07
1
2
4
5
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
20
21
23
25
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の味

暑い暑いと言いながら、夏には夏の楽しみがありますよね。

例えばスイカとか、とうもろこしとか、採れたてのトマトとか(食い物ばっかりじゃん)

私の母は、私が高2になるときに他界してしまい、正直「母の味」というものは、あまり記憶にありません。

共働きでしたし、祖母(父の母)も同居していたので、家事はどちらかというと祖母のお仕事と言うか。

そんな祖母が、夏になると作ってくれたのが「冷や汁」

ひやむぎやそうめんのお汁で、ごまみそベースの甘いお汁です。

ご飯として甘いものが食べられるって言うだけで、私にとって特別感があったのかも(笑)

みょうがや生姜、大葉の千切りなんかを薬味にして、氷を浮かべた甘いお汁で食べる麺の美味しかった事。

白菜の漬物や糠漬けなんかも、母(祖母)の味になるのかもしれないけど、私にとってはこれが一番だな。

何でそんな話になったかと言うと、ちょっと前に友達と話をしていて、そこのお嬢さんが「harusameちゃんのお料理って、美味しい」と言ってくれていたという話から。

その友達は結婚前に料理教室にも行っていたという、正しいお母さんタイプ。

お味噌汁も、具材厳選でシンプルタイプなんだそうだ。

うちは、基本2種類以上入れちゃう。一番好きなのはトン汁タイプの「何でも来い!」

そのトン汁タイプのお汁とか、野菜の煮物とか、いわゆる『ありがちな家庭料理』をお嬢さんたちから「いいよね」と言われて「え~そうなんだ!」と思ったと。

家庭の台所を支配(笑)するのは、通常一人のお母さん。

なので、そこで作られる料理が、そのうちの「料理の常識」になるのですね。

他のお友達は「お味噌汁には絶対にニンジンを入れる」という掟を持っているそうです。


いつの日か、子供たちが大きくなって家庭を持ち、振り返った時に「あれがお母さんの味だよな」って思ってくれるのはどの料理なんだろう?

できる事なれば、結婚相手にあまり顰蹙を買うような料理で無い事を祈るのみだわ。
スポンサーサイト

FOLFIRI30回目

本日は、旦那さんを連れて同伴出勤…とはならず、お互いに別々の自転車で別々の時間に病院へ。(院内で合流しましたよ)

採血も問題なく済み、8時半から開く外来受付を済ませて待合室で待っていると9時少し前に旦那さんがきました。

しかし、今日KM先生の外来開始、めっちゃ遅め。まぁこちらが「遅れちゃいかん」と準備してると、相手の方が遅れるって、よくあることだよね。(反対に、まぁ遅めでいいだろうと油断すると、1番に呼ばれたりする)

待合室、効きすぎる位冷房が効いていて、寒くなったよ~。思わず寝そうになったよ(笑)

そしてうとうとしていると呼び出しが・・・

診察室に入って、まぁどうぞと椅子を勧めてくれるKM先生。
先生の目の前の椅子には旦那さんを座らせるべきか悩んでいたら、まぁアナタが座りなさいと旦那さんからの指示。
んで、座ってみたら、男性二人は立ったまま「はじめまして」の挨拶を始めるじゃありませんか。
お、おぉう?これって座ってる場合と違うんじゃね??
ちょこっと慌てて立ち上がり、頭を下げつつ「主人です」なんて今更ながらの紹介なんかしてみたりして。

そこからは、KM先生vs旦那さんの質疑応答。私もいくつか質問。

まぁザックリ言ってしまえば、医療従事者としてKM先生は出来る事ならベクティ再開をお勧めしたい。でも、人によって何に価値観を置くか、これは「生きているだけで価値がある」とは一言で言えない。個人としては、harusameさんの意見もとても理解出来る。との事。

難しい問題だけれど、この先もし状況が変わって、harusameさんがベクティをやる気になったならいつでも再開できる準備はしてあります。とも言ってくださいました。
そんな暖かい言葉に笑顔で返礼し、今日もベクティ振り切ってきましたけどね(笑)

今回のケモは小説を持って行って、おにぎり食べて、あとは寝てました。
寒かったからタオルケットかけて(笑)
看護師さんに「待合とか、めっちゃ冷房効いていて半袖だと寒いくらいでしたよ」と話をすると、「そうなんですよ~。乳腺(外科)の先生に暑がりの人が多いみたいで、私たちが温度を上げても戻されちゃう。乳腺の患者さんって上半身脱ぐ事が多いじゃないですか。その人たちが寒イボたってるのに!なので上げるんだけど、また下げられる。攻防です」との返事でした。

そっか~。体感温度ってかなりの個人差があるから仕方がない部分があるとは思うけど、それでも乳腺の先生!患者を労わろうよ。先生たちが暑いなら、クールビズ推進な格好でもいいと思うよ。まぁ夏祭りに居るような服装ではアレだけど、それでも患者さん達の為というのなら、それほど熱く非難される事も無いような…気がする。

今回は外来に入った時間も遅かったので終了もちょっと遅め。
午後3時前と言う、もしかしたら一番暑い時間じゃね?な時間に自転車にて帰宅。
途中、電線工事している車が坂の途中で止まっていて、警備員さんがヘロヘロ自転車こいでる私に気付いて反対車線の車を止めてくれました。

「うわ~、遅くてすみませ~ん --;」と謝りつつ登っていくと、警備員さん、とってもいい笑顔で


「大丈夫!急がなくても大丈夫だよ!パトカーだって止めちゃうよ!(笑)」

反対車線の先頭で待っていたのはパトカーでした∑q|゚Д゚|pワオォ!!

そして、只今の体調。

横になると、自然とまぶたが落ちてきちゃう感じ。ひたすら眠いかも。でも、暑い。
暑いけど、エアコンは寒い(笑)
食欲は、まぁちょっと食べる量は少ないかな。お昼はおにぎり二個。夕飯はそうめんとしょうが焼とスイカとトウモロコシ(食べてるじゃん!)
なんとな~く、体内、体外問わずピクピクしてる感じ。
水分補給多めを心がけているけど、飲んだ分汗になって出てきちゃう感じで、ちょっといやんε=( ̄。 ̄;A フゥ…

新大久保オフ会♪

昨日は新大久保で、にゃんこさん、ミラさんとプチ・オフ会してきました♪

今回行ってきたのはmockさんお勧めのこちらのお店
1307231
コリアスンデ家
店頭には「こんな人が食べに来ました」的な記事&フォトがいっぱい。(店内には色紙がいっぱい)まぁ、何れのお店もそうなんだけど。
賑やかな通りからちょこっと裏に入った隠れ家的な雰囲気のお店?

お店でオーダーを済ませると、「お通し」各種キムチが出てきました。
13072332
これが結構辛い!手前の豆もやしと厚揚げの煮物(?)は、正直レスキューって感じです(笑)

1307233
こちらがお店の名前にもなっている「スンデ」(左側のソーセージ状のもの)
詰め物はお肉ではなく、もち米、春雨、香味野菜、そして豚の血!お塩でいただきます。
香味野菜が、なんなんだろう?ちょっと癖があって、好き嫌いがあるかも。
レバーとホルモンが一緒に供されました。ホルモン、めっちゃ軟らかかった。

1307234
そしておなじみチヂミ。ハーフアンドハーフが出来るという事で、そちらをお願いしました。
外側カリッとしていて中はモチモチ♪

1307236
こちらはチーズトッポギ。普通のにしようか、チーズにしようか迷っていたらお店の方にこちらをお勧めされたので注文。うん、チーズで辛さがマイルドになって、いいかも。おいちい(^^)

他にも頼んでみたいメニューがたくさんあったんだけど、どれくらいのボリュームになるのか想像もつかなかったので「とりあえず」と注文したけど、追加はいらないボリュームでした。
これらにジョッキ一杯の飲み物で、ガッツリ、ゆっくり楽しんできました。
飲み物(ソフトドリンク)も、韓国ならではのものがあるようで、にゃんこさんは「シッケ」というお米から作られたジュースを、ミラさんは「コーン茶」を、私は「梨ジュース」を注文。
「シッケ」は店員さんの説明を聞いた時には沖縄の「ミキ」を想像したんだけど、全然別物でしたね(^^;)

夏休み中の平日の所為か、お店もそんなに混む事も無く、まった~りと長居をしていたのですが、このお店、観光客(?)のお客さんより、韓国の方の来店が多い様子。なんとなくディープ(笑)

お腹いっぱい食べて、一人1500円ちょっと。リーズナブルです。

その後「辛い物の後は甘いものが食べたい!」とわがままを言ってハニーカフェに移動。
さすがに一人ずつスイーツを食べるお腹の余裕はなく(笑)ホットクスイーツを一つ頼んで3人でシェア。
まぁ、飲み物はがっつり頼みましたけどね。
1307235

韓流のアイドルたちのPVが、ガンガンかかってるカフェでしたが、まったく存じ上げない私にとっては「もうちょっとボリューム下げてくれていいのになぁ」って…豚に真珠?猫に小判??
まぁ、それだけ騒がしいとお互いのテーブルの話題に聞き耳を立てられる事も無いので、良かったとしておきましょう。
ディープなお店でディープな話題(くっくっく・・・黒い笑い)
今回もいろいろ勉強させていただきました。お互い、月末にかけて色々あるけど頑張ろうね!

カフェに居る間に、外は嵐のような雨。あちゃ~と思っていたんだけど、しばらくすると(いや、結構な時間が過ぎたか?(笑))止んでくれたので、よかったです。
コーン茶が美味しかったので、食材として購入。あとお土産用にホットクを買って帰ってきました。
駅に到着すると、ダイヤが乱れていますとの放送…雨の影響か?
やってきた電車は、本来行くべき駅までは運航せず、途中駅で下ろされてしまって、想定外の乗り換え(--;)
そして地元駅に帰りついたら、カフェの窓から見ていた嵐が、またしても目の前に!!

う~ん・・・想定外です。まぁ、寒い時期じゃないし、行っちゃえ!と雨の中突進。
所々庇になっているお店の軒先で小休止しながらの家路。
すると途中のお店で、車で帰ろうとしていた人が「乗って行く?これからあと帰るだけだから」と声をかけてくださいました。
うわ~ん、嬉しいよ。でもすでに結構ぬれ鼠状態になっていたので、感謝しつつお断りして突進(笑)
家に帰りついた時は、びしゃびしゃだったけど、なんとなく心は晴れやかだったりしました。

美味しいもの食べて、お二方からお土産と元気をたくさん貰って、想定外の雨だったけど人情に触れて、良い一日だったなぁ~。

縫えた!

ちょこっと前、フリマでおばちゃんから端切れを購入。

帰ってきて広げてみて、びっくり凸の形にカットされてた。orz

確かに端切れだわな。

カットクロスとは別物ですね。うん、しっかりしろ自分。

そんな訳で、考えていた袋モノを作るには微妙にサイズが足りない感じなので、開き直って「作れるものを作ろう」

1307221

1307222

裏側には別布でポケット口を作るのに挑戦。

なんかこのプリント、好きな感じなんですよ~。これがブルー系。あとピンク系とグリーン系も一緒に買ってきました。もちろんみんな凸型(笑)

で、持ち手に悩みまして・・・合皮のハンドルも買ったんだけど、この皮のベルトの方が雰囲気に合ってるかも…と、ミシンで縫えるか挑戦!

以前、このベルトを麻を編んだバッグに付けたけど、目打ちで穴をあけて手縫いをしました。
だから、なんとなく「ミシンじゃ無理」って思いこんでいて…でも、そぉっと針を下ろしてみたら、あら?貫通する?目打ちであんだけ手こずったのに?あらら…と、縫えました(笑)

そっか~この厚さならミシンでも行けるんだ。

なんというか 「開眼!」 って気分です。

怪しい物体www

1307191

ナニモノ!?って感じですよね。

1307192

全体像ですが・・・それでも、何これ?状態
息子に言わせると「爬虫類的、何か」ということで・・・
編み図には「カメレオン」って書いてあったんですが、白黒で作ったのが敗因?
怪しい生き物になってしまいました。(笑)

1307193

「着こなし上手のニットのふだん着」からカスケット。
本当は冬糸(しかも極太)で編むものらしいのですが、コットン糸で挑戦。
長方形に編んで、両脇を絞り帽子の形にするという面白い発想。
出来上がりは、なんだかレトロ。昭和の時代の「少女倶楽部」とか(あくまで想像)で女の子が被っていそう。
横に同じ糸でコサージュでも編んで留めつければまた雰囲気変わるかな?(さらにレトロになったりしてww)

脱毛

夏毛に変わるんですかねぇ~ってのは冗談ですが…

FOIFIRIでの治療が始まって、すぐに脱毛が来て、そのうちにはげ止まり(笑)が来て、少しずつ復活してきているように感じていたのですが、なんかまた最近脱毛の量が増えているような気がします。

まぁ、だからどうするって訳でもないのですが。

これからの季節、ヴィッグも暑いしな~。(一応持ってはいるのですけどね)

コットン糸で編んだ帽子は、ちょっと焦げ茶色で熱吸収よさそうなので、もうちょっと白っぽい糸で新しいのを編もうかな。

はぁ…

抜けるだけじゃなくて、切れる毛も多いみたいで、着替えとかすると短い毛があちこちに付いてる。

いっそのこと、ショートにしてしまおうかと思うけど、それもやっとここまで伸びたのに(今肩くらい)ちょっと寂しかったりするんですよね。

髪の量が多いショートなら元気なイメージでいいけど、量の少ない髪のショートカットって、本当に寂しい!って感じになっちゃうしな。

そろそろ遺影なんかも撮りに行きたいと思っているので、それも含めてどうしようか悩み中~。

お出かけしてきました。

友達と、以前から誘われていた「貴婦人と一角獣展・国立新美術館」に行ってきました。

巨大なタペストリーに編みこまれたモチーフを間近に見て、その技術力の高さに感動。

一体どれだけの手間暇をかけ、時間をかければこんな作品が出来上がるのだろう・・・

少し前に美術館帰りにへばった記憶が二の足を踏ませていましたが、これは観に行ってよかった!

そして、その足で六本木の森美術館へ。

友達に、体調がイマイチなので短距離であるけれどタクシーで行っていい?とお伺いを立てると「でも、5・6分って書いてあるよ」と。(国立新美術館への六本木駅からのアクセス時間)

う~ん、私がグーグルさんで調べたら11分(乃木坂~六本木間)と出ていたのだが。

とりあえず、案内のお姉さんに道順を聞いて、所要時間を確認してみるとやはり10分ちょっととの返事。

美術館の門を出て、すぐに下車しているタクシーを発見。

その後ろには空車がいる!

友達に目で訴えて(笑)そちらに向かって歩いて行くと、するすると空車に近付く影。

おばさま二人連れに先行されました(^^;)まぁ、仕方ないかと振り向くと、下車を済ませたタクシーは出発。

そして空のタクシー乗り場 orz

これはもう「歩け」って、神様が言ってるね。と、とろとろと歩いて、やっぱり10分くらいかかったかな。

森ビルに到着。

こちらは「ハリー・ポッター展」です。

事前に入場時間で予約をしておいたので、甘く見ていたら(ちなみに14時入場予定)すっごい行列で1時間近く並ぶことに(--;)ナンの為の予約じゃい!!

展示自体は「ああ、あの映画のシーンで」と楽しめたのですが、入場の後ほぼ強制的に全員が写真を撮られ「最後に背景を選んでお渡しします」と。

え?なにそれ?ただ??まぁチケットも結構なお値段だったし、写真代込みって事なら納得だね~。なんて言っていたんだけど、最後に写真お渡し所にはしっかりとお値段表が(-□ー;)

え~~~~~。だったら希望者だけ撮影すればいいじゃん。

正直、この写真撮影の為にか~な~り、行列が長くなっているのは間違いない。

そしてそこではお値段の事、一切ノーコメント。無料とも有料とも、言われません。

まぁ、有料だって言われたらパスされる事が目に見えるから(それだって欲しい人は買うと思うけど)の方策なんだろうけど、なんつーか「世知辛い」


展示を楽しんで、写真でがっかりしたけど、お土産で楽しむぜ!と思ったんですが、こちらもイマイチ。

まぁ、これはうちの子供たちがすでにそれほどハリポタに興味を持っていないというのが主な原因なので、仕方なし。

とりあえず「話のタネ」に「百味ビーンズ」買って帰りました。

カエルチョコもあったけど、一個500円。最低2つ必要。でも、外国のチョコって…微妙な時って、かなり微妙ですよね?なので、こちらはパス。


で、百味ビーンズ。

MADE IN U.S.A.の為、後ろに表示されてるビーンズの味表示も英語。

とりあえず、母子3人で一つずつ手に取り口へ・・・ぐはっ!!

ロシアンルーレット状態…というよりは闇鍋?出てきたものは、変更不可(笑)

3回やって、私はへばりました。

ちなみに私が口にしたフレーバーは以下の通り。

Dirt(これが一番しんどかった)

Rotten Egg(ぐふぅ)

Vomit(聞かなきゃよかった)

もちろん普通のフレーバーのモノも入っているはずです。娘は普通フレーバーを2回引き当てました。美味しかったそうです。(悔しい)

どちらかというと罰ゲームっぽい。まぁ、原作に忠実ですね。

しかしDirtとEarthwormの味…一体何で作られてるんだろう。(--;)マジ、やばいです。

久しぶりに歩いた感じのお出かけでした。でも楽しかった! 

痛み(結構暗いです。NGな方はスルーよろしく)

今日から関東、暑くなるようですね。

日中の水分補給に気を付けて(夜間もか)熱中症にならないようにしましょう~。

投与から1週間たち、体調は「なんとなくダルイけど、まぁ普通」程度には復活してきました。

昨日は12本あった虫歯の最後の治療!いや~長かった。最後の2本の治療でかぶせモノを仕上げるまでの間「仮止め」的な保護材?で歯の周りを覆っていたのですが、これとの相性が悪くて、口内炎に泣きました。
まぁ、それも昨日まで!無事に治療を終えたので、あとは口の中の痛い所が治っていけば問題なしです。

さて、痛み。

口内炎も痛かったのですが、ここのところずっと右肩が痛い(--;)

でも、これって結構前からの痛みで、最初のころは右が痛かったり、左が痛かったり、両方痛かったり。
なので「神経痛的なもの?」と思っておりました。

一応主治医に話をしたら、ロキソニンと神経痛系の痛みどめを処方してくれたので、痛くなったらそれで対処という感じでいたんだけど、これが痛くなったら→結構常時痛い。になってきた。

それでも1日3回、食後に薬を飲むことで紛らわす事が出来る程度なんですけどね。

転移再発部分は今のところ肝臓と胸。だとしたら肩の痛みは神経痛or年の所為(笑)と思っていました。




昨夜から読み始めた、石田衣良さんの「北斗」

まだ最後まで読み終わっていませんが、正直「なんでこんな時間に読み始めちゃったんだろう」ってくらい、怖くて暗い話。
怖くて、なんとか救いのある話になるまで読むのが止められない。
怖い所で止めると、夢に出てきそう(笑)

そんなんで、ずるずると読み続けているうちに、登場人物が癌に罹患するのですよ。

その人が病院に行くまでの経過で「なんだか、右肩が凝っちゃった。このところずっと肩が痛くて・・・」「すっごくだるくて、右肩の痛みも抜けないし・・・」と。
その人はその後体調を崩したので病院に行き、そこで精密検査を勧められて大学病院に行き、ガンが発見され・・・という感じなんですが、その人のその時点での所見が「肝臓内の太い血管に近い部分に出来て(中略)ご本人から、強い脱力感や右肩の痛みを聞いていますが・・・」

あ、あれ?似てね?

もちろん小説はフィクションです。

でも、フィクションを支えるのは、取材をもとにしたリアリティー。

そうなのか・・・右肩の痛みって、肝臓のブツと関係あるのか。

もちろん主治医はそう言っていません。ってか、あまり重要視されてない(^^;)まぁ、最近突然出てきた症状という訳ではないから、仕方ないのか。


ガン患者の私の頭の中には、どこかに「ガン=痛み」という恐れがあります。
なので、ちょこっと普段と違う痛みがあると「これって」とビビったりしています。
で、外来時や検査の時に一応こんな痛みがあるんですけど・・・と訴えてみて、主治医や検査結果から「それはガンとは関係ないね」と言われると、ホッとしたりします。

ところが今回、まったく予想もしていなかった方向からグッサリやられた気分。

もちろん小説が悪い訳、ありません。

そしてこの痛みがガンと関係すると確定した訳ではありません。

そう思う一方で、なんかの力が(人はそれを神様と言うのか?)「こういう事もあるんだよ」と耳元で囁いているような気もしなくはなかったりします。


まぁ、だからと言って打つ手もないし(笑)何も変わらないんですけどね!
ちょこっと根性を入れなきゃ!と改めて思うだけです!!

私の方が悪いのか?

今回の投与、期間が開いた事もあるのか副作用も「攣り」くらいで比較的楽に回復してきています。

食事も、多少偏食気味ではありますが、それなりに。

投与中~後にかけて、やはり多少の味覚障害が出るのか、水、麦茶、ご飯(白米)が不味く感じられます。

ご飯大好きな私としては、すっごい不本意(--;)でもまぁ、回復してくれば普通に食べられるようになってるから問題ないんですけどね。

さて、タイトル「私の方が悪いのか?」

日曜日に抜針して、まぁぼちぼちな私。

月曜日の夕飯後、旦那さんが「買っておいた生ハムが悪くなっちゃうから」と一人ワインを飲み始めました。

さすがに昨日の今日ですから「飲んだらアカン」という自主規制は働くモノの、元来飲兵衛な私、思わずワインを機嫌よく飲んでる旦那さんを「ぢっ」とうらみがましい目で見つめておりました。
「仕方ないよね。薬終わったばっかりだし。ねぇ」とほろ酔い気分な旦那さんは満面の笑顔。く、悔しい。

そして、昨日。
二人で話をしていると「美味しいドイツワインが飲みたいな~って思うんだよね。」と旦那さん発言。
うんうん。いいよね。美味しいワイン、飲みたいね~♡(心の中でしっぽが凄い勢いでブンブン振られているような気分)多分、瞳もキラキラしていたと思う(笑)
そんな私を見て、旦那さん「いや、でもアナタは飲めないでしょう!」
・・・先日主治医からCT結果を聞いた時に、再発部位が肝臓の血管部分にくっついているため、肝臓自体の機能が低下する危険性があるという話があったのです・・・
という事で「飲めないでしょう」発言になったと思うのですが・・・確かに、冷静に考えれば飲んじゃいけないのかもしれない。
でもね、酒好きの前で「美味しいワインが飲みたい」なんて言って、妄想させて、「飲めないでしょ」ってぺしゃんこにするって・・・これって、いぢめ!?

ちょこっとのお酒で良い気持ちになって、ほよよ~んと出来るのに・・・

ガン患者で、肝臓に転移があって、そうすっと禁酒するのが「正しい患者」なんでしょうかね。(多分そうなんだろうね)

私の身体の事を考えて言ってくれているのは、重々承知。でもそれだったら「美味しいワイン云々」の話はして欲しくなかったかも。

好物を見せられるだけで「お前にはあげないよ」と言われた犬の気分です。

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。