08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

術前化学療法

昨日はパニクった頭でK先生の話を聞いて(話を聞いたからパニクったのか)、本能的に

「取れるなら、取りたいです。」と口走ってきました。

でも、昨日布団の中で、ふと、梅澤ブログで手術の前の術前抗癌剤治療で書かれていたことを思い出しました。

術後の補助化学療法では、見える癌は摘出されているので、見えない癌に対する予防(?)のための化学療法になる訳で、ぶっちゃけた話、補助化学療法をしたから再発が防げたのか、それとも元々転移の芽がなかったのか「?」な訳です。

でも、術前だったら抗がん剤が見えている病巣に対して有効かどうかを確かめることができるわけで。

一番最初で、最後の補助化学療法の抗がん剤も、「あるかないかわからないものを無くすために、こんなに辛いのはいやじゃ!」と中止したので、もし実際に投与して、病巣に変化が見られるのなら、もうちょっと我慢できるんじゃないかと・・・

そんな訳で、旦那さんとご相談。(というか、私の思いつき(?)を訴えてみました。)

基本ラインでは同意をとれましたので、あとはT先生とのご相談です。

K先生は3か月くらい抗がん剤をやって・・・と、話をしていたけれど、効果を確かめるのに3カ月必要なのかどうか。

効果が見られれば、3か月続けるのは異議ないのだけれど、もし1か月続けても効果が見られないのであれば、そこから手術への方向転換(もしくは抗がん剤の変更)は可能か。

無い知恵しぼって、今のところ考え付いたのはこんなもんです。

はてさて、どうなることやら?

只今の私の状況、こちらと酷似!? 梅澤ブログ「手術のタイミング
スポンサーサイト

検査までの待ち時間

先月末にCEAの再検査の結果が出て、数値的に上昇を見ているのでPET-CTで数値上昇の原因を探ることになったのですが、検査をするのが18日、結果を聞きに行くのは来月の2日。
そんなに簡単にがん細胞が体の中で爆発的に増殖し、方々に転移するとは思わないけれど、ちょっとしたことが「これって転移のせい?」と気になる。

例えば、疲れやすさ。
今年の4月から息子が都内の学校に通うことになり、お弁当を持たせるためと、朝食の用意で朝5時20分起きの生活が始まってから、なんとなく日常的に疲れている。
これは4月から続いているから、今更・・・という気もするけれど、でも時々「なんか今までよりもしんどいかもしれない・・・」と思うときがある。
そんな時、体の中の免疫力が弱ってきて、体内のがん細胞が暴れだしてる?なんて考えたりする。

例えば、背中や腰の痛み。
前回の手作りイベントが終了し、12月にご近所のお宅をお借りしてイベントが企画されている。
それに向かって、いつになく真面目に作品作りをしている。
自分の体調不安を紛らわすための逃避という気もするが・・・
なので、多分眼精疲労からくる、肩、腰、背中のコリも凄いことになっているんだと思う。
でも、なんだかいつものコリの痛みとは違うような気がする。。。

と、悶々としていたのですが、昨日の梅澤ブログ「これもガン、あれもガン」を読んで、何だかつきものが落ちたような気がした。
本当は気にならないわけではないけれど、でも、今の病院、医師を信じて、その病院で治療を続けると決めたのは自分だし、だったら泣き言を言わずに、日々元気に過ごすのが良策。

そんな訳で、眼精疲労&肩こりの原因になった丸小ビーズで作ったうさぎさんをお披露目~♪

081109

全長25mm程度です。 肩も凝るはずだわ(^-^;;

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。