03
2
3
4
7
8
9
11
12
13
15
16
18
19
22
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行ってきます!

いよいよ明日から入院です。
とりあえず荷物の準備は万全!な、はず。
午前中は息子の卒業式。
お天気大丈夫かな~?予報では雨マークなんだけど・・・できれば曇で・・・ってあまいかしら?
卒業式に着る為に購入したスーツを、昨日試しに着てみました。


あ、あれ?なんか・・・小さい?


いや・・・もしや、私が大きくなってる!?



一応入ることは入るんだけど、なんだか窮屈。。。

このスーツを購入したのは2月。
それから体重的にはそれほど大増殖したという訳ではない・・・はず。
でも、体重は変わらなくても、なんだか知らないけれど贅肉になって体型にモロ?


スゴイ焦りました。
で、タグを見てみるとなぜか私が購入したはずのサイズより一サイズ小さい号数が・・・



ええ~!でもすそ上げをしてもらったパンツは1×号だよ~!
3点セットでジャケット、スカート、パンツで買ったはずなのに、なぜかパンツ以外が一サイズ下。
これって・・・やっぱりお店の人が間違えたんだよね(--;;;


やたら焦ったけれど、購入した際にメンバーズカードを作ってもらったので、まずは電話。
事情を説明すると、捜してみてくれるとの事。

でも、卒業式、月曜日なんですけど・・・


しばし後、お店より電話。
同じ商品が見つかったんだけれど、千葉のお店にあるんです。
それで、これから取りに行って、その後お届けしようかと思うのですが、10時か11時頃になってしまうかと思うのですが・・・大丈夫ですか?

う~ん、寝てます。とは言わなかったけれど、その時間にはパジャマになっているのはほぼ間違いないので、次の日(今日)に届けてもらうことになりました。

そして今朝、無事商品を受け取ることが出来ました。
でも、よかった~。
そのスーツセット、千葉に在ったのが最後のセットだったとの事でした。

はぁ、綱渡りな日常。
スポンサーサイト

やった~!

旅は人情、世は情け♪
本日、朝の早い時間に病院から電話がありまして、24日の入院、午後の2時までに入ればいいそうです!
お願いしてみるもんです!よかった~!
これで息子の卒業式に出られる~!
私が出たからといって、何がどう変わると言うものでもありませんが、節目ですから。
あとは、同級生のお母さん達に「あら、○○さんのおうちはお父さんだけなの?どうしたの?」と、変な勘ぐりを避けられる喜びもあります。
仲の良い一部のお母さんと、もしかしたら迷惑をかけることになってしまうかもしれない一部関係者、そして身内以外はあまりカミングアウトしていないので(^-^;;
さて、それならばスーツを着る為に、少しでもダイエットしなければ!
などと言いながら、夜の9時過ぎにマックのアップルパイと三角チョコパイを食べてしまいました(>_<)
ダイエットは明日から~・・・(でも卒業式は明々後日よん♪)

入院日、決定

肝臓の再発癌を手術するための入院日の連絡が、昨日来ました。
24日だそうです。
その日は、長男の卒業式。
まさか再発→手術になるなんて考えてもいなかったので(脳天気ですね)、お友達と卒業式用の新しいスーツを購入して、結構楽しみにしていました。
なのに、卒業式当日が入院の日になるなんて・・・
昨日の病院からの電話に思わず「午後からでも大丈夫でしょうか?」と悪あがきしてしまいました。
本来、入院日の朝9時までに入院受付を済ませるのがセオリーなのですが、もしできるのならば・・・と。
「ちょっと、病棟の方に確認してみますね。今ここで大丈夫ですとはお答えできないので、金曜日にまた確認してお電話させていただきます。」

これって、ちょっとは希望を持っていいと言うことでしょうか?
式典全部を見納めようとしたら12時過ぎになってしまうので、そこまでは無理としても、せっかく買ったスーツを着て、校門前で親子揃って写真など撮ってから入院したいな~なんて思っています。

さてさて、どんな結果が連絡されてきますやら?

ちょっとムッとしたこと。

今日は愚痴ブログです。すみません。

先ほど学習教材の勧誘と思しき電話がありました。
なにやら自宅学習を習慣付けるのに画期的な学習方法が出来て、それを説明するためになんたら先生が時間を割いて説明に回っているんだそうだ。
今日、これからならばうちにも回れるが時間はありますか?とのこと。

基本的に「欲しい情報は自分で捜して勝ち取る。」というスタンスの私としては「小学校2年生のお子様をお持ちのお母様でいらっしゃいますか~?」なんて電話をかけてくる、どこの誰かも分らない相手が立て板に水のように喋り捲る情報は信じない。

なので「時間が無いので」と丁寧にお断りしたつもりでした。

でも、そのおばさん、全然引かないんです。

「通常おうちに居て、お子様と一緒に居られるお母様が、お時間が無いんですか。」
明日でも大丈夫だの、時間が都合が悪いなら昼間の学校に行っている時間でもいいだの、1時間から30分程度だの、またまくし立てられたのですが、それでも頑なに「時間が無いんで」と言う私に、最後通牒のように「お子様の為に1時間程度の時間も用立てられないと・・・はぁ、勿体ないですね。」
ガチャッ!

おい!あんだけ喋くり倒して、最後はガチャ切りかい!?

すっごい頭にきたものの、相手は切られた電話の向こう。
本当に何様のつもりなんだ~!

古傷の痛み?

私のおなかには大腸と肝臓を手術した際の大きな傷跡が2つと、その際、中からの分泌物を体外に排出するためのチューブが入っていた穴の跡が3箇所あります。
この傷が時々とても痒くなるんです。
まぁ通常の皮膚の状態と違っているんで痒くなるのは仕方が無いか・・・と、一応諦めてはいるのですが。
その表面の傷とは別に、みぞおちの右側部分あたりにぽこっとしたしこりのようなものが感じられます。
外来で行った時に先生に「これはなんでしょう?」と聞いたら「これは皮膚下の部分に有る物ですね。でもCTでは特にその部分に何も写っていないから、きっと手術をしたときに繋いだりした部分じゃないかと思います」との事。
ここがまた時々痒くなるんです。皮膚表面じゃなくて、中が痒いって・・・なんとも不気味な感じです。
そして、そこ以外の内臓が、たま~に差し込むように痛くなるときがあって、これは癌になる以前からもあった痛みなのか、それとも癌になった故の痛みなのか、記憶があいまいで今ひとつはっきりしないのですが・・・これもなんか怖い。
痛みに関しては常に痛いのならば先生に訴えもするのですが、たま~になので外来で「お加減いかがですか?」と聞かれると「あ、元気です」なんて答えちゃうんですよね。
思い切り自業自得ですが(--;
耐えられる痛みは耐えるのが今までの私のスタンダードだったのですが、もしかしたらこの痛みが何かの前兆なのか?なんて思うと、きちんと訴えた方がいいのか?なんて悩んだりします。
ちょうど外来の時に痛くなってくれると訴えやすいんだけどな~。

暖かくなりましたね。

週末は自分の実家に子供を連れて行ってきました。
下の娘の誕生日も重なっていたので、行きがけに独身時代から大好きだったケーキ屋さんに行き、娘のバースディ・ケーキを買い込んで行きました。
予告無しの持ち込みバースディパーティーに親達も一瞬たじろいだようですが、一年に一度の誕生日に娘が生まれたことを心から喜んでくれる人たちに囲まれてケーキを食べるだけで充分。と話をすると、笑顔でうなずいてくれました。
今の時代、子供の数が少なくなってきて一人にかける(かけられる)お金が大きくなり、孫の日まで出来て「さぁ、お金を使ってプレゼントしてください」て風潮だけど、本当は一年一年、無事に大きくなることが出来てよかったね。って喜ぶ日ですよね。
それには高価なプレゼントやケーキも、本当は必要じゃないのかもしれません。
自分が大切に思っている人たちが、同じように自分の事も大切に思ってくれている。
それが確認できれば(人の心だから手にとって確認はできませんが)充分な気がします。
7歳になったばかりの娘にそんなことを言っても通用しないとは思いますが(物欲の権化状態です)、いつの日か大切な人とそんなことを語り合えるような人になって欲しいと思います。

そして私からも、お誕生日おめでとう。これからもいい人生を歩んでください。

肝臓血管造影検査(2回目・3日目)

幸い夜にも発熱することもなく朝を迎えることができました。
何の問題も無ければ、今日の退院予定。
朝、K先生達がやってきて「今日退院ですね。ご家族が来てから今回の検査結果をお話したいところなんですが、今日はこれから手術が入ってしまって・・・3人とも入る予定なんで(担当の先生が3人)、朝ごはんの後にご説明をさせてもらいます」とのこと。
朝食を終えてK先生に呼ばれて個室へ。
前回の手術部分の説明と、今回発見された部位を画像で見せてくれました。
はっきりした転移は3箇所。2箇所は比較的取れ易い部分だけれど、1箇所が肝臓の中の大きな静脈が3本ある又の部分にあるので、それが時間がかかりそうだということ。
それでも取りきれれば根治の可能性も無くは無いとの事。
基本的には手術を希望していたので、先生からの提案とは志を同じくしているので問題なく同意。
説明の紙を手に個室を出ました。
大部屋に戻って同室の方に手術が出来そうだと報告すると「成功を祈っているからね!」と気の早いエールをいただきました。
とりあえず手術の予定は今月の26日。
残念ながら長男の卒業式には出られないけれど、頑張ってきます。

肝臓血管造影検査(2回目・2日目)

4日の朝、ご飯の前に肝臓の代謝機能の検査をするとk先生がやってきた。
これは、採血→検査薬を注射→15分後に再度採血。というのをやって、どれだけ肝臓が働いているかを見るらしい。
「前の時にもやったよね」と採血をしながら言うK先生に「え?初めてですよ」とボケる私。
絶対にやらないわけ無いと断固として言われたので、白旗を揚げました。
あの頃私の頭はいろんなことでキャパオーバーしていて、日々のことをポロポロこぼしていたんでしょうね。
その検査が終了してから朝ごはんをいただき、その後点滴を入れ始める。
手首の後ろ側(甲の方)・・・痛いよ~。でも、ここか手の甲しか血管が出ないらしい。甲よりはいいか。
お昼は食止めで午後1時から検査開始。
前回はベテランの先生だったようで、とても軽快にお喋りをしつつ状況を説明してくれたりして、結構あっという間に終わった感があったんですが、今回はとてもお若そうな先生。(眼鏡をはずしているのではっきりとは確認できず)
処置台に横になり、太ももを中心にまんべんなく消毒薬を塗られる。部屋の気温が低いのでスースーして寒い!保護用(?)のシートをかぶしてもらって、ちょっと暖かくなり一安心。
右太もも付け根の部分に麻酔。麻酔が効いているのを確認してからカテーテルを入れる作業に入ったようです。
前回は軽妙トークで時間を感じさせませんでしたが、今回はシーンと静まった部屋の中、一生懸命な空気がぴんと張り詰めて居りました。
そして無事にカテーテルが肝臓付近まで辿り着いて、造影剤を注入し、撮影。
CTの造影剤の時にも感じる熱が、今回は肝臓付近のみ本当に「熱い」って感じるくらい。
息を吸ったりはいたりして止めて、無事撮影終了。
その後の処置を終えて、最後の血管を圧迫しての止血をしてくれていた先生に「ひたすら10分間も圧迫しているって大変ですよね。」と話しかけたら「いや、この後何時間も安静にして動けない患者さんの方が大変ですよ。頑張ってください。」と励ましてくださいました。ありがとうございます。

そして処置が終わりストレッチャーで病室まで帰宅(?)。
看護婦さんたちのパワーで自分の体を動かすことなくベッドへ移動し、絶対安静3時間、小安静(こんな字でいいのかな?)2時間を過ごしたのでした。
検査に使った造影剤は尿と一緒に排泄されるから、我慢しないで呼んで下さいねと看護婦さんには言われたものの、前回もベッドの上でのトイレはできなかった。
今回も、やっぱり無理でした。
安静解除になった5時間後、トイレにいけた解放感は筆舌に尽くしがたい・・・

肝臓血管造影検査(2回目)~ただいま~

き、消えた。
今、3日から5日までの病院での出来事を書き終えて、アップしたら・・・記事が消えました(@_@;)
一生懸命書いたのに・・・凹む。

でも気を取り直して。
3日、10時までに入退院受付まで来てくださいとの事だったので、ほぼ時間ピッタリに受付に辿り着く。相変わらず混んでます。
受付を済ませ旦那さんと一緒に病棟へ。
なのに前の患者さんがまだ退院できていなくてベッドが空かないので・・・と、手術後お世話になった回復室で待っていてくださいと。
「仮」ベッドなわけだから、なんとなくパジャマに着替える気にもなれずにぼんやりしていたら、看護婦さんから「採血」と「胸腹部レントゲン」に行ってくださいとの指示。
そこにK先生がやってきて、今回受ける検査の概要を説明してくれました。
説明を受け終えてもベッドは空かず、そのまま採血等を済ませて待っていると、お昼のアナウンス。
3日のお昼はひな祭りってことでチラシ寿司♪
なのに何故か私のご飯は「小盛り」と指示つき。う~ん、太ったのがまずかった?
ご飯を食べ終えて少しするとベッドが空いたと看護婦さんが呼びに来てくれました。
4人部屋の窓側。ラッキー♪
パジャマに着替えた後に心電図の検査に行ってくださいとの指示。
前回は負荷(?ステップの上り下りを数分間やった記憶が・・・)は無く、数秒で終了。
今日の検査はここまで。
明日(4日)はいよいよ血管造影です。
早く寝て、気力体力を蓄える!

検査入院、行ってきます!

金曜日に病院から電話があって、肝臓の血管造影検査のための入院日が決まりました。
三月三日のひな祭り~♪に入院です。
今回は検査のための入院だから、2,3日で帰ってこられるはず。
学校の行事も詰まっているし、できれば入院した日に検査が出来れば、次の日には退院・・・?などと勝手に予想を立てていたりします。

そして昨日は入院前の飲み会に行って来ました。
飲み会、久しぶりだよ~\(^o^)/
とは言っても肝臓に転移が見つかってから、旦那さんから「断酒」を要請されているので飲み物は「ノンアルコール・ビール」。。。ちょっと悲しい。
でも仲良しの友達と飲んで食べてお喋りしての3時間は黄金のようでした。
その席で、占いに詳しいTさんから「今年のラッキーカラーはブルーよ!」とのご指摘。
小さなラッキーでもこつこつ拾えば、いつかは大きなラッキーになるかも!ということで、ブルーで作ってみました。

bluering


ターコイズ・アマゾナイト・ラピスラズリとスワロフスキービーズで一足(二足?)早い夏気分?
これを付けて、一日も早く復活するぞ~!

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。