08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自主規制という名の逃避

水曜日に外来に行ってケモして、当日に気持ち悪くなって、次の日の昼間には腹痛が出ました。

う~ん、この前の腹痛の犯人はリリカじゃなくて、イリノテカンの容疑が濃くなってきたな(--;)

おかげで食欲ダダ減り。(んな言葉あるのか?)

またもや体重最低値更新!


んで、昨日切れました。

もうやだ。

イリノテカンだかなんだか知らないけれど、こんだけ苦しいのに、なんでさらに抗がん剤飲まなきゃいけないの!?

いやだ、いやだ、いやだぁぁぁぁ~~~!!

ってことで、昨日から現在に至るまで、自主的休薬。(自主規制)

痛み止めだけ、飲んでます。

そしたら徐々に気力復活。

多分に思い込みが作用しているとは思われますが、それでもその前までとは身も心も違う感じ。

抗がん剤を飲まないことに対しての罪悪感はあったんだけど、でもそれを振り切って飲まなかっただけのメリットを感じられました。

もうちょっと気力が復活したら(甘えてるんじゃねぇ!と、自分に活を入れることができたら)ゼローダ復活するとは思いますが、今はもうちょっと自分を甘やかせていたいと思います。

治療からの逃避、と言われれば「その通りです」としか答えられませんが(その答え方が既に開き直ってる?)、自分を守るための緊急避難だと思うことにしました。

おかげさまで、リンゴもクッキーもおいしく食べてます。
私にとって、こんなことが大切なのかも・・・
スポンサーサイト

TAS-102

新しい大腸がんに対する抗がん剤に国の承認が下りたようですね。

とりあえず発売元である大鵬薬品のHPでは「延命効果を評価・死亡のリスクを有意に減少。グレード3以上の薬物有害反応は好中球減少で、下痢や倦怠感、悪心などは10%以下」とのお話。

まぁ延命効果は「全生存期間 中央値:9.0ヵ月対6.6ヵ月」という事で、おお~すげ~という数値ではないのかもしれませんが、こうやって人類はじりじりと病を克服しようと匍匐前進を続けているのだな…と、感慨深いものがあります。

それよりも「薬物有害反応」!これって副作用ってことですよね。

グレード3以上の、という但し書きがひっかかるものの、下痢や倦怠感等が10%以下って凄くないですか!
好中球減少がどの程度のレベルなのかわかりませんが、普通にケモやっていても下がる時は下がるし。

どのタイミングで使えるようになるか分りませんが「この治療が効果がなくなったら、次の手はないです」と言われている私としては期待してしまいます。


FOLFIRI35回目

何のかんのといいながら、行ってきました新年初ケモ。

さすがに電子カルテ導入から1カ月近く時間がたっているせいか、再来受付機のへんでの混雑も無く、採血してくれた看護師さん達の様子も落ち着いているように見受けられました。

「あれ~、harusameさん久しぶりですよね?」

「ええ、あんなことやこんな事があって、本日になりました~」

「いや、よかったですよ、今日で。もうね、少し前までハチャメチャでしたから(笑)」

なんて話をしながら採血終了。新年初で、久しぶりの所為か12mlといつもより多め採血でした。

で、消化器外科の受付は今までと同じ有人窓口。

待合室にパネルが設置され、診察室と医師名、そして診察中の患者さんの受付番号と「もうすぐ呼ばれますよ」って順番の受付番号が表示されるようになっていました。

ま、先生によってはそんなパネル無視状態で、相変わらずマイクで呼び出ししていた先生もいましたが(笑)

とりあえず私の受付番号は「もうすぐ呼ばれます」の3番目に表示されたので、大人しく待機。

アミアミしていたら表示パネルの案内音が鳴って、ふと見ると2番目の人を飛び越えて私呼び出し!?

「あの~、いいんでしょうか?」と慄きつつ入室すると「検査結果が出た人からやっていくから大丈夫だよ」と。

さて、本日の診察。

とりあえずマーカーは微増を続けるも「ウナギ登り」って感じにはなっていないそうです。

今回はグラフを出してくれました。

今まで順調に(?)反応してくれていたCEAが動いているのは想定内でしたが、今まであまり反応を見せなかったCA125が動き出して50・2まで増加。

今更慌てふためくものでもありませんが「あ~、こっちも動くんだ」って思いました。

で、腹水を含めた内臓痛というか・・・の話。

正直言って、医師でも良く分らないんだそうです。内臓痛の事を「なんか今更ながら癒着したん?って思うんですが、そんなんありですか?」って聞いたら、そう答えられました。

術後すぐに癒着が起きるタイプの人もいれば、後になってから・・・という人もいるんだそうです。

腹水も、出る人もいれば出ない人もいる・・・ようです。

痛み止めの方は変更を言ってみたんだけれど、現状なんとかなってるなら、今のままで行けるとこまで行った方が・・・という事になり、ロキソニンさん続投決定。

ケモ室では看護師さんと「いかに先生を持ち上げて、気持ちよく仕事をさせるか」という話題で盛り上がったりして、しんどかったけどケモに来て良かったなと思ったりしました。

そうそう、ケモ室でテレビを見ていて「マッサージチェア」が、ひっじょ~~~に気になってしまいました。

やはりテレビというメディアは購買意欲を刺激するCMの固まりなんだなぁ・・・

ちっちゃいの

1206021

えっと、前回の記事で「ちっちゃくなった」とご報告した新・フューザーポンプです。
(全体像が見えていない場合はクリックするとカバー&本体画像が見えると思います。多分)

お隣が、今までのポンプカバー。さすがに「半分」とまではいかなくても、かなり小さくなってる気がしません?

看護師さん的には「ポンプの色もピンクになって可愛いでしょ♪」だそうです。

いや、色は別に・・・あんまり関係ないと思ってしまう私は女子力不足?(笑)

新しいカバーは肩掛け紐状態のベルトが附属されてましたが、これはベルトにはならないので、今まで腰ひも状態で使っていた私としてはちと使い勝手が悪いので、そのうち改造しようと思っています。

っていうか、このサイズならもうちょっと可愛げのあるポーチ見たいの作ってもいいんじゃね?とか思ったりして。
(でも、そんなこと考えてなんか作ったりすると「残念次から使えなくなっちゃいました~」って(副作用とかで)なったりするんだよな~。ああ、思考が後ろ向き・・・)

46時間お付き合いしてみた感想としては、やっぱり軽いと楽。寝返りを打つにしろ、首にかけて移動するにしろ、うっかり本体を置き去りにして立ち上がってしまうにしろ、軽いと穿刺部分への負荷が少ないです。(もっと気を付ければよろしいという意見もあるが)
軽くて終わりの時間が分かりにくいという意見もあるそうなのですが(看護師さん談)それは予定終了時刻を把握しておけばいいことだし~と。

何が減ったかと言うと、生理食塩水が減ったという話ですが、そのせいか夜中のトイレ回数は少なくなったように感じました。(気のせいかもしれませんが)
でも「いらんものは、排せつ物としてさっさと出したい」と思っている人間なので、通常よりも意識的に水分とっていたかも。


今回の副作用、今んところヘロヘロになったくらいです。
昨日は、復活途中だな~と思いつつも、友達とランチに行ってきました。
お喋りをしている間は、全然元気!でしたが、移動する時に身体が重くて…副作用の所為か、実際の重さの所為か…自爆。
でも、勢い付けてお出かけしてみたら、なんとなく復活に勢いも付いた気がします。
今朝はか~な~り、元気です。(笑)
3日間ご無沙汰のトイレのお便りも、昨日無事(?)やってまいりました。
多分、来週あたりから皮膚障害が出てくるのでしょうが、取り越し苦労はするのはやめて、元気でいられる一日を楽しみます!

1206022

去年300円で買ったミニバラさん。今年もけなげに花をつけてくれました♪

投薬中止

UFTとロイコボリンを飲み初めて3週間。
最初に腕に発疹が出て「これが副作用ってやつなのかな?」なんて思っていたけど、唇に出たのは辛かったです。
痛いし、分泌物で唇はネトネトペッタリするし、血も出てくるし・・・ってんで、主治医のK先生が外来で居る時に受診して「とりあえず休薬」にしてあったんです。
唇、治るのに1週間かかりましたね。
そして昨日、休薬後1週間で外来受診。
血液検査の結果は問題なしだったけど、どうします?と、k先生。
方法としては、薬の量を減らして飲んでみるか、中止するか。
ただ量を減らしてもまた口内炎は出てくる可能性は大きいとのこと。

「結構辛かったんで、できれば止めてみようかな~と」とオズオズと切り出してみたらK先生も「う~ん、そうだね。辛そうだったもんね」と頷いてくれました。
とりあえず、3ヵ月毎の腫瘍マーカーとCTで様子を見るということで決定。
一抹の不安が残るのは残るけれど、飲めないものは仕方が無い。
せめて笑って免疫力アップを目指します!

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。