
23
24
25
27
28
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その後の体調

今回のケモは比較的副作用も少なく、復活の立ち上がりとしては「いいんじゃね?」って感じです。

投与初日は毎度の「瞼のけいれん、こむら返り」がチラリと出ましたが、おおごとには至らず。

便秘も本日から少しずつではありますが、解消されてきたので、こちらも一安心。


さて、前回の話に出た「腫瘍熱」

がん患者は発熱しやすいようです。

その主要原因は「感染症」が最多6割程度を占めるようです。残り4割が腫瘍熱だったり、薬剤によって起こる発熱だったり、原因不明だったりするみたい。

腫瘍熱の原因自体もはっきりしたことは解っていないようで、がん細胞が死んだときにそれを異物として攻撃するために熱が出るという話も。
ってことは、腫瘍熱が出るのは悪いことじゃないのか?とも思うけど、実際問題として発熱は体力を奪うし、衰弱したところに他の感染症とかやられると危険そう。

主治医の語感としては「あまり歓迎できるものではない」という感じだったので、この辺の解釈でいいんだと思います。

この腫瘍熱、普通の発熱のように悪寒などを感じる人もいる一方、「測ってみたら熱が高かったんで驚いた」という感じで自覚症状の少ない人もいらっしゃるようす。
この「自覚症状がない腫瘍熱」に関しては、無理に解熱剤を使って下げる必要はないという意見もあるみたい。

なかなか素人判断に迷うところですなぁ・・・ってか、心配なら病院に相談ですね(笑)
スポンサーサイト

FOLFIRI36回目

予定通り、本日外来行ってまいりました。

いつも通り「にやり」という笑顔と「できるよ」って言葉でお出迎え(笑)

今日はちょっといくつかお話したいことが…と言って、先生の前に座り込む。

まず、緩和ケアを頼もうと思っている病院に対しての医療情報提供書の作成依頼。
これは3月に予定しているCTの結果も盛り込んでほしいので、その旨よろしく!ということを伝えました。

それに付随して、そちらの病院にシフトするのに際し「そっちに行くなら、こっちは終わりね」って感じになるのか、それとも、何かしら治療を続けつつ、そちらを両立(?)していくのは可能なのか。

答えとしては「両立可」
ただ、そちらの病院ではここで行っているレベルの治療をすることは無理だと思うと言われました。

まぁ、そりゃそうだろうね。かたや「がん拠点病院」に指定されている病院。かたや「診療所」ですから。

で、この先の治療として、なにか考えられるものはありますかね?との質問に

「ベクティビクスが最有力候補。でも、harusameさんのQOLの考え方と照らし合わせるとNGでしょ?」

はい、NGです。

「そうなると、あとは最近認可された…えっと」

スチバーガーですか?

「そう、それ。でもそれもベクティと同系列だから、副作用も同じ感じが報告されてる。酷い人になると歩けなくなって車イスになるという話も聞いた。それもNGだよね。」

NGっすね。

「そうなると、オキサリプラチン系はダメなharusameさんには、薬的には提示できる治療法は…今のところないんだ」

薬的には…ってことは、それ以外はあるんですか?

「…いや、難しいかな」


つまり、この先マーカーがうなぎ上りになってきたらそれが年貢の納め時と考えたほうが良いようです。

それを待つまでもなく、ほかの要素で治療続行が難しくなることもあり得るし。


それから、発熱しやすくなったという話をして、発熱をロキソニンで抑えている状態でケモって平気?って話をしたら

「それは毎回の血液検査の結果で出てくる炎症反応とかの数値を確認して大丈夫だと判断してから治療できますよって話をしているから大丈夫」とのこと。

ちょっと安心。

ただ、発熱に関しては「腫瘍熱」というのがあって、それが出てくる可能性もあるという話。

腫瘍熱に関しては、もう少し元気になってから調べてみようと思うけど、まぁ読んで字の通り「腫瘍があるから出る熱」なんだろうと思っておくことにする。

この腫瘍熱だった場合、悪化すると黄疸が出たりの症状も出てくるらしい。

主治医的には「今のところ、そこまで悪化している風ではない」そうだ。



そして、なんと3月でこの口の悪い(笑)主治医、退職されるそうです。

思わず「え!異動?違う?開業?違う?実家に戻る!?」などと変なことを口走りましたが、やはり主治医変更は何度やっても慣れませぬ。

次回はCT結果も聞くことにもなるし、旦那さん連れて、あいさつ兼ねて行こうと思っています。



そうそう、ケモ服。ケモ室では大絶賛してもらえました(^0^)

ポスター作ったらケモ室に貼ってくれるって。

目指せ、病院内内職!!(笑)

さて、そろそろ心の準備を・・・

今週の金曜日は四週間ぶりのケモ。

ほぼ寝たきり状態だった一月のことを思えば、結構いろいろと動けた四週間だったような気がします。
(気のせいかもしれないけど)

今回は、雪が降ったり、息子の試験があったり、雪が降ったり、インフルエンザが出たり、雪が降ったり、試験があったり・・・なんだか、バタバタしているうちに四週間経過って感じです。

忙しいほうが、いいのか?

でも、最近「朝発熱してます~」って事がデフォになってたりします。

なんかダルいな~って熱を計ると38度越え(--;)

最初のうちこそ「ひえぇぇぇ」って思っていたけど、デフォになってくると「あ、まただ」って。

人間、何にでも慣れるもんですな。

でもね、ふと考えたの。

この発熱ってロキソニンの解熱効果が切れた結果でないかい?

だとしたら、ロキソニン飲んでなかったら「常に発熱状態」って、なってるんじゃない?

薬で熱下げて、病院行って平熱だからケモしましょ~って・・・どうなのよ??


これを確かめるためには、ロキソニン等をしばし抜いてみればはっきりするんでしょうが・・・そんな怖いことでけへん。

しかし、冷静に考えればロキソニン解熱でケモも、かなり怖い。(今までやってきたけど)

明後日の金曜日、一応主治医に聞いてみよう。

あ~、でも、聞いたからって「ロキソニンを抜くこと」も「ケモを止めること」もできない相談なんだろうな。とほほ。

心の準備をするつもりだったけど、なかなか「平常心」でいることは難しいのでありました。

ケモ服

なんのこっちゃ?なタイトルですみません。

冬の間のケモ通院の際、いつも襟元広めの長そでTシャツ+ネルシャツ、その上にアウターって感じの格好です。

でも、ケモのとき以外はほぼハイネックの日々。やっぱり首元が開いてると寒いやん!(寒がり)

気を使って(?)襟元広めのシャツを着て行っても、やっぱりビローンと押し下げないとCVポートのまわりをカバーするブツは貼り付けるのが無理。

う~ん・・・どうにかならんものか?と、考えて、作ってみました。

1402103
ハイネック程のフィット感はないですが・・・

1402104
私のポートは右鎖骨下なので、右側にファスナー装着。

1402105
んでもって、開けるとこうなる!

これならベローンってしなくてもポート露出できるやん♪

2月のケモはこれだけじゃ寒いかもしれないけど、春先とかこれ+アウターでOKちゃう?

いや、寒いこと考えたらフリースで作ればいいじゃん!

とか、色々自分突っ込みしてみましたが・・・しかし、あと何回ケモするんだか(できるんだか)わからんのに、このタイミングで何を作ってるんだ?って気もします。

ま、ケモとは関係なく「デザインですからっ!」って開き直って着ればいいのか。

マッサージ・・・・ん??

少し前から「欲しいよ~!」と騒いでいたマッサージチェア。

今でも欲しくないわけではないのですが、なにせ場所と重量と代価が大きい。

でも「ブルブル~」って感じのマッサージ機器は物足りないなぁ…と思っていたら。

1402111

こんなん見つけました。

マッサージクッショ~~~ン(テレリレッテレ~♪)

1402112

メッシュ部分にもみ玉が内蔵されております。4個かな?

結構強力にグリグリしてくれます。気持ちいいです。

しかし、いかんせん、マッサージクッション…指圧してほしいところにもみ玉を持ってくるのはセルフ!(当たり前)

チェアのように勝手に背中全体とかふくらはぎ全体を~とかって出来たら文句なしなんだけどな(だから、それはチェアだって)

でもまぁ、これなら場所もとらないし、お値段もチェアの20分の一程度。

一番今気に入っているマッサージ箇所は「足裏」です(笑)

久しぶりにハンドメイド記事

土曜日の雪、すごかったですね~。

まさに「降りこめられた感」いっぱい!ゴンゴンって感じで・・・

雪国の人には「この程度」の雪でしょうけど、関東の人間にとっては「すっげ~」って程でした。

寒いときには、温かいことを…ということで、娘のセーターが出来上がりましたのでお披露目。

結構前から(思い起こせば1月の不調時から)編んでいたんだけど、なかなか出来上がらなくて(^^;)

1402101
「アラン模様のニット」 ~日本ヴォーグ社~より

ボートネックのセーターなんですよ。前後同じ首回り(--;)そこが微妙だな~と思って、娘に「どうする?」って聞いたら「本に載ってる通りでいい」って。

で、編みあがって着たときの感想が「やっぱり首回りが、なんか…」だ~か~ら、言ったじゃん!

まぁ、もう完成したと思っていますから、手直しなどいたしません!(きっぱり)

久しぶりのアランニット、楽しめました。(終わったから言えるセリフ)


1402102

そしてこちらが娘用、エプロン。小学校の時から使っていたエプロン(家庭科実習用)がさすがに小さくなってきたということで、大人になっても使えるサイズで作りました。シンプル~。

暖かくなってくると、もうちょっと「ハンドメイド意欲」もあがってくるんじゃないかな~。

使っていない布もいっぱいあるし(困ったもんだ)なんとか形にしたいものです。

ふっふっふ・・・

怪しい笑いから始まりましたが・・・

危ぶまれておりました、わが身のインフルエンザ疑惑。

どうやらうまく身をかわせたようでございます。( ̄ー+ ̄).

そして娘も昨日あたりから熱が下がり始め、本日はまさかの35度台!

低っ!!もしや低体温!?

しかし、娘いわく「昨日まで熱をいっぱいだしたから、今日はその反動で低いんだよ、きっと」だそうです。


そ、そういうもん?? (゚ー゚?)キョロ(*゚ー゚)ゝ


ま、いっか。別に薬を飲んでる訳じゃないし。結果オーライ!

月曜日から登校予定です。ま、火曜はお休みですから丁度いいかな。


さて、今回のインフルエンザ未遂、私の場合のお話。

前記事にも書いたように、予防措置的にタミフルを出してもらったのですが、その際に現在ロキソニンを定期的に飲んでいることをお話ししました。

するとタミフルとロキソニンの相性(?)はよろしくないと。先生的に気がかりな副作用が出る可能性があるので、ロキソニンとの併用は避けるべきだとおっしゃる。

で、ロキソニンの代わりにこれを飲みなさいと処方されたのが「カロナール錠200」

薬効は「熱や痛みを抑える薬」です。

処方箋をもって薬局に行くと、薬剤師さんからどうしたの?との質問を受け、インフルエンザ疑惑の状態で予報措置的にタミフルを処方してもらったいきさつを話しました。

「そうなんだ~。で、カロナールなのね。う~ん、ロキソニンと比べると痛みを抑えるって意味ではかなり落ちちゃうんだけど・・・インフルエンザだったら、そっちが優先だもんね。使わないで済めば(発症しなければ)一番いいんだけど」と心配していただきました。

ふむ~。やはりロキソニン、かなり強力なのだね。

結果としてタミフルは使わずに済んだので、これは万が一ほかの家族が(もしくは私がもう一回!?)インフルっぽいぞ!?って時用に保管しておこうと思っています。

ところで、私が処方されたのはタミフル5日間分。

娘が処方されたのは(病院が違うのですが)イナビル。こちらは吸入薬で1回の吸入で治療終了。

どちらがどうということは言えないのですが、5日間のタミフルを飲み続ける間、ロキソニンを使えないことを考えるとイナビルのほうが痛みを我慢しなくてはならない時間が少なく済むのではないか?なんて考えたりしました。

ちなみに薬価はイナビルのほうがお高いです(^^;)

さて、またしてもそろそろとリスタートですな。

だ~いどんでん返し!

一見快復に向かっていた娘、昨日の夕方から再び発熱。

大粒の雪がゴンゴン降る中、病院受診して検査結果はインフルエンザ陽性。はい、決定!

ごめんね、と謝る娘に、そんなんしゃ~ないわさ、寝とけ~。と返し、夕飯後冗談で測った体温計が「あなたも熱がありますよ」と教えてくれました。

38.1度。はっはっは・・・笑うしかない(やけ)

昨夜は最高体温39.3度~36.9度を乱高下しておりました、私の体温。

今朝は37度台に落ち着いているものの、娘のこれまでを見ていると「この後、来るでしょ」って感じ。

とりあえず受診してみるも、発熱し始めてからの時間が24時間に満たないということで検査結果は陰性。

でも娘さんもインフルなんだよね~。濃厚感染(字はこれでいいのか?)している可能性は高い。

明日は休診日なんだよね・・・タミフル、出しちゃう?

お願いします。

ってことで、タミフル処方してもらって帰ってきました。


この後、発熱しないで治まるといいな~。(たぶん無理だろうけど)

とりあえずは

娘の今朝の体温。37.3度

びみょ~~~~。

でも昨夜は咳も結構していたし、ここはやはり病院だろう。ということで、朝学校に連絡してから行ってきました。

結果は、現在のところインフルエンザ陰性。

ただ、まだ反応が出ない状態なのかもしれないので、今夜もし熱が上がったら明日また来院してくださいとのお達し。

h 「昨夜から葛根湯を飲ませていたんですけど、それは・・・」

医 「ああ・・・漢方がお好きでしたら、飲んでいただいても構いませんよ」

h 「いや、別に好きというわけでは無くて、あったんで、まぁ飲んどけと」

医 「だったら、別に飲まなくても。それとこの状態であれば葛根湯よりも「まおうとう」の方がいいですよ」













まおうとう!!

頭の中で「魔王刀」とか変換しちゃって、思わず笑いそうになってしまいました。

なんか、最強っぽくない!?

正しくは「麻黄湯」

やはり漢方薬のようですが、ネットではインフルエンザにも効くとの表記あり。へぇ~知らなかった。


とりあえず、ちょっと頭痛があるということで、解熱鎮痛剤を処方していただき帰宅。

学校に「まだインフルエンザの可能性も捨てきれないので、今日はお休みさせてください」と連絡すると

「うちのクラス、御嬢さんを含めて本日10名欠席いたしまして、今日は給食を食べたら帰宅させ、その後学級閉鎖となります。安心してというのも変ですが、ゆっくりお休みください。」・・・だそうです。

わははは。先週末までは「うちのクラス、欠席0なんだよ!」って言っていたのに。

そんな訳で、とりあえずインフルの疑いはあるものの、食欲もあり、さっき熱を測ったら36度台になっていたので、多分娘は大丈夫そうです。

これから数日間、娘の分も昼ごはん作らなきゃいけないんだ・・・(ダメ母発言)



今日は節分。

外気も温かいし、窓開けて、豆蒔くぞ~~~!!

2月でんがな

ゴホゴホ・ホゲホゲしている間に1月は終わり、2月になっていました。

そろそろと徐行運転で活動を開始して、日々ちょこっとずつギアを上げていく感じです。

もう、ほぼリハビリ状態。笑っちゃうくらい。←でも、本人は真剣(か?)

一時期の体全体どうしょうもなくダルダル~って感じは、ほぼなくなっているので、マッサージチェアの呪縛からも脱しつつあります。

いや、欲しいですよ。でもね、あの重さと大きさとお値段と…やはりためらいが(^^;)
とか言いつつ、また調子悪くなったら欲しい~!とほざきそうではあります(笑)

自分の不調がちょっと良くなってきたなと思ったら、今朝から娘が発熱しとります。

元気そうだけど、熱は高め。時期的にインフルの可能性もあり?

とりあえず、明日の朝まで様子を見て、熱が下がらなかったら病院ですな。

そんな娘を見て、旦那さんは「おれもうつったような気がする」発言(--;)

とりあえず受験生には予防接種させておいたけど…うつるんなら早くうつってくれっ!って感じです。


明日は天気予報では最高気温18度とか!?

ありえんでしょう!?

ってか、次の日には8度で雪マークって、なによ!?

普通にしていても体調を崩せる感じの気温乱高下。

皆様も、お身体ご自愛くださいませ。

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。