12
1
2
5
6
7
9
10
11
12
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末ですな

今年の治療は月始めにさっさと終わらせ、の~んびり、ま~ったりしているうちに今年も残す所あと1週間。

テレビがあったら、きっと色々な特番とかあって忙しいんだろうな~。(笑)

テレビが無いのに忙しいと感じる私・・・これでテレビがあったら・・・想像すると「もき~~!!」ってなってそうで怖い(^-^;;)

まぁ、それは置いといて。

一足早く冬休みに突入した息子は、私の実家に肉体労働と言う「お勤め」をして無事サンタさんから報酬をいただいてきたようです。
年末に冬期講習が入っているため、年越し前に一時帰宅。
入れ替わりに昨日で学校がお休みに入る娘が私の実家へ~。
なので(?)おじいちゃんが、息子を送り→娘をピックアップしに来てくれました。
たくさんの食料とともに!!
おじいちゃん、孫だけでなく私にとってもサンタさんだったんだね~♡ありがとう!

そんな訳で年末の野菜はこれでほぼクリア!ってか、いっぱい持ってきすぎって話もある(^^;)
「もうちょっと古くなってるから、ジャムにでもしろや」と言ってリンゴを持ってきてくれたけど、20個以上あるんじゃね!?
昨夜4個ジャムにして、あと4個キャラメル煮にして、それでもまだたんまり残ってる。
年末までの課題だな(--;)

白菜も4個もいただいちゃって、嬉しい悲鳴。
とりあえず2個半は漬物にしちゃうぞ~!今日も天気よさそうだから、干しちゃうぞ~!

その他諸々、あとは根菜類がメインなんで、こっちは問題なし。


そしてお仕事。今の時期、暇なのが定番だったらしいんだけど、なんか知らんが忙しい!
本当なら午前中だけのシフトなはずなのに、午後3時4時まで仕事してるぞ~。
まぁ、最後のご奉仕と思って頑張ります。

28,29日は町内会の防犯パトロールてなものがあって、それに豚汁&甘酒作りで出動です。

なんだかんだで色々片付くのが30日みたい。

いつもの年は30日と言えば伊達巻部隊と化して、ひたすら卵を割り~の、焼き~のしている頃なのですが、今年はどうなるのでしょうね?(ちょっと他人事モード)
あ、でも野菜と言う「労働報酬」を先払いして貰ってしまっているから、やはり焼くのか!?

慌ただしい年の暮れ。それもまた一興。今年も無事に年を越えられそうな事に感謝。

めっさ寒くなってきましたから、みなさま風邪など召しませぬよう、お身体ご自愛くださいませ。

そして元気に新年を迎えましょうね!
スポンサーサイト

忘年会オフ

昨日は大腸女子部の忘年会オフ!でした。

今回も素敵なお店、Da Noi 日本橋です♪

いつも素敵なお店のお手配、ありがとうございます♡にゃんこさん!!

三越前駅から、徒歩2分。

・・・なはずなのに、思い切り道に迷って(どうやったら徒歩2分を迷えるのか!?)30分以上さまよったharusameでした(--;)

初対面の方もいらっしゃったのに、も~最初っからヘタレ全開。恥ずかしいったらありゃしない。

恥ずかしい告白はさっさと済ませて、さてオフ会。

今回メンバーは、にゃんこさん、ryuryuさん、観葉植物さん、ミラさん、えだまめんさん&ヘタレです。

もう、どんだけ非難されても仕方ない登場をしたのに、みなさん暖かく迎えてくださいました。ありがとうございます~。

今回も、治療や病院と言う「大腸女子部」ならではの話から、女の子だからあんな話やこんな話♡な「大腸女子部@ディープ」なお話で盛り上がってまいりました。

初参加のミラさん、えだまめんさん、とんでもない所へ来てしまったと後悔されていないと良いのですが。。。

前日まで、副作用が抜けずにへばっていた私ですが「オフ会は、参加すると絶対に元気が出る!」と「這ってでも行く宣言」していました。(そのメールに”迷子になったりしてね~”なんて書いたのがマコトになってしまうとはーー;)

で、実際参加して、迷子になり~の・の段階でアドレナリン大放出!って感じになり、皆さんにお会いした時には「副作用?あ、そういえばそんなもんあったっけ?」って位アップアップ(笑)でした。

おかげさまで、すっかり副作用からも脱出。

本日は無事に投票にも行ってきたし、気になっていた窓ガラス拭きにも着手できました。

やっぱりオフ会、素晴らしい~♪

次は新年会で(^O^)/・・・次こそは、迷わないぞっ!




復活に手間取りましてん

今回投与、病院にいる最中も帰宅後も、結構顔色も良く、順調に3日間を終えられました。

とは言っても、いつもはヘロヘロしながらも起き出してご飯作ったり、PCいじったりしているのですが、今回は飯頻度低下・PCもほぼ触らず。気がつけば寝てる状態。
でも、そんなに辛いとは感じていなかったんですよ。
ひたすら冷えて、寒くて、え~い!お布団入っちゃえ!って言う感じで(笑)

なので、抜針前までは気持ち的には元気だったんです。
針抜いたら、お風呂に入って~アレ食べて~なんてのん気に考えていました。
日曜日のお昼過ぎに抜針。
すると、少しして何やら胸の中央部分が痛い。ヤバいくらいイタイ!!
どんな痛みかと言うと、胃酸の出過ぎで胃が痛いってやつの強力なのが胸の中で爆発した感じ。(分かりにくいって)
とにかく本能で「今動くと、やばい」って感じる位でした。
時間的には、きっと10秒ないくらいのあっという間の出来事だったと思いますが、なにぶん痛みにヘタレな私。
痛みが去った後も「動いてこの痛みが血管回ってとか・・・」などとバカな事を考えてしばらく動けませんでした。

何だったんだろう、あの痛み。

その後そろそろと動き出しても、とりあえず痛みは出てこなかったので、まぁその問題はこれにて終了。

あとは眠ったりして、忘れたふりをして過ごしています。

で、まぁ普通に復活してきてるんだよな~と思っていたのですが、なんとなく不調。

水曜日には出勤する事にしていて、今までは出来ていたので今回も!と思ったけど、ダルイ(--;)

でも、出て行っちゃえば忙しさにかまけてダルさを忘れて元気になれるかも!(今までのパターン)と思って出勤してみたものの、皆から「顔色悪いよ」と心配され、事実立ってるの辛い。
午前中だけの勤務だというのに、後半は座らせてもらっちゃいましたよ。

帰宅して、すぐ布団に駆け込んで寝て起きたら発熱してました(爆)

そんな訳で今日は「病欠」です。

でも、昨日よりは元気。食欲も復活。ちと手間取っちまったです。

FOLFIRI23回目

昨日、ケモってきました。

ケモ室もクリスマス・オーナメントが飾られていて、すっかり年末ムードでしたねぇ。

さて、外来。まぁまぁのお時間でお呼び出し。

KM先生「うん、今日出来るよ。」

白血球数もなにもなく、いきなりそれかい!(いつもの事か)

今回はマーカー出てますか?どうでした?

KM先生「うん、出てる。上がってるね・・・」

だったら、それ、患者が聞く前に言わんか??

うん、ちょっとジャンプアップしてます、数値。

KM先生「で、どうする?」

やりたくないんですよね~ベクティさん。もし、ベクティさん以外の…ってなったら、何があります?

KM先生「う~ん、アバスチンかな。」

ちょっとここんとこ、血圧数値が高めなんだけど

KM先生「許容範囲内」

さいでっか。まぁ、それならばそれも頭の隅っこに置いておきますが、今日はFOLFIRIで。

あ、あと。緩和なんですけど、ここって緩和ケアは無いですよね。で、近所に訪問看護ステーション持ってる病院見つけたんですよ。最終的にそういう所に行くって、ありですかね。

KM先生「うむ。そうだね、緩和ケア病棟ってのはうちにはないね。そういう所を見つけておくのはいいと思うよ。ここの在宅医療支援センターでも情報をもらえると思うし、時間があったら行ってみたら」

そうですね、そのうち行ってみます。あとは緩和に移るタイミングですよね~。

KM先生「まぁ、こっちの病院でもあっちの病院でも治療するってのは無理だから、こちらから医療情報を提供してって形になるんだろうね」

と、昨日はこの辺まで話をしてきました。

本音を言えば、近所のお医者さんの前にU医師(分かる人にはわかる)のセカオピを受けに行ってみたいとは思っているんです。
一応、可能な限り、せっかくもらった命なんで永らえさせるよう、努力はしてみたいなって(笑)
まぁ、それは置いておいて。

ケモ室で看護師さんから「ベクティ再開のタイミングは?」と尋ねられたので、とりあえず年内はナシで~ってスルーしておきました。
ベクティを乗っけるのがデフォなんだろうな、この言い方からすると。
QOLと薬の効果、難しい問題だ。

近所の医院、受診

うちの近くに訪問看護ステーションを併設しているクリニックがあります。

以前から、すっごい気になっていたんですよ。

息子が学校でつき指をした時に一度お世話になって、おじいちゃん先生だけど、はきはきした感じでいいな~と思っていました。


今朝起きたら、喉が痛い。っていうか、右半身全体的に不調~って感じで「仕事休んじゃおうかな?」なんて思ったんだけど、今暇な時期で午前中だけだから、午後に医者に行けばいいか~と出勤。

そのお医者さん、午後は2時からの診察です。

なので時間をあわせて行ってみると、結構な数の患者さん。

季節柄、インフルエンザの予防接種に来ている人が多かったみたい。

受付で初診である事を話して、症状は「風邪っぽい」。検温して(36度ぽっきり)しばし待って受診。

今、別の病院で抗がん剤治療を受けている旨話をして、薬を選んでもらいました。

とは言っても、それほどひどい症状は出ていないから抗生物質位(笑)

そいでもって、私としては主題の「ここで抗がん剤治療を受ける事が出来るか」という質問をさせてもらいました。

答えは「できるよ」でも、基本の治療は今の病院というニュアンスがあったような。。。つまり、今の病院から使用薬剤等のデータをもらえば、ここで治療はできますよ。という返事。

う~ん、まぁ、最初はそうだと思うけど、通っているうちに体調が変化したりとかする訳だし、そうなったらいちいち現主治医に指示を仰いで・・・なんて事になるのか?

あまり詳しく突っ込めず(お待ちの患者さん多いのは分かっていたんで)とりあえず、帰ってきました。

この後自分の状況がどうなるのか分からないけど、いろいろなパターンを想定した時に「近所の病院で通院治療をしつつ、通えないほど体力が落ちたら在宅医療も可。ってのもアリかな」と思っていたりもします。
ただ、この場合家族に負担をかける形になるので、もうちょっと話し合いが必要かもしれませんがね(^^;)

ほんの小さな一歩だけど、前に踏み出したような気がします。

体力の衰え

ちょっと弱音吐きです。

先日、友人と新国立美術館にリヒテンシュタイン展を観に行った時の事。

10時ころ待ち合わせをして、約2時間半かけて展示を周ったんだけど、その間に何度もベンチに座り込みたくなる誘惑に駆られる。

こんな短時間、小声でしゃべりながら、ゆっくり歩いているだけなのに、何で?という感じ。

観終わった後、美術館内のカフェで軽くランチをとって、せっかくここまで出てきたんだし、神宮外苑の銀杏並木でも歩いてみようか♪と誘われ、一抹の不安はあるものの、せっかくだし~って気持ちは私にもあるし、と出発。

ですが、青山1丁目に辿り着くあたりでもうすでにヘロヘロ。

なんで~!?

確かに体調は万全ではなかったけど、ケモ終えてすぐってわけでも、術後すぐってわけでもないのに。

多分顔色も悪かったんでしょう。友人の方から「大丈夫?辛いならここから帰ろう」と気遣われ、情けないとは思いながらも帰路につきました。

帰りの電車の中でも、何とも言えないダルダルさ。まるでケモ後のよう。

家に着いてからも夕飯の用意をする元気も出ず、家人には外食をお願いして眠り続けました。



寝て起きて、少しの時間は元気で稼働できるけど、一定時間経過するとパワーダウン。
まさにケモからの回復期状態。一体どうしたんだ、自分!?

まぁ、とりあえず「急に寒くなったから」という言い訳にしつつ、金曜日のケモを想うと今から憂鬱の虫に取りつかれそうな私です。

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。