08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MRIです。

昨日は久しぶりの病院、久しぶりのMRIでした。

お天気は曇り。悩んだけど、病院近くの商店街に買い物にも行きたい!と思い、自転車でGO!

まずはお買い物から(笑)

でも、目的としていた手芸店というのが、その商店街には見当たらない(--;)

ネット情報で見たお店も、(火曜定休という情報もあったが、お店の場所だけでも確認したかった)入口のあたりに「この先侵入禁止」なんて立て札のようなものが置いてある。
これって・・・営業しているって思うのは、無理があるよね~。

仕方ないので、娘のスニーカーを物色しつつ、病院方面へ戻りました。

途中で美味しそうなパン屋さんを発見したので、いろいろ購入♪

検査前は3時間前から食事禁止なのでお腹が減るんだよね~。なので、ついつい一杯買っちゃいます。

そのお店以外にも商店街には美味しそうな匂いが・・・どわぁ~~!!魔窟だわっ!

匂いに負けてフラフラとお店に入ってしまいそうな誘惑を振り切って、少々早いけど病院に到着。

看護師さんが検査室まで連れて行ってくれました~。一人で行けますよね~?って時もあるけど・・・午後の検査で人手が余っていたのかな??

MRI検査は久しぶりです。

主治医、レントゲンやCTの方が好きなんか?分からないけど・・・

身につけている金属類はみんな脱いで、検査着に着替え、造影剤のためのルートを確保し、いざ!

前回もそうだったけど、ルート確保のための注射(でいいのか?)をしに来た先生、めっちゃ若い。

技師さんは優しそうな男性。

メガネをはずし、横になってからルートを造影剤の薬剤に付け替えたりしながら、検査の注意点など話してくれる。

技師「息止めの合図がありますから、それに従って下さいね~。でも、レントゲンみたいに思い切り吸わなくてもいいですから。何度も撮影するので、できるだけ毎回同じような感じで息止めしてみてくださいね。」

harusame「はい。」

技師「そうすると、H先生の見やすい画像が撮れますからね。あれ、H先生だよね?色の黒い。」

harusame「そうです、色の黒い(笑)。あの、こんな事を聞くのはヘンかもしれませんが、H先生って地黒なんですか?」

技師「あ~、あれねぇ。あれは焼いてるんじゃな?あそこまで焼かなくても…ねぇ。黒光りしてる(笑)」


な~んて、おバカな話をしながら準備完了。

技師「MRIは久しぶりですか?」

harusame「はい。」

技師「半年ぶり位?年単位で前?」

harusame「良く覚えていないけれど、多分、月単位だと・・・」

技師「そっか~。じゃ~ヘッドホンね。あんまり意味無いけど。声聞こえるもんね、これでも」

harusame「聞こえま~す」

そんな感じでリラックスして検査を受けてきました。

帰宅後、買ってきたパンを昼食として食べつつ、旦那さんとこんな風だったんだよ~とお喋り。

旦さん「でも、なんでMRIなの?」

harusame「だって、ここのところしつこくCT何度も撮ったけど、原因分からなかったし、だったらMRI行ってみようかと」

旦さん「CTの方が精度が高いんじゃない?」

harusame「う~ん、どうなんだろう?MRIの方が時間は長くかかるけど、精度の差はそんなにないんじゃないかな」

で、気になったので調べてみました。CTとMRIとの比較

この感じだと、特に精度の差はなさそうに感じます。

検査時間が長くかかる事と、被爆する事のどちらにデメリットを感じるか。って感じでしょうか。

とりあえず検査は無事終了。1週間後にどんな結果が出ます事やら。
スポンサーサイト

明日は病院

明日は久しぶりに病院です。

前回の検査から1ヶ月半位?こんなに長い間病院に行かないって、すごい久しぶりだ。

今回はMRI。一体どんな結果が出る事やら?

これでまた画像からは「再発していない」という判断だった場合、もう「再発していない」って思っていいのかな?

血液検査(マーカー)は「もう取らなくていいよ」と、うっちゃられたし・・・

まぁ、それも画像で何かが見えちゃったら、関係なくなってしまうのだけれど。

悩んでも仕方が無い、緊張しても仕方が無い。

そう思うし、頭では分かっているんだけど、身体は正直。

嫌なんだね~と、自分自身の身体に言ってあげてみる。

「うん、嫌なの」と身体が返してくるのが分かる。

でも、いかなきゃね。いってきます。

CTの結果

先週、CTを撮ってきまして、本日その結果を聞きに行ってきました。

月初めにマーカーは取っちゃったんで、本日は本当に結果聞きのみ。

なので、1時間もまたずに診察室へ呼ばれました。

で、結果。

今回は骨盤部位まで含めて撮影したけど、再発と見られるものは、とりあえず無し。

一箇所、肝臓に「ここがそうじゃないの?」という部分があるそうだけど、そこは前の手術の痕のように思えるとのこと。

もし、そこが再発部位だった場合、肝臓の残っている血管1本の根元に当たる部分なため、手術は難しいであろうとのこと。(つまり化学療法のみ)

あとは、そこが「痕」であって、腹膜に転移しているのであれば、やはり化学療法でしょう、とのこと。

その場合、今治療を始めても、ブツが見えてから始めても、生存期間はあまり変わらないでしょうとのこと。


そんな訳で、またしても「わかんないから、経過観察」にしました。

1ヵ月半後に、再検査して、肝臓の怪しい部分が大きくなるか、ほかの部分にブツが見えてくるか、もしくは、また何も見えないか・・・その時になってみないとわかりません。

次の検査は「MRI」にしてもらいました。

今までしつこくCTで見てきても見つからないから、せめて方法を変えてみましょう~ってね。

宙ぶらりんだけど、まぁ、気楽に一ヵ月半すごしたいと思います。

上がってるのね・・・

本日は外来なり。

検査は血液検査だけ。

採血を済ませ、診察を待つ間、何も持ってこなかったんでコンビニで小説をゲット。

その本が佳境に入った頃、呼ばれました。

が、なぜかマーカーの話にならない。

この前の検査をおさらいしているような話。

「で、マーカーはどうだったんでしょう?」

「ん~~~~、っと、まだ出てないや。」

ということで、もう一度待合室に出戻り(--;)

またしばらくして、呼ばれて診察室へ。

「再び、お邪魔します。」

「うん、う~んと、マーカーね。あ、下がってる?」

「えっ!?本当ですか!」

「う・・・んと、あ~~~、上がってるわ。」(どっかん)


まさにぬかよろこびさせられたって感じです。

CEAが27から31.7に上昇。

で、どうする??

この前も話をした、いくつかの可能性に、今回は「腹膜」と「卵巣」の可能性も話に出てきた。

直腸原発の癌で、たまに卵巣に飛ぶ事があるんだそうだ。

「腹膜の場合、CTとかに写らない事が多いんだよね」

「それじゃ~、開いてみるまで分からないってことですよね」

「開いて見てもharusameさんのお腹の中じゃ見えないよ~。癒着しちゃってるから・・・」

そうなんだ。

確かに想像してみると、見えないかもしれないと思えたりする。

そんな訳で、未だ原因不明でマーカーのみ上昇という我が身。

方法は二つ。

抗がん剤か、見守るか。






この時、旦那さんが一緒に来ていたら「抗がん剤で・・・」と話を進めることになったかもしれない。

でも、現況は「抗がん剤が嫌いな」私のみ。


「じゃ~、見守ってみましょうか。」

とりあえず、2週間後に卵巣を含めてCTを撮って、それでもまだ原因が見えない場合、抗がん剤を考える。と。

もしかしたら答えを先延ばししているだけなのかもしれないけれど、もし、まだ見えない状態の癌が、切除可能な場所にあるのだとしたら・・・

できれば、手術で根治を目指したい。これが本音。

本当の本音は・・・やっぱり抗がん剤が嫌いだよ。なんでしょうけどね(^^;)

外来に行ってきた

先月末の大腸内視鏡検査の結果を聞きに、病院に行ってきました。

9時半予約だったんだけど、9時ころに病院到着。

今日はどれくらい待つのかな~?と思いつつ、小説を開いて、ものの15分で呼ばれました(^^;)

H先生「う~ん、この前の検査結果ねぇ」

harusame「はい」

H「とりあえず、何も出なかったよ」

h「ほほ~。では、どうしましょう?様子見?腫瘍マーカーやってみますか?」

H「マーカーは、やってみてもどこに出てるか分からなけりゃ一緒でしょ?」

h「ふ~む。そうですか」

H「で、先月腹部のCT撮ったでしょ?その前は肝臓撮ったし…あと考えられるのは、肺かなぁ」

h「肺…ですか」

ということで、本日は肺のCT撮ってきました。

造影剤なしだったんで、急遽撮影決定した割にはサクサクと終了。ありがたや~。

すぐ現像してもらって、また外来で待つ…これはさすがに15分とはいきませんでしたね。

しばし待った後で、再び外来で呼ばれて診察室へ

H「う~ん…見えないねぇ」

後で読影の先生に見てもらうけど、H先生的には見えない。と。

どうしましょうか?と尋ねる私に「harusameさん、抗がん剤嫌いでしょ?だったら様子見かな」と。

思わず「抗がん剤好きな人なんて、いないでしょ!?」と返すと「いる、いる。」と返事。

本当かいな??

そんなこんなで、1ヶ月後に再びCTとマーカーで見てみましょ。という事になりました。

白じゃないけど、黒でもない・・・執行猶予付き、保釈。という感じ?

プロフィール

harusame

Author:harusame
都内在住。二人の子供を持つ専業主婦です。
32歳の時に子宮頸がん0期で手術。
そして38歳では大腸がん肝転移でしたが手術で摘出。
半年後に肝臓に再発、手術!
そして09年には肝臓とリンパ節にも転移か!?
化学療法で手術可まで持ち込んで、3回目、4回目の肝臓手術。
只今、またしても!の再発(肝臓)と交戦中!!

ご訪問ありがとうございます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。