07
1
2
3
5
6
7
9
10
11
12
13
15
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑中お見舞い申し上げます

今年の夏も 暑いですね!

オリンピックイヤーという事で、別の意味で熱くなっていらっしゃる方も多いのでしょう。

ちなみにうちの中では旦那さんだけが そいう言う意味で熱く、そして寝不足のようです。


子供たちも夏休みに突入し、人口密度があがり 暑さに磨きがかかる我が家。

そんな中 へちまさんは健気に育ってくれています。

でも、花芽がつかない(--;)

高さだけは2階のベランダに到達するくらいまで伸びているんですけどね~。
本日、液肥投入して様子見です。

頑張って日々の生活を潤してくれているのは ミニトマトさん。

青い実が日を追って熟して行く姿を見るのは、なんというか元気をもらえます!



そういえば、先日「生まれて初めて」マッサージなるものに行ってきました。

すっごい肩凝り性なのですが、お金を出してマッサージをしてもらうという事は考えた事も無くて(っていうか、もったいなくて)スルーでしたが、毎月のようにケモ1週間前くらいから尋常じゃない肩凝りに悩まされるようになって、これは何か手を打たねば…と思っている所に、父から良いマッサージ屋さんがあるとの情報。

父は帯状疱疹からの神経痛でかなり苦しんでいた人なので(現在も痛みはあるようす)その人のお勧めというのに食指が動きました。

台湾式マッサージと看板を掲げた小さなお店に恐る恐る足を踏み入れると、ふくよかな女性がお出迎え~。
1時間、みっちり揉んでもらいました。
マッサージを受けるのは初めてだと話をすると「揉み返しがくるかもね~」と。
数日前に受けたのですが、次の日に肩甲骨のあたりが軽い筋肉痛のようになっていました。これが、そうかな?

マッサージ終了後、彼女から「右利きなのに左の肩の方が凝っている。足裏のマッサージが効きそうな感じがする。気になる所は肝臓と腎臓のあたり(足裏)」とのコメント。

まだ尋常じゃない肩凝り期間には入っていなかったので、これは素晴らしい!と思えるほどの効果実感はなかったですが、まぁ気持ちよかったです。
でも、肝臓と腎臓・・・ふむ、ちょっと気をつけておこうって感じですか。

今週末は久々のケモ。
自由時間終了まで、あと少し。
ケモでへばったら、堂々とエアコン入れて寝てやる~!(笑)


と、そんな訳で何とか日々凌いでおります。

暑さはまだ続きそうです。みなさま くれぐれもお体にお気を付け下さいませ。
スポンサーサイト

忍野村!

ちょうど2年前くらいに、某回転寿司チェーンの小樽旅行プレゼントへ応募し、それには外れたけど「忍野八海へ無料ご招待」というはがきが来たことがあった。

当選はがきを目にした瞬間は舞い上がり、すっかり行く気になっていたけれど、よくよく見てみると同伴者は有料で しかも結構なお値段(同じようなコースで廉価なバスツアーなら二人分って感じのお値段)。
ならば一人で参加しようかと考えたけど、ネットでその旅行会社を検索してみたら、よろしくない書き込みが続々と出てきた。
どうやら「無料ご招待」とうたって集客をし、宝石やら毛皮やらのお店へ「見学・ショッピング」として連れて行って・・・という手口らしい。
もちろんそのお店に行くことはパンフレットには記載されているんだけど、無料ご招待に舞い上がっていた私には当初見えていませんでした(--;)
まぁ、別にお店に行ったからと言って「絶対に買わなければいけない」という訳ではないのだろうけど、滞在時間90分いかにその品物が優れているか、そして市価よりお安いかを説明(?)され続けると「高いのは無理でも、この辺なら」って気になってしまうかもしれない。
無料でバス乗って観光して帰ってくる予定が、なぜか数万円か数十万円の何かを買って帰ってくる旅になってしまう、恐ろしいトラップ!!(笑)
そんなこんなで、トラップと分かっていても自分を強く持っていればただで遊んでこられる旅と判明して、自分を強く持っていられない私は、涙をのんで諦めたのでした。

でも、一度知ってしまった忍野八海への想いはなかなか捨てられず、この度旅行好きの友人ナビゲーターと一緒に行ってまいりました!!
1207221

お天気は曇りで、時々小雨がぱらつく感じ。

1207227


そんなお天気でも、村の中心地はすごい人出でした。中国の方が多かったみたい。

1207224

湧水の中では岩魚や鱒が悠々と泳いでいます。
キラキラ光って見えるのは、投げ込まれたコイン。湧水の水源に金属であるコインを投げ込むのはいかがかと思いますよ(--;)

1207222

中心地をちょっと離れると 本当に静かで 清流とそこを吹く風が気持ち良い静かな場所です。

1207223

これは「お釜池」の写真。
中心から離れているおかげでコインを投げ込まれる事もなく、お魚さんも快適そうです(笑)

お店の集まる中心地は、それはそれで面白かったです。
ヨモギ餅を焼いて売っていて、とっても美味しかったし、地元の青唐辛子を使って作った辛子味噌をお豆腐にトッピングして食べさせてくれる所もあって、お豆腐の甘さが「うま~~」でした。

忍野村を堪能して、山中湖畔まで足を伸ばしたら雨が降ってきました。
雨宿りを兼ねて、湖畔のお店へ突入~。
ほうとうのお店だったけど「とりもつ」ののぼりが出ていて、お昼におそばを食べてそこそこお腹いっぱいだった私たちですが、とりもつは別腹!と注文。
メニューにわかさぎフライを見つけ「山中湖のワカサギか?」などと言いつつ、これも注文。
ノンアルビールでささやかに乾杯し美味しくたいらげてきました(笑)どこが「お腹いっぱい」なんだ?

ノンアルビールと諸々で満腹になり、雨も小降りになってきたし・・・ということで湖畔を散歩。
「わかさぎちゃんは、ここで採れたのかな~?」なんて言って湖を覗きこんだら、そこには鯉の群れがっ!!
すっかり餌付けされているようで、人の足音が聞こえたら寄ってくるみたいです。
観光船から降りてきた小学生くらいの子供たちが船着き場の売店で餌を買って撒くと、もう地面まで上がってきそうな勢いで鯉たちが・・・この中には絶対に落ちたくない!と思う光景でした。

もう少し先に行くと、白鳥が陸に上がっていました。
1207225

湖には白鳥も結構いて、スワンボート(足こぎ)の後を追いかけている姿はまるで親鳥を追いかけるひな鳥の様で可愛かったです。

でも、それもきっと「人間は餌をくれる生き物」と知っているからなのでしょうね。
この白鳥はしばらくじっとしていましたが、私たちが見ているのに気付くと、よちよちと近寄ってきました。
「へぇ~人間に慣れてるんだね」などと言いつつ、一向に餌を買い与えてくれないおばちゃんたちに業を煮やしたらしく「餌をくれないなら、お前を食う!!」とばかりに噛みついてきましたよ(笑)
昔動物園で、ヤギにスカートをかじられた事があったけど、白鳥に攻撃されたのは初めてです。(^^;)

そんなこんなで一日楽しく過ごし、最後は高速バスで帰ってきました。
日曜日の行楽帰りラッシュと、事故渋滞に巻き込まれたのは想定外でしたが、念願の忍野村!大満足でした!

笑顔の覚悟

写真を撮られるのが苦手です。

これは小さいころから。だから、アルバムに残っている数少ない写真でも、いやにはにかんで照れ笑いをしているか、逃げようとして怒られて仏頂面しているかってのが多いです。

年を経て今見てみると、なんでこんなに反抗したんだか?って思ったりしますが。

その血が、子供たちにも行ってしまったようで二人ともよほどの事が無いと写真に写らない。
カメラを持った人が近づいてくると、ふ~っとどこかへ逃げ出してしまう。

それでも まだ息子は仲間たちとよんどころなく(?)写る時には照れたように笑っている事が多いのですが、問題なのは娘!

小5の時の移動教室に行った時の写真で、写っているのは「不本意」と顔に張り付けてある仏頂面ばかり。

普段から、おしとやかで大口なんて開けた事ございませんわ。っていうんならまぁ仕方ないと思うかもしれませんけど(思うか?)彼女の普段は、賑やか娘。
それが写真の中では「笑ったら損だ」とでも思っているような顔。

思わず説教しちゃいましたよ。自分の事も省みず。

写真は残るよ。
こんな顔して写っていたら、楽しくなかったのかな?って思われるよ。
人間、楽しかったら笑顔になるけど、いざ笑顔を作ろうとするとなかなか日頃訓練してないと難しいよ。
だから普段から笑顔モードになるように気をつけてみようよ。と。

写真に写った自分の笑顔の少なさに、やっと彼女も「これはヤバいかも」と思ったらしく先日行った6年生の移動教室では「頑張って、笑顔になれるようにやってくるよ」と決意表明して出かけて行きました。

そして帰宅後「頑張ったよ、できるだけ」と報告。

小学生生活最後のイベントに、どれだけ彼女が笑顔になれたか今から楽しみです。

ちなみにうちの旦那さんは、小さいころから写真を撮る時には真ん中へ突進して、笑顔でピースするタイプの人だそうです。(実際子供時代の写真はそんなのが多い)
なので、カメラを向けると逃げるという私たちの気持ちが分からん!と、いつも怒られます。(--;;)

海に行ってきました。

世間は3連休なんですよね~。

我が家は金曜日に娘が移動教室から帰宅し、土曜日は避難訓練を兼ねた3時間授業があったので、あまり連休関係なし。(あ、いつもか)

息子はすでに夏休みに入っていて、ある意味物凄い成績表に滅多打ちにされ(されたのは親かも)布団の中で自分の塩分で溶けるんじゃね?的な生活になってます。(いつもの事か・・・)

そんな中、旦那さんの「海に行こう」という一声で、昨日は海に行ってきました。

海なし県で生まれ育った私にとって「海に行く」というのは一大行事。
小さい頃は、家族で海に行くのは一年に一回の家族レジャーだったんです。
ワゴン車の後ろにマットレスを敷きこんで、夜に家を出発して 子供は後ろで寝ながら道中を過ごして 朝目が覚めたら海!っていう。
一日遊んで、夕方また車に乗って 途中にある温泉によって日焼けした身体でギャーギャー言いながらお風呂に入り、夜には帰宅。

ふむ。今改めて思い出してみると、大人にとっては結構過酷なレジャーだったのだな(--;)
主に運転手だったお父さん、本当にお疲れ様でした。(ウン十年の時を超えて、感謝)

さて、我が家の海行きはというと、私は「見てるだけモード決定」なので水着も必要なし。タオルのみ用意。

息子は最初から「お見送り」の三角旗を持って、見送りモード。

旦那さんは「海と言えば磯遊び派」なので網を用意。

娘は「よくわかんないけど、行くんなら行く」という あまり乗り気でないのね?モード。

と言う事で、3人で電車に乗ってお出かけ。

行先は逗子の海。駅から海岸近くまでバスで移動したんだけど、バスも混みこみでした(>-<;)

辿り着いた海辺では、あちらこちらでバーベキューのにおい付き煙がもくもく。

ガンガン鳴り響く音楽と、タトゥー入りの御一行様を避けて、とりあえずレジャーシートを広げて磯を歩いてみる。
サンダルを履いて行った私は、あっという間に小石の餌食(笑)
娘は「サンダル持っていけば?」という助言を無視して靴と靴下なので濡らすわけにはいかず、かといって裸足で入るのはちと危険そうな岩場なので、無難そうな場所をブラブラ。
旦那さんは早速網持って岩場へ突撃。(この人が一番エンジョイしてそう)

少し遊んで、早めのお昼をファミレスで済ませ、今までいた場所よりもう少し先へ移動したら、裸足で遊べそうな浜が出てきました。

旦那さんは更に先へ行った岩場へ網を持って…以下同文。

娘と私は靴を脱いで、パンツを膝上までたくしあげて波打ち際を歩いたり、貝殻を見つけたり。

貝殻はあまり見つからなかったけど、シーグラスがあちこちに。

シーグラス、言ってしまえばガラスのかけらが摩耗して角が取れたもの。だから、ガラスな訳で、そんなものがゴロゴロしている場所を裸足で歩いてええのん?って気もしなくはないけど、とりあえず見える範囲で危なそうなカケラのガラスは無かったです。想像していたよりも、海岸キレイでした。

波間から顔を出している岩に向かって、石を投げて当てられるか!と挑戦してみたり、砂山作って遊んだり。

そのうち旦那さんも満喫し終えたようで岩場から帰還。

怪しい雲が出てきたので帰路に着きましたが・・・海辺での滞在時間は3時間程度?(うち1時間はファミレス)
なんて贅沢な(--;)海に行ったら、もっとガッツリ遊ばないと!って思っていたのに。

帰りの電車で娘は爆睡。あんな短時間でも疲れたんでしょうね。次に行く時には、やはり水着は必須だと話しておりました。

終わってみれば4時ころにはもう自宅に帰りついているようなお手軽レジャー。

でも、なかなかお尻が重たくてお出かけしない我が家にとっては、そこそこレジャーなのでした。

大腸女子部オフ

昨日は上野でオフ会してきました。

直前まで「横浜中華街まで繰り出すか?」と悩んでいたのですが、微妙な天気予報だったので 無理せず上野。

今回行ったお店「ブラッスリーレカン」は、上野駅構内にあって外に出る必要なし。

そしてこのお店は、私にとって うふ。さんと初めてお会いした思い出深い場所でもあります。

ご一緒して下さったのは、観葉植物さん、つる つるこさん、にゃんこさんのお三方。

話題は治療や緩和ケアなどの病院話から断舎利などの日常あるある話まで(笑)

奥の方の席に案内されたのをいいことに、長居してお喋りしまくってきました。

お料理はデザートまでしっかり堪能。美味しかったです!

そして、皆様から美味しいお土産もたくさんいただきました。ありがとうございました。

毎度のことながら、楽しくためになる時間はあっという間に過ぎ去ってしまいました。

たくさんお喋りしたはずなのに、分かれてみてから「あれも聞きたかったのに!忘れていた(>-<;)」なんて事がまだまだあります。

だから、またオフしてお喋りしましょうね♪

にらっ!

今日は久しぶりに青空が見えました。

雨も嫌いじゃないけど、やはり青空はいいっ!

気持ちいいですよね♪

そんな中、父が「久しぶりに顔を見に行く」と遊びに来てくれました。

笠地蔵さんではないですが、いつも来る時にはたくさんのお土産を持ってきてくれる父。

本日のお土産は
タイカレー:レトルトだけど食べたら美味しかったからって。
テビチ・ラフテー・海ブドウ:来る途中のSAで沖縄フェアーをやっていたそう。
きゅうり・茄子・トマト・枝豆:実家で採れた。
 

そして・・・・にら!・・・ポリ袋半分くらい?

レジ袋じゃないですよ。ゴミ捨てに使う、ポリ袋。

ちょっとしたサンタさんが担いでそうな容量です。

そこに、にら。

なにやら、ご近所さんで漬けものやさんにお勤めの方がいて、葉先だけ使った残りのにらをいただくのだそうです。
にら、大好きです。
本当、好き。
餃子にニラ玉、レバニラ、ニラ玉汁。野菜炒めにもがっつりニラ入れます。

でもね・・・ポリ袋半分ものニラ・・・インパクトありすぎ。

とりあえず、傷みそうな部分を取り除いて下処理を地道にこなしています。

上記以外のニラレシピ(できれば大量に使えるもの!)ご存知でしたらご教授ください!!

ヘルプ・ミー・プリーズ!!


ふぅ・・・やれやれ。

今回、ベクティビクス抜き・FOLFIRIのみ初体験。

病院での投与中に目蓋にピクつきは感じたものの、いつものように足がつるような事もなく済んだ。

傍目にも、電話の声も、いつもより元気そうだったようだ。

本人的にも「あ、楽かも」と思っていたけど、やはり抗がん剤は強力(--;)

元気なんだけど、すぐカラータイマーなっちゃう感じ。

出来る!と思って起き出しただけに「あらら・とほほ感」が強かった。

投与後6日目、水曜日・・・それでもこれだけ復活していられたら、御の字でしょう。と感じられるくらいまで復活した・・・ような気がする。

まだ早朝なんで、起きただけなんで、いつカラータイマーがピコピコするか(笑)

それでも、寝て起きると 寝る前よりも一段 靄の中から遠ざかっているような気がする。


今回のケモ前に、やたら息切れがして 肩も痛くて なんかも~わややっ!って感じだった。

投与前だっていうのに、2階に上がる階段がとてつもなく苦痛だった。

その原因が・・・どうやら体重だったようだ。

何を食べすぎたとか、いつもに比べて動かなかったとか、心当たりはそんなにないのだけれど(まったくと言えない所が・・・)病院に行く前に測った体重は、ありえない数値(@-@;;;)

こりゃ~息切れもするわ。と、納得しつつも 原因が思いつかない。

肥る→動かなくなる→肥る→体重増加→動かなくなる・・・なんて無限ループに陥ったのか?

しかし、今回のケモの副作用時期を脱出して体重を測ってみたら、その分ががっつり減っていた。

普段、ケモの時は「食べつわり」みたいに何かしら口にしていた感があるんだけど、今回はそれが無かった。

食事も食べていたけど、ヘルシー物を身体が求めていたみたい。(マックは食べたけど)

今回の原因不明の体重増加、肝に銘じてこれ以上肥らないようにしようと思った私でした。

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。