08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腎臓はね。

昨日は腎臓内科の予約が入っていたので、午後に病院へ。

診察の前に検査が入っていたので、ちょっと早めに到着したんだけど、検査室に行くまでの手順も外科と違っていて、結構戸惑う(><;)

検査室に行くと「外科もオーダー入っているんで、そちらにも受付していただけますか?」と。

すごろくで「3コマ戻る」みたいな気分?まぁ、いいんだけど。

外科の受付票も貰って、再度検査室へ。午後の検査室は空いています~♪

スイスイ採血を済ませ、採尿カップを手渡されてトイレへ行って、提出。

きっと今日も診察まで待つんだろうな~と、毛糸持参♪

「2時10分の予約なんで、2時近くになったら6番診察室の近くでお待ちください」と言われたので、時間になるまでアミアミ。

今回は、それほど待たずに診察になりましたが、6番診察室前に行くと「本日F先生休診の為、I先生の診察になります。」と。

あれ~!?前回のO先生曰く「詳しいF先生の外来に来て下さい」だったんだよな~。

でも、文句を言う訳にもいかないし、出直すのもイヤ。

呼ばれて診察室に入ると、童顔の優しそうな先生が。

問診から始まり、今までのデータを時事系列で並べて見せてくれて、私には呪文のような数値の話をして下さり、結論まで辿りつく過程をしっかりとお話して下さいました。

結論。タンパク尿以外問題はない。で、原因としては薬の後遺症か、癌が原因と思われる。なので、癌治療を進める事がタンパク尿の原因を改善させるのでは、と思われる。

原因をはっきりさせるには穿刺検査で腎臓の細胞を検査するしかないらしいんだけど、リスクとメリットを考えると、メリットはほとんどない(笑)
なので、検査はしない。とのこと。

癌の治療を進めて、タンパク尿が改善されてくれば、原因はそれだったと判明(?)すると思う。と。

説明を終えた後の四方山話でアバスチンの話が出て、薬の後遺症だとするならば出方が遅いような気がする。(もし出るならもっと早く症状が出たんじゃないか)そして、もしその薬を使う事で癌が良くなるのであれば、腎臓が例え壊れても使うのもアリなのではないか。その場合、透析という手段でQOLを上げる事は出来る等々。

なかなか有意義な外来でした。

これはもちろんセカンドオピニオンではないけれど、外科の目で見ての治療法選択と、また別の見方があるのだな・・・と、勉強になりました。

I先生、F先生の代打でしたけど、とっても良い先生でした♪
スポンサーサイト

初外来・・・嬉しくないぞ。

昨日は2011年、初外来。
11日にCTの予約が入っているので、その前に「腎臓内科」なる科へ受診せよ、との主治医様からのご命令。
5日から外来が始まると言う事なので「初日はそんなに混んでないんじゃない?」などと甘い目論見で出発。
もちろん、これ、大間違い。

病院はいつも満員御礼である。(嬉しくない)

腎臓内科は初めての受診なので、初診受付から始めてカルテを作ってもらわなければならないらしい。

カルテを作ってもらうまでに軽く90分待ち。

で、内科の受付を済ませてから1時間ほど待って「問診」へ。

受診までの経緯を話して、必要な検査をピックアップしてもらうのですが、問診をしてくれた方が「う~ん、採血のデータが欲しいけど…嫌ですよね?」と、なんだか遠慮してくれている。

まぁ、採血好きじゃないけど11日のCTまでに検査結果が欲しいという話だったんで、仕方ないですよ。と、反対に説得(?)して、採血センターへ。

ここはそれ程混んでいなくて、すいすいと採血を済ませ、採尿カップを渡されて、トイレを済ませて終了。

多分、採血の結果が出るまで1時間はかかるよな~と勝手に決めて、ならばこの前入院した時に病院から借りた浴衣を先に返却しようと思って、いつもの外科外来へ。

「これこれ、こういう訳でお借りした浴衣をお返ししたいのですが、病棟へ持っていけばいいですか?」と受付嬢に尋ねると「確認します」とのこと。

しばし待つと、外科の看護師さんが出てきてくれたので、もう一度事情説明。

「ちょっと調べてきますね」と、またしても看護師さん退場。

どうやら病棟では「貸していない」との返事だったようで…結果から言えば「緊急外来」で貸出してもらったようで、看護師さんにお渡しして返却しておいて貰う事になったのですが…外からは同じように見える「浴衣」でも、病院では「備品」。だからきちんと借りた所に返さなきゃ…なんですね。

思ったよりも手間取ったんで、急ぎ足で内科の受付に戻り、声をかけてまた待機。

思わず寝ちゃいました(笑)呼ばれたのは、やはり1時間後…くらい。

先程の問診の人とは違う先生でした。

質問をされ、返答をし…を数回繰り返し、その後はPCになにやら打ち込み…なんというか、間が持たない。

外科の先生たちとは、何と言うか雰囲気が違うと言うか、あまりとぼけた事を言うと怒られそうなんで黙ってました。

結局「もっと検査しないと分からない」という事らしく、エコーと畜尿を指示されて、エコーは予約、畜尿は家でできるように用具を貰って、と。また採血センターへ出戻りです。

センターに行くと、受付の方が「また?」という顔をしていました。
「あの、畜尿のセットを貰ってから会計と言われて…」と説明すると、納得されたようです。

で、診察券を読み込ませると「採血の指示が入っているんだけど・・・?」と「聞いてないです!」と即答する私に「そうだよね、さっき採血したもんね。確認しますのでおかけになってお待ちください」と、電話してくれました。

電話を終えると、気の毒そうな顔で「やっぱり採血して下さいって・・・」どひゃ~~!

採血するならするって、言っとけよ!先生!!

ここで怒ってもしょうがないので、大人しく待って、二度目の採血。

右は血管が出にくいので、いつも左で採血してもらっている私。

二度目も左を出したら、採血の人に「あらら・・・傷だらけにされちゃって、可哀想にね」と、同情されましたわ。

まぁ、そんなこんなで畜尿ボトル(笑)を貰って、会計を済ませて病院を出るまで4時間近く。

これが早かったのか、遅かったのかは「?」ですが、初めての科の受診は想像以上に疲れました。

化学療法とそれに伴う通院の他に、腎臓内科でもしばらく通院が必要になるみたい(--;)

どんな結果が出るのか分からないけれど、これ以上病院在宅率(?)をあげたくないんだけどな~。

とりあえず、やらなきゃならんこと、やるっきゃないかっ!(意味不明)

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。