10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お久しぶりです

ベイマックスがほしいとつぶやいたまま、姿を消しておりました(^-^;)

ど~こ~へ~?

思いがけず、緩和ケア入院orz

時を少し巻きもどして・・・センター試験もそろそろという1月15日。
昼ご飯はまぁ普通に食べられて、夕飯に揚げ物を作っていたら なにやら気分が悪くなり・・・でも、これって結構あることなんですよ、私には。揚げ物作って、油に当たって(?)食べられないって。
なので、食べずにお風呂に入ってお布団へ。
数日前から少々便秘気味ではあったので、それで気持ち悪さに拍車がかかったのかな?なんて考えていました。

寝て起きれば、きっと大丈夫~と思っていたのに、時間経過とともに吐き気も出てきて、ただ夕飯食べていないので出てくるのは胃液のようなものばかり。洗面器抱えて一晩過ごし、次の日に緩和でお世話になっているT病院へ電話。
「入院の用意をしていらしてください」と指示されて、朝からドタバタ。
この時点では、ただのフン詰まりで、浣腸とかでなんとかなるだろうと思っていたのです。

旦那さんと一緒に緊急外来に行って、待っている間に、なんだかどんどん辛くなる。吐き気はおさまっているんだけどね。

やっと主治医登場。で、状態を見て「CT撮ろう。」
え~、明日センターなんですよ。浣腸いっぱ~つ!とかで、どうにかなりませんか?
「う~ん、浣腸もね、外来でするとなると、結構大変なのよ。とりあえずCT撮ろう」ってことで撮影。

呼ばれて診察室へ行くと「そんなに簡単に帰れる状況じゃないことがはっきりしました」だって。
もしかして・・・・とうすうす感じていたので「腸閉そくですか?」と聞くと「そう」とのこと。
どうやら胃から腸にはいる部分あたりに、外部から圧迫を受けて詰まってるのではないか。
で、その外部の圧迫というのが腫瘍本体か、それに伴うリンパ節が腫れて・・・という可能性が高いそう。

どうりで胃のあたりがポンプクリン。パンパンです。そこで詰まってるから下に行かなくてうんげぇ~ってなってたわけね。

で、腸閉そくの対処法としては鼻からチューブを入れてたまっている内容物を排泄させる、これが多分一般的。
でも、話を聞くだに辛そう(--;)
いや、治療なんだからね、辛いとか、辛くないとか、えり好みできる状況じゃないわけで・・・と思っていたら、先生から「あと、ステロイドを投与して腫れが引くのを待つってのもありかも。」と。
ただ、これは腫れが引いてくれるかどうかは賭けだし、症状が治療に間に合わなければ途中でチューブ方式に変更もありうると。

賭けましたとも。んで、なんとか噂のイレウス管のお世話にならずに済みました!
腫れが引いていくとともに腹部のパンパン感も緩和され「ああ、落ち着いてきた~」ってよくわかりました。

で、退院できるかと思ったら そう甘くはなかった。
食事のリハビリしつつ、再発しないかどうか見なきゃいけないそうで・・・

そんな訳で、またしても「センター試験の日何の役にも立たない母親」をしていたharusameでした。
そして、その後も想定外に入院は長引き・・・続きはまたあとで。
スポンサーサイト

入院していました(^^;)A

水曜日(22日)の夕刻から、背中の痛みが徐々に悪化。

「温めれば、なんとかなるか?」と、早々に夕飯をすませてお風呂に入ってみたものの、髪を洗うのもおっくうな感じ。

本当に「温まっただけ」で出て、布団へ直行。

「眠れればなんとかなるか?」と、思ったけど、これまた痛みが治まらず厳しい(--;)



う~う~言いながら、時計を見る。

すでに診療所は終了している時間だな。

ここは・・・・どうすべきか?様子を見て明日の朝・・・いや、無理っぽ。

では「困ったな~ってなったら、いつでもきてくださいね」って言ってくれた、緩和のT病院っしょ!!

空振りになるのは嫌だったんで、とりあえず電話をしてみる。

「そちらで緩和でお世話になっているものですが(嘘つき)実は痛みがあって、今から受診できますか?」

緩和の先生は当直されていませんが、診察はできますから、いらしてください。

「何を持っていけばいいですか?」

診察券と、もしかしたら入院になるかもしれないので、用意できるなら入院の用意をお持ちください。

ってことで、荷物を作り、タクシーにて病院へ。

診察に当たってくれたのは内科の先生でしたが、T病院の主治医であるK先生に電話で連絡をとってくれて、指示を出してくれました。

私としては、10月当初に診療所でランマークを投与したら、痛みがかなり軽減されたんで、もしそれが使えるなら使ってほしいっていうのがあったのでその旨を話してみる。

「ランマークは最低でも4週間あけて使う薬なんで前回投与からの期間がまだ開いていないから無理みたいです。」

とりあえず、痛み止めの処方を出して、自宅で様子を見てもらう形にしてもいいし、入院してもいい。と言ってもらえたので

「じゃ~、入院お願いします」となりました。

自分的に「これは自宅でどうにかなる感じじゃない」と感じたのかもしれませんね。

簡単にその後の経過を。

22日の夜からオキノームの投与が始まりましたが、痛みがほとんど取れず朝までズクズクって感じでした。

あまりの改善のなさに、ステロイドとモルヒネ投与。

ステロイドは痛みの原因になっている部分の炎症を抑えるってことで。

これと、それ以前に投与された諸々が効いてきたのが23日の朝から。

おかげで23日の午前中はひたすら眠りこけておりました。(グーグー)

その後は、点滴で痛み止め、ステロイド、モルヒネ(咳止め兼ねて)を投与してもらい、痛みレベルも10段階で0に。

24日の夜までその状態が続いて、夜から少しずつ点滴から経口薬へ変更できるものを少しずつ変更し様子見。

なんとかなりそうなので、25日午前に退院の運びとなりました。

いや~、22,23日以外は痛みもなく「骨休め入院」になった感じかも(^^;)

でもまぁ、緩和の先生と話をして、この痛みの発作(?)をどう捉えるか。

一時的な発作なのか。それとも一段階、何かが進んだものとして考えるべきか。

甘い予測をしてもしょうがないので、ここはひとつ進んだと考えていきましょう。ということで、今後は診療所の治療と、緩和での体調管理を二本立てでやっていくことにしました。

退院時処方でオプソが処方されました。ほほ~、こいつが・・・って感じです。(どんな感じや?)


ハンドメイドイベントは明日。・・・これは売り子は無理そうだと連絡し、お客さんとして行けるようなら顔を出してみたいと思っています。

残念だけど、最悪「ベッドの中で悶絶」していた可能性もあるんだから、欲を言ってはいけませんね。

とりあえず、現況報告でした~!

本日も外来なり

とはいっても、別の病院。

緩和ケアのほうの病院の外来日でした。

いったい何をするのだ?わからん・・・と思いつつ行ったのですが、やはり特に何もすることはなかった(笑)

とりあえず診療所でこんな治療を受けてますって報告と、現状の報告。以上!

「何かほしい薬とかあります?」と聞いてくれたけど、必要なものは昨日の外来で処方してもらったし、無問題。

お会計もバス代よりもお安く終了。

次回は半年後に設定・・・どんな患者だ!?

しかし、やさしい先生は「困った!ってときには何時でも電話くださいね」と笑顔で言ってくれました。

ありがたや~~~

訪問審査

はい、訪問審査、先ほど終了しました!ホットな情報です(笑)

とは言ったものの、特筆するほどの質問事項はありませんでした。

所要時間15分程度。

主だった質問は、現在の生活の状態の聞き取り。

例えば、買い物や調理はどうしているか。入浴は一人でできるか。どのくらいの頻度で外出が出来ているか。
あとは、介護保険の主体がご老人なので、目や耳はきちんと見えるか、聞こえるか。金銭の管理はできているか等もありましたね。

で、この聞き取り調査書と主治医の意見書を元に審査して介護保険認定になるかどうか審査するそうです。

ただ、現状に応じた状態での認定になるので、この後状態が悪くなり、必要なサービスが現在の認定で発行された保険だけでは賄いきれない状態になる事もあり、その場合はケアマネさんと相談して、再度申請をする形になるでしょうとのこと。

とりあえず、一度審査に通っていれば、そのあとの申請は多少時間がかからずに済むとかあるのかな?聞けばよかった。
一応小冊子には「申請後、結果が通知されるまでの間でも「暫定ケアプラン」を作成して届け出ることで介護サービスが利用できます」とは書いてあるけど、再審査や更新の場合の優遇措置(?)には触れていないから、わからんな~。

ま、自分のできる範囲のことはとりあえずやったから、あとは結果を待つばかり。


介護保険を申請してきた


ガンになってから結構時間がたっているけれど、介護保険のことに関して話をしてくれたのはここ最近、緩和ケアの話を持ち出してから。

N大病院では「がん相談支援センター」という部署があって、そこに相談に行ったときに初めて介護保険の話題が出た。

もうご存知の方も多いと思うけれど、介護保険は65歳以上の「要介護認定」を受けた方がサービスを受けられる。
そのほか、40歳以上で特定疾病が原因で「要介護認定」を受けた場合サービスを利用できる制度だ。

しかし、現在普通の家庭内での生活には支障がない状態な私。

これで介護保険の認定が通るのか?

私の住む地区では、某特老施設が申請窓口になっており、自分で申請しに来た私のようなケースは初めてらしく、ちょっと戸惑っておられた様子。

申請を受けると、区から職員の方が訪問調査に来たり、主治医に意見書を出してもらったりして「認定に足る」と判断されれれば「認定」となり、その後介護の度合いに応じて、ケアプランを作ってもらい・・・という形式。

「2,3週間の間に、訪問調査のご連絡がいくと思います」と申請を受け付けてくれた施設の方は言っていたけど、今日の今日!電話着ました(笑)
で、明日訪問。
いったい何が聞かれるのやら?わからないけど、終わったら報告しますね。(いらんと言わんといて~)

一応小冊子をいただいてきたのだけれど、基本ご老人のケースが多いので、少数派の特定疾病の申請についてはあまり記載がないので、うむむ・・・という感じ。

在宅での緩和を考えている私にとって必要になるのは、訪問介護などの在宅サービスなのかなぁ。。。

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。